ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

小鳥記録ハウスフィンチ、カウバード 2015年初夏

a0190056_727736.jpg
爽やかな小鳥のさえずりを部屋の中にいても耳にするこの季節は気持ちのよいものです。先々週の真夏日にうってかわって、強すぎない日差しと心地よい春日が続いた先週。
a0190056_7274643.jpg
今年は例年と違う野鳥を食卓の窓辺でみかけます。例年、寝室の窓からみていたハウスフィンチは寝室側の松が切り倒された事も起因してか、食卓側で見かけるようになりました。メスは家スズメに似た衣をまとっていますが、オスは頭部が赤羽で覆われ大変美しい声音をもっています。歌声の美しさはカーディナル同様。日本Wikipediaによると日本名はメキシコマシコというようで、英語名とイメージが違って不思議。
a0190056_7292433.jpg
昨年あたりから、森や野原でその数が増大している印象をうけたBrown headed cowbirdブラウンへッドカウバードはパラサイトの野鳥で、ウォーブラーや他の小型中型アメリカ産野鳥の巣に卵を生みつけ、他の親鳥に子育てを強いる野鳥です。
a0190056_730821.jpg
オスは黒色で頭部のみが茶色、メスはすずめを大きくしたような羽模様を纏っていますが、この野鳥が増加すると、他の小型中型アメリカ産野鳥の雛孵化率が激減する問題要因となっています。特にィエローウォーブラーの被害は大きいとの事。ロビンの母鳥はカウバードの卵を巣にみつけると巣から蹴落とす習性があると聞きました。

声はすれども姿はみえずの、南鳥ボルティモアオレオの歌声を聞ききながら、初夏の始まりを感じた週末夕暮れ時。
[PR]
by Upstate11 | 2015-05-17 18:40 |
<< お土産 NY産ではないけれどM... 朝食Blue Bottle C... >>