ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

カテゴリ:フィラデルフィア( 19 )

フィラデルフィアキャフェ Elixir と Talula's Daily

フィラデルフィアは予想外にチェーンキャフェだけではなく地元キャフェの多い街。そうゆう所もちょっぴり故郷札幌を思わせるのかもしれませんが、時間なく全部は紹介できないのですが、記録を兼ねて旅行者何方かのの参考になれば。

歴史の詰まったオールドタウンがフィラデルフィア中心では好きな地域ですが、リットンハウス近くはお買い物に食事にと便利な場所。ウオールナッツの通りから少々奥まってあるこのキャフェは一休みに便利
a0190056_744572.jpg
a0190056_7442810.jpg
ブルックスブラザーズが目印で細い脇道に入っていくとこのキャフェが。認識間違いかもしれませんがマンハッタンにある La Colombeもフィラデルフィアリットンハウスの方が早い出店だった様に?記憶しています
a0190056_7445550.jpg
Elixr
207 S. Sydenham St.

ワシントンSQ前のフィラデルフィアでは有名なTalula'sGardenのキャフェ版といえばこちら
a0190056_7454144.jpg

a0190056_165999.jpg

a0190056_74613100.jpg
こちらも一休みに便利な立地条件
Talula’s Daily
208 W Washington Sq
Philad
[PR]
by Upstate11 | 2016-12-31 16:25 | フィラデルフィア

本場イタリアからやってきたGran Caffe L'Aquila フィラデルフィア

時間がたってしまった上に、現在時間がなく再度確認する事が出来なかったのですが、確か2015年かその前の年のクリスマスあたりに開店したお店。オーナーの方がイタリアで地震にあって店舗を失くしてしまい知人がいるフィラデルフィアに出店という記事を何処かで読んだ気がするのですが………

フィラデルフィアは場所によっては北米的というよりもイギリスぽかったり、どちらかというとカナダのモントリオールに近い北米大陸だけれどヨーロッパ的な街並みを感じるのは自分だけ?
友人はボストンが日本でいえば札幌の街並みに似ているとか、シカゴが札幌に似ているとか言っていましたが、シカゴは札幌とは寒い以外類似点なしに思われ、ボストンは札幌??やはり人によって似ているの定義は大きく違うのですね。話が脱線……………
a0190056_73583.jpg
このレストランはジェラートもイタリアで賞を取ったとの事。ワインに無知な私達はお勧めイタリアワインがパスタ共に大変美味しく、お店の方も大変友好的。旦那は最後に握手までしてました。そうゆうのってうちの旦那も初めてだと言ってました。
a0190056_7364227.jpg

a0190056_737149.jpg

a0190056_737155.jpg
ワイン頂くとお腹一杯でデザートをパスしたら、ジェラート美味しいからとサービスでサンプルを出してくれたりと。イタリア訛りが強くジェラートの名前が聞き取れなかったのですが、サービスしてくれた事に感謝して別の日にジェラートを食べにきましたが、この日に出して貰った味が凄く美味しかったです。サービスでジェラートを一口出してくれる心遣い、友好的な点等、良い意味で商売上手な印象を持ち機会があれば又訪問しようと思ったお店。
a0190056_7374089.jpg
お隣の方々はずっとイタリア語話していたのですが、イタリア観光客もフィラデルフィアに来るのでしょうか?不思議。
a0190056_7375910.jpg

Gran Caffe L’Aquila
1716 Chestnut St
Philadelphia, PA 19103
[PR]
by Upstate11 | 2016-12-30 23:05 | フィラデルフィア

美しいフィラデルフィア

I 053.gifphiladelphia!
a0190056_6515948.jpg

a0190056_6522729.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-12-30 16:57 | フィラデルフィア

フィラデルフィアのアフタヌーンティー

フィラデルフィアは自分にとって訪問した印象の良い街ですが、以前、日本から旅行でいらした方のブログで、フィラデルフィアを訪問してがっかりしたという感想を目にして寂しく思ったものです。

そして改めて、人によって感じ方は色々なのだと実感した時でもありました。
a0190056_59953.jpg
そうゆう点を含めて、この記録は私の感想である事あしからず。

こちら
[PR]
by Upstate11 | 2016-10-31 22:00 | フィラデルフィア

フィラデルフィアのマカロン ICI Macarons & CafeとMiel Patisserie

a0190056_835258.jpg
アメリカで生活を始めた頃は、ある程度大きな街を訪問しても、ケーキ、菓子パン、ペーストリー等が、日本やヨーロッパ諸国に比較して、野暮ったさと甘すぎで失望する事が多かったのですが、気づいてみるとマカロン等も市民権を獲得し、美味しいケーキ等を購入できる店舗も増えたように感じます。

マンハッタンやボストンに比較して、日本の旅行者に知名度が低いような印象を持つフィラデルフィア(個人的な見解です、あしからず)。フィラデルフィアを訪問すると、"一定期間ここで生活した事がある"というよりも、"ここで生まれ育った"という住人の地元愛着心を感じ、居住地とアメリカとしては長い歴史から作られた部分、そして観光客として楽しめる地域のバランスが自分にとって心地よいと感じる、魅力的な街です。が、

先日ラジオで、フィラデルフィアの固定資産税の上昇が激しく、庶民に住みにくい都市になっているという話を複雑な気持ちで聞きました。

Gentrification(街のアップグレード化)が進み、安全かつ楽しめる場所が増える事は旅行者にとって嬉しい事実ですが、住人にとって家賃や家屋の購入が困難な街では、長期的に街自体の魅力的が減少してしまうのではと杞憂。アメリカ社会構造の難しさを垣間見る想いで聴いていました。
a0190056_832053.jpg
オールドシティーに登場したマカロンキャフェは、合衆国国旗誕生の地とされているBetsy Ross House向かい側。old city地域として歴史を感じさせる佇まいの家屋がある地域です。美しく並べられたマカロンは各種の味があり、壮観です。
a0190056_853312.jpg
店舗外観もセンスよく、店内に一休みできるスペースあり。マカロンの他にもクロワッサン等のペーストリーもあるそうです。マカロンはクリームの香りも程よく強く、それぞれの香りの特徴を生かした美味しいマカロンでした。
a0190056_86925.jpg
a0190056_1374825.jpg
可愛らしいスペースあり↑ 暑い日でアイスティーと一緒にいただいてみました。美味しいマカロンのサイズも大きすぎ小さすぎ、好みのサイズ。
a0190056_872566.jpg
加えて訪問時は一個2ドルとゆう嬉しい価格設定でした。抹茶味は抹茶が濃厚で好みで、機会があれば色々な味を試してみたい、再訪問したいお店です

ICI Macarons and Cafe
230 Arch street philadelphia PA 19106
215-608-8938

以前、こちらで紹介したMiel↓
a0190056_881470.jpg

a0190056_883294.jpg
a0190056_885814.jpg
a0190056_892391.jpg
今回は接客が丁寧になっていてマカロンも美味しくなっている印象でした。8個購入しなければ箱に入れてもらえない事。箱のサイズとマカロンの大きさが一致せず、外側が柔らかいいマカロンな為、移動時に崩れがちな点が残念。青いマカロンは、始めてのミントチョコマカロンでした。
a0190056_895293.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-08-13 09:29 | フィラデルフィア

フィラデルフィアShane Candy storeの美味しい可愛いチョコレートキャフェ

a0190056_6354166.jpg
訪問が楽しいフィラデルフィアの愛らしいキャンディーストアーShane Candyの奥にあるチョコレートキャフェは、フランクリンファンテンなどと同様にチャーミングな空間で美味しいホットチョコレートをいただけます。

美しい水色が基本色のキャンディーストアーの奥はノスタルジーな雰囲気が漂うカウンターがあり、店舗オリジナルホットチョコレートは甘すぎずコクがあり、ホットチョコレートファンでない私でも美味しいと舌鼓。
a0190056_635133.jpg
↑カウンター壁に飾ってある絵画、見覚えがあると思った方もいると思いますが、最近より注目を集めている印象の18世紀スイス生まれのフランス画家Jean-Étienne Liotard だと思います。
↓写真はパブリックドメイン 好きな画家な為、詳細後日記載
a0190056_724252.jpg
大きなスペースはないのですが、一休みのテーブル。
a0190056_6364187.jpg
写真のカップはサイズが大きなサイズで5ドル程だったとの事。ホットチョコレート大ファンの夫から味見。大変美味しかったです!
a0190056_638366.jpg
店舗の装飾は相変わらずセンスの良さを垣間見ます。↓この絵画は特に見覚えはないのですが、店内にピッタリ。
a0190056_6385761.jpg
時間なく訪問できなかったのですが、冬季間のスケートリンク横にホットチョコレート店あるようで、機会があれば是非訪問してみたいと思います。
a0190056_6401128.jpg
shane candy store chocolate cafe
110 Market St Philadelphia, PA 19106
[PR]
by Upstate11 | 2016-01-19 17:50 | フィラデルフィア

フィラデルフィアのドーナッツといえば Federal Donuts フェデラルドーナッツ

a0190056_6265097.jpg
フライドチキンとドーナッツを一緒にいただける場所としてフィラデルフィアで有名なフェデラルドーナッツ。宿泊したホテルの前に店舗があった事もあり、少々不健康ではありますが、朝にコーヒーとドーナッツを食してみました。
a0190056_6321156.jpg
a0190056_6323083.jpg
市内に数店舗ありますが使用したのはRittenhouse SQで、店内は腰掛け程度の椅子はあってもおちついて食べる場所の印象なし。

訪問した際はfancy Donuts が一個2ドルで6種類程、ブルーベリーマスカポーネ、マシュマロ、シーソルト&チョコレート他で、ホットフレッシュドーナッツは1個1ドル25セント、6個になると1ドルで12個は11ドルという価格設定でしたが、最近少々値上がりしたようです。可愛らしい色味のドーナッツもありましたが、朝ということもあり定番の甘すぎない印象のドーナッツを選択。
a0190056_651535.jpg
a0190056_6521145.jpg
シーソルトチョコレートとストロベリーラベンダーをコーヒーとともに注文してホテルの部屋でいただきました。近所農場で美味しいアップルサイダーを食べられることもあり、金額が1個2ドル以上になると、美味しくって当然かしらと辛口な批評になってしまうのですが、しょっぱさと甘さが上手く絡んだチョコドーナッツと作りたての仄かなラベンダー風味は大変美味しゅうございました。

Federal Donuts
1632 Sansom St
Philadelphia, PA 19103
[PR]
by Upstate11 | 2015-09-01 18:10 | フィラデルフィア

チャーミングなフレンチビストロ Bistro La Minette(ビストロラミネット) Philadelphia

a0190056_1283362.jpg
2013年旅行先のフィラデルフィア、フレンチビストロBistro La Minetteで、主人の四十数年(誕生日)を祝う、旅行先の食事も兼ねて、夕食をいただきました。目で愛でるメニューが多いフランス料理は、記念日やお祝の席で、日本料理とともに嬉しい外食の機会ですが、フォーマルなフレンチレストランも多く、旅行先の軽装で訪問をためらってしまう場合もありで、軽装でも気がひけない、地元の評判がよいフレンチビストロを訪問。
a0190056_1311323.jpg
評判通り大変よいビストロでした。フィラデルフィアのSouth Street(ビストロがある地域)は下降気味という意見もあり、宿泊したホテルがリットンハウスSQ近所とビストロSouth Streetから距離があった為、天気が悪ければタクシー又は訪問を取りやめるつもりでしたが、当日はおだやかな美しい秋の日。杞憂した地域は思った程治安が悪そうでもなく(でもアメリカの都市は気をつけるにこした事はないのを忘れずに)食事後、ホテルまで歩いて帰りました。(South Streetは昔ほどのにぎわいはないようですが、途中本屋さんに寄ったり、Whole Foodsを覗いたり)フィラデルフィアは、街の機能が集約している為、最悪でも歩いて観光可能。この日もバス以外は10キロ近く歩きましたが建築物等を眺めながらで苦になりませんでした。
a0190056_1314746.jpg
大きなビストロではありませんが、雰囲気も大変チャーミング。メニューはフュージョン系ではなく基本的なフランス料理の印象です。うさぎ等のジビエもありました。ワインの知識が皆無な私達はお店の方に勧められたハウスワインのデカンタとエスカルゴを前菜に。私はチキン、主人はシーフード(ホタテのうんたらかんたら)をいただきました。チキンはすばらしい焼き具合で(旅行中外食が続いた為、チキンファンではない自分ですが健康を考慮しての選択でしたが、その美味しさに舌鼓)、大変大きい事に驚きましたが、主人が半分食べた為、ちょうどよい量となりました。そしてパンもすばらしく美味しかったです。特別パン好きではない事と、料理を考えて通常パンのお代りをしない私ですが、ビストロで焼いているフランスパンの美味しさにワインと一緒に食べすぎた結果、デザートの余地なくコーヒーのみ。主人はアップルタタンを別腹でいただいていました。デザートをいただきたい方は、パンの食べ過ぎに注意!
a0190056_1355848.jpg
ハウスワイン、エスカルゴ前菜、メイン、私はコーヒー、主人はコーヒー+デザートで税金を込めて、100ドルちょっとだった為NY州のビストロより、お買い得感有りの印象。アメリカは約20%のチップや州によっては10%前後の税金も加算され、日本より外食費は総体的に高くなりがちです。

その割にお店を選択しないと味は日本よりおちてしまう可能性も高い為、旅行の際はある程度メニューや評判を確認する方が間違いは少ないと思います。
a0190056_1364727.jpg
装飾やサービスも大変よく、くつろいだ時間を美味しい食事とともに過ごす事ができました。何事も流動的なアメリカなので、サービス、料理の質がいつまで続くかは確定できませんが、フィラデルフィアで再度訪問したいと思ったレストランです。
a0190056_1374889.jpg
主人は↑ポロシャツ、チノパン、靴はスニーカーを避けましたが、カジュアルな装い訪問。他のお客さんもジーンズ、ポロシャツ等で、ドレスコードを気にせず訪問できるビストロの印象。外のパティオ席でおばあ様と食事をしていた女の子の上品な美しさに高感度あり。フィラデルフィア訪問で、お孫さんと品のよいおばあさまカップルを何度かみかけました。
a0190056_1403454.jpg
Bistro La Minette
623 S 6th St
Philadelphia, PA 19147

2014年
[PR]
by Upstate11 | 2014-12-04 21:50 | フィラデルフィア

METROPOLITAN BAKERYメトロポリタンベーカリー フィラデルフィア

a0190056_5525096.jpg
メトロポリタンベーカリは雰囲気、サービスよしのキャフェで、早い時間帯に訪問した事もあってか、パン屋さん側は混雑していたのですが、その隣にあるキャフェは混雑前でスムーズに注文。カウンターで注文して注文した軽食は席まで運んでくれます。

チップを払う必要のないキャフェ形式ですが、注文した物をとりに行く必要がない事で、小さな子供さんがいる家族連れや母親には、注文後、子供から目を離さずにすむため、気持ち的にゆとりができるキャフェという印象を持ちました。
a0190056_553252.jpg
入店の際、特別混雑していなかったのですが、その後立て続けに客入りがあり、お店の方が一人でレジ、注文をとって、注文した物をテーブルまで運ぶと大変そうだった為、プレートを取りに行くと、爽やかな笑顔で”大丈夫ですよ、待っていてください“と。アメリカは多忙になると働いている方は不機嫌な事が多い為、爽やかな笑顔に気分が明るくなりました。

こうゆう笑顔をみると、又このお店を使用しようと思ってしまいます。只、アメリカは何事も流動的で、いつもこうゆう親切な方が働いているかは不明な所が残念ですが・・・・・・。
a0190056_553177.jpg
キャフェで美味しいスコーン等をいただいた後、隣のベーカリーでマカロンとサービスがよかった事に気をよくして記念に、マチ(袋幅)がしっかりしているお店の袋を購入($6.5)。居間のソファーの横において、読みかけの雑誌等がある際はこの袋使用で部屋が散らかった印象にならないようにしています。よみかけの本、雑誌をベッドルームに移動する際もバックなので、簡単に持ち運びでき重宝です。あくまでも個人的な感想ですが、マカロンは外側が好みのかたさでしたが、クリームに特徴がない印象でした。
a0190056_5533012.jpg
使用したキャフェはRittenhouse Sqと中心街で、立地も便利。
Rittenhouse Square
262 South 19th Street
[PR]
by Upstate11 | 2014-10-19 22:40 | フィラデルフィア

City tavern シティタバーンフィラデルフィア

a0190056_10541415.jpg
アメリカ東海岸の都市として歴史を持つフィラデルフィアで、歴史的建築物やレストランを訪問するのも楽しみの1つ。old townにあるこのレストランも観光客が立ち寄る事で有名。

実際1773年に存在していたこのタバーンは1854年には取り壊され1975年に再建されていますが、給仕の方の衣装や食器、食事内容、部屋の装飾等は当時を再現しているレストランです。
a0190056_10551767.jpg
フィラデルフィア訪問では通常接客のよさを感じるのですが、残念ながら観光客が多いこのレストランではじめて接客の悪さを目のあたりにし驚きました。きっとあたりの悪い日だったのだと思いますが、私達の後ろに座った年配の方たちにもぞんざいな態度の接客で、少々驚き。(写真の↑方はすごくよい方だったのですが)
a0190056_10555668.jpg
料理は時代を感じる七面鳥のポットパイとその日のスペシャルだったパスタを注文。私のポットパイは好みではなかったのですが、歴史的料理なので、味というよりも18世紀のアメリカ料理はこうゆう物だったという認識が収穫で、夫の選択したパスタは予想に反して大変美味しかったです。
a0190056_10562525.jpg
ワシントン、ジェファーソン、フランクリ、ハミルトンとアメリカの歴史で欠かすことができない方達のクラフトビールを注文。私達はフルーティなビールのジェファーソンが好みの味でした。ワシントンのビールは少々重めで、二番目に好みでした。

City Tavern
Corner of 2nd & Walnut Streets
138 South 2nd Street
Philadelphia, PA 19106
[PR]
by Upstate11 | 2014-10-13 23:10 | フィラデルフィア