ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

カテゴリ:時々よそへ(NY CITY)( 36 )

愛らしいジェラートっていったらここですよね?Amorinoアモリーノ

冬は少々寒いのですが、北米の冬はかなりの乾燥度。室内の乾燥のみならず、屋外もかなりの寒さと乾燥するニューヨーク州で、空気は日本より潤い度が低い気がします。夏は湿度が低くて楽なのですが、日本からの友人にマンハッタンは暑いけど湿度が低くて楽でしょう?というと仕事で東京に行ったけれど、マンハッタンの方が暑くて湿度も高いと、こちらに来た時は思ったようです。が、札幌比較してマンハッタンの夏は地獄……

マンハッタンのみならずアップステートも三十度以上になる日も珍しくない為、夏暑く、冬寒いというありがたくない状況。でも暑い夏は冬に比較して短く、湿度がない事が救いです。
a0190056_10461633.jpg
ジェラート屋さんは色々ありますが、味というよりこの愛らしいさに高得点なお店はこちら。美味しいのですが、値段と味を考えるとイータリのジェラートが好みですが、やはりこの花の形は魅力的。友人に色違いの組み合わせお薦めしたのですが、シンプルイズベストな友で真っ白037.gif

テーブルが3席程あると?思うのですが、朝早くは混雑なしですが、お昼から夕方、特に夏場の週末はいつも列を見ます。この日は週末でも混雑していないほうかと思います。
a0190056_1046415.jpg
一番最初訪問した時、可愛らしい花にしたくて迷ってしまい、混雑していない日だった為、ウンターの方に質問すると大変不機嫌で……その後数度訪問した際は大変感じの良い方がカウンターだったのですが、参考までに金額と種類の写真を載せて見ました。
a0190056_104786.jpg
金額は変更あると思いますあしからず。コーンにするかカップにするか選択してサイズと好みの味を告げると上手な人に当たると美しい花のジェラートが出来上がります。ジェラートの種類を多くする方が色味的に綺麗ですが、味的な相性はどうなのかしら…個人的に微妙なところです←少々意味不明?かしら
a0190056_10472896.jpg
ヨーロッパの各種の店舗がある日本な為、Amorinoも既に日本進出していると思ったのですが、未だのようで、とりあえず札幌にはない為、観光で札幌からこちらにいらした方は機会があれば愛らしい花のジェラートも楽しいかと思います
a0190056_10475269.jpg

a0190056_10481892.jpg

Amorino数店舗マンハッタンの何処かにあるはず
60 University Place, New York
[PR]
by Upstate11 | 2016-12-29 23:30 | 時々よそへ(NY CITY)

Temple court から"The Beekman Hotel "へ

Lower Manhattanは英国植民地以前、オランダ植民地時代から開けた場所柄もあり、マンハッタンの中で歴史的な面影を一番残しているといっても過言ではない地域だと思います。

ニューヨークシティのLandmark、Temple Courtと呼ばれてきた元オーナーでアイリッシュ移民Eugene Kelly (ユージンケリー)の建築物が美しいホテルに生まれ変わると耳にして数年。2016年、長い歴史を担った美しい建築物が美しいホテルとして開店しました。
a0190056_958966.jpg
2010 年だったと思いますが、この建築物についての歴史的な詳細がニューヨークタイムズにあったと思うので興味のある方は検索を
a0190056_9595113.jpg

a0190056_1001345.jpg
ソーホーで有名なバルサザールのオーナーKeith McNallyの店舗との事↓こちらのオーナー店舗は内装がヨーロッパ風。ソーホーのバルサザール、ヴィレッジのミネッタタヴァーンは観光客にも人気があるレストランと憶測します。
a0190056_1005229.jpg
a0190056_1011299.jpg

a0190056_102225.jpg

a0190056_103323.jpg

a0190056_1033058.jpg

a0190056_104273.jpg

a0190056_105487.jpg
歴史を感じる重厚さを兼ね備えた豪華さ。
a0190056_13425551.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-12-26 22:20 | 時々よそへ(NY CITY)

Afternoon tea サラベス Upper East

a0190056_65527100.jpg
最後の訪問は十数年前と記憶していますが、NYの代名詞的な印象もあったお店だった為、観光訪問の友人要望で訪問した記憶があります。久しくご無沙汰でしたが、ある週末、用事で近所まで行った事とアフタヌーンティーをポット紅茶も含めて20ドルちょっとでいただけるとの事で、一休みに立ち寄ってみました。
a0190056_7402482.jpg
店内はブランチ終了後、混雑もなくすぐ席につけると思いきや、ちょっと待ちました。待つのは仕方がないのですが、案内係の方が不機嫌な印象。でもパリッとした白いテーブルクロスのあるテーブルに着くと、お水はすぐに運ばれてアフタヌーンティーを注文。
a0190056_7452869.jpg
席の待ち時間に比較してアフタヌーンティーのトレイはすぐに運ばれたのですが、肝心のティーポットがなかなかこなくって・・・始めは用意に手間取っているのかしらと思ったのですが、完全に忘れていたようです。人出が足りないようだったしここはアメリカNYと言い聞かせて、サンドイッチとスコーンを。サンドイッチのパンが少々乾燥気味でしたが、予想より美味しかったです。
a0190056_845926.jpg
スコーンも予想より美味しかったのですが、ジャムの盛り付けが雑でびっくり。お茶はティーバッグでHarney and Sonsでした。
a0190056_8102583.jpg
写真はホームページより↑
一番残念だったのは、ポットのお茶が別料金で請求されていたため、請求に間違いがあることを問い合わせなければいけなかった事。混雑時の間違いならば理解できるのですが、サービスのずさんさが目についてしまった訪問となりました。料金的にはお買い得感があったアフタヌーンティーだった為余計に残念ですが、ホームページを見ると現在は写真はあってもメニュー内容にアフタヌーンティーがないようなので、現在はやっていないかもしれません。

イギリスでいただいてきたアフタヌーンティーに比較して、気のせいかこちらでは金額、サービスと内容が一致しない事が多い印象が強いのですが、フィラデルフィアのアフタヌーンティーは味、サービスともに大変良い思い出となり、良心的な金額のジョージタウンもきちんとしたサービスを提供してくれたので、NYももうちょっと頑張って欲しいなーと思ってしまいました。
[PR]
by Upstate11 | 2015-08-27 19:53 | 時々よそへ(NY CITY)

メトロポリタン美術館案内 ハイライトその1

a0190056_0183948.jpg
美術鑑賞が好きな方にとってマンハッタン訪問で見逃せない場所の1つはメトロポリタン美術館かと憶測。とにかく広い美術館で展示物も多岐に渡っているため、もし訪問されるならば、美術鑑賞が好きでも嫌いでもある程度下準備をして行った方がより楽しめると。

観光の場合は他訪問予定色々で、なかなか美術鑑賞の為だけの予定を作る訳にいかないと思いますが、便利な時代でメトロポリタン美術館(アメリカの美術館全体的に思うことですが)はホームページが充実している為、好きな絵画のある展示場所等は確認しておく方が見逃したり、館内で無駄な時間を費やす事がないかと。

自分の記録も含め徐々にメトロポリタン美術館案内記録を残していければと思っています。

日本訪問も果たしたエジプトなどの展示はこちら
a0190056_0213110.jpg
Gallery 131 - The Temple of Dendurは展示場の雰囲気がよい為、エジプト文明に興味があってもなくても見て損はないと↓
a0190056_0222083.jpg
The Medieval Hall (Gallery 305)↓
a0190056_2223675.jpg
European sculpture Gallery 548
a0190056_0233368.jpg
a0190056_0235896.jpg
the Castle of Vãlez Blanco, Spain (Gallery 534/535)
a0190056_0242436.jpg
楽器の展示も有名ですねこちらに
a0190056_0294938.jpg
Gallery 528 - French Decorative Artsも素敵です。↓
a0190056_0301058.jpg
Arms and Armorこちらも有名↓
a0190056_0254637.jpg
言うまでもなくFrank Lloyd Wright (Gallery 745) ↓
a0190056_0261937.jpg
アメリカンウィングは見どころ一杯ですが忘れがちなview of the Versailles Palace をあえて (Gallery 735).↓
a0190056_0271149.jpg
こちらアメリカ装飾なども興味深くGallery752
a0190056_0275076.jpg
こちらも有名なAstor Court, Gallery 217
a0190056_0281692.jpg
多岐に渡っての展示があある為、bo peepの部門的展示ハイライトですが、絵画にしても文化にしても自分の興味がある部分を重点として効率良くまわる事がより楽しめる秘訣かと。

こちらは比較的興味の対象を絞る際、利用価値あり。
[PR]
by Upstate11 | 2015-08-09 16:00 | 時々よそへ(NY CITY) | Comments(0)

NYの日本店 Takahachi Bakery

a0190056_8372492.jpg
NYシティ近郊で生活している日本の方にはお馴染みのTakahachi Bakery。この周辺を訪問する事が少なくシティー生活ではない為、こちらの美味しいパンをいただける機会が少ないのですが、マカロンを初めていただきました。
a0190056_8425280.jpg
日本のベーカリーはケーキなどの甘さも丁度よく、パンも美味しい為、マカロンの存在を忘れがちな自分。

桜マカロンに惹かれ食してみました。さすが日本のお店、美しく完璧な容姿のマカロン。軽い食感で、美味しいのですが、クリームの主張が少々弱く、甘みは強いのですが、各種の風味が若干弱めな為、マカロンとしては物足りない感じがしました。
a0190056_8522073.jpg
美味しいサンドイッチもいただいて満足。セルフサービスで席数は多くないのですが店内でいただけるスペースもあり。やはり日本のパンは美味しいと再確認した日でもありました。

Takahachi Bakery
25 Murray St
New York, NY 10007
[PR]
by Upstate11 | 2015-08-07 11:15 | 時々よそへ(NY CITY)

マンハッタン Macaron Cafe 移転

a0190056_0435789.jpg
日本より遅れをとっていたマカロンもすっかりNYシティに定着し、NY州内でも地元のマカロン店がぼちぼち増えつつある昨今。

立地的に便利な事、ラベンダーの不思議な味や濃厚な抹茶味があることで使用頻度の高いマカロンキャフェも気づくとマンハッタン内に4店舗。
a0190056_0442034.jpg
先月は以前紹介したこちらの店舗、161 West 36th street (between 7th Avenue and Broadway)が同じ通りなのですが喫茶室を拡大して、よりブロードウェイ側に近い店舗となりました。
a0190056_282915.jpg
↑はマカロンキャフェフェースブックより
新住所
152 West 36th Street between Broadway and 7th Ave.
New York, NY 10018
a0190056_045720.jpg
上の写真は750 Third Avenue 店舗で立地的にも便利。そして625 Madison Avenue店舗もCrate ans Barrelや本屋Argocyに近く自分にとって大変便利な為、利用頻度が増えます。
a0190056_0453162.jpg
ラベンダーティー等、ラベンダーが好きな事もあってか、この味が好き。化粧品臭く苦手かという予想を裏切って自分の定番です。
a0190056_04601.jpg
マカロンキャフェの店舗詳細はホームページこちらに。
[PR]
by Upstate11 | 2015-07-08 15:00 | 時々よそへ(NY CITY)

DolfinチョコレートをHaney and sons とThe Meadow(ウエストヴィレッジNY)

a0190056_0563325.jpg
Dolfinチョコレートとの出会いはHaney and Sons(NYの紅茶ハーニー&サンズ)のMillerton(ミラルトン)店でした。紅茶購入の際、レジ横に並んでいたチョコレートのパッケージがお洒落で、日本の友人土産にと思い、味見用と贈答用にと購入。
a0190056_145623.jpg
このチョコレートはミニサイズだった為、好みか否かの試食としてはもってこい。普段使いには少々割高なチョコレートですが、お土産や贈答用としてまだ日本に店舗がないようなので、アメリカ在住者としては便利なチョコレート。
a0190056_153112.jpg
後日、時々訪問するCaféでこちらの大きなチョコレートバーを発見。ラベンダーチョコレートはめずらしいので、Haney and SonsのラベンダーTeaと一緒にお茶時間を持って試食してみました。
a0190056_165384.jpg
甘すぎず、ほんのりラベンダーの香り。味的にはローズ(ミラルトンで購入した方↑の写真)がパンチがあり好みですが、珍しい事も相まってお茶受けに華をそえてくれるように思います。
a0190056_1826100.jpg
マンハッタンではビレッジにあるこの可愛い店舗で見かけました。日本は買い物天国な上、お土産文化が発達している為、購入できない物をみつけるのは結構大変な自分。常々、手土産アンテナを張り巡らしています。
The Meadow
523 Hudson St.
New York, NY 10014
[PR]
by Upstate11 | 2015-01-28 12:00 | 時々よそへ(NY CITY)

NYのフランス店その4 Maman(SOHO)

a0190056_14271170.jpg
昨年秋、大変チャーミングなフランスキャフェがSOHOに開店しました。昼食時を避けての訪問でしたが、週末、雨降りという事もあってか相変わらず店内は混雑。軽食やお茶を飲む小さなスペースがあると聞いてはいたのですが、人の流れの悪い週末で狭い空間な為、席を見つけるのが大変な印象です。
a0190056_1428745.jpg
セルフサービスな為、手前カウンターで注文をして(↑入ってすぐ右側のカウンターで注文、左側カウンターでお支払い後、左側、支払った側から注文した品を受け取ります。2015年現在。その後レイアウトに変更があるかもしれません、あしからず)、各自の注文品をもって奥のテーブルで食事やお茶を楽しむ事ができます。(セルフな為、チップはいりません)インテリアもチャーミングで食べ物も大変美味しい為、混雑していなければひと休みにうってつけのキャフェです。
a0190056_14295175.jpg
支払いカウンター手前の窓席が一番おちつくかもしれませんが、混雑してくると他のお客さんの席がなくなってしまうので、長居するタイプのキャフェではないと思いますが、カウンターの中で働いているフランスの方も大変親切で、商品等の説明も丁寧ですし、感じも大変良く好印象でした。食べたかった商品は既に売り切れていましたが、メニューもサンドイッチが6ドルからとマンハッタン価格としてはGood Deal!手頃な価格かと思います。値段が妥当で美味しく素敵な空間のあるキャフェが増えてくれるのは嬉しいですね。
a0190056_14312171.jpg
下の写真はホームページより。奥のテーブル席がある場所です。
a0190056_14401272.jpg

Maman
239 Centre St
New York, NY 10013
[PR]
by Upstate11 | 2015-01-16 11:54 | 時々よそへ(NY CITY)

メトロポリタン美術館のトーマスベントン展Thomas Benton

a0190056_8212043.jpg
↑はワシントンDCのポートレート美術館にて自画像
こちらで生活するまではトーマスベントンという画家の名を聞いた事もなく、トゥルーマン図書館(元アメリカ大統領)を訪問した際の図書館壁画が圧巻で、その壁画担当者がThomas Benton氏という事で名前を知りました。
a0190056_10254434.jpg

a0190056_10234162.jpg
↑の写真はメトロポリタン美術館ホームページより
a0190056_8182945.jpg
↑はトゥルーマン図書館の壁画
氏の作品はアメリカ民族性、土臭さを主張しながらも洗練された都会風タッチと美しい色使い、力強さと雄大さを絵画から強く感じ、好きなアメリカ画家です。ミッドウエスト出身で、ニューヨークの美術館等で大きくとりあげられる機会が少なかったように思いますが(もしかして私が知らなかっただけかも?)、今回9月末より来春までメトロポリタン美術館で展示が行われる事、嬉しく思います。
a0190056_8202630.jpg
↑こちらの作品(Achelous and HerculesワシントンDC)は有名で、すばらしい作品。
夫から聞いたのですが、ジャクソンポーラック(Jackson Pollock)もベントンから影響をうけた画家だったとの事。作風は随分ちがうように思いますが、初期のポーラックはベントンの画風に影響をうけたようです。私もまだ足を運んでいないベントン展ですが、混雑する前にすばらしい作品を目にできる事を楽しみに。

Thomas Hart Benton's America Today Mural Rediscovered
September 30, 2014–April 19, 2015
Gallery 746
2014年9月30日~2015年4月19日
[PR]
by Upstate11 | 2014-10-07 23:55 | 時々よそへ(NY CITY) | Comments(0)

ラデュレLadureeな雰囲気 SOHOマンハッタン

a0190056_76268.jpg
既にパティオ席も使用されているようですが、ラデュレ色を十分楽しめる店内の雰囲気。
a0190056_711398.jpg
カーペットの柄、興味深く拝見
a0190056_771686.jpg

アメリカのフランス店 その1(ラデュレSOHOマンハッタン)
[PR]
by Upstate11 | 2014-06-02 23:15 | 時々よそへ(NY CITY)