ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

カテゴリ:メゾンカイザー NY( 8 )

2016年メゾンカイザーのブッシュドノエル

クリスマス限定メゾンカイザーのブッシュドノエルがあると知ったのは二年程前だったでしょうか。師走に入るとショーウィンドウに美しいブッシュドノエルが並び目を楽しませてくれますが、今年、ラズベリーと栗(チェスナッツ)の小サイズを購入してみました。
a0190056_10192294.jpg

a0190056_1074795.jpg
夕方になるとチュコレートの残りが少なく、チョコレートが美味しいのかしらとも思ったのですが、栗、ラズベリー好きな私なので、旦那の好きなチョコレートを無視して(ごめんなさい)栗にしたのですが……………ラズベリーの方が好みでした
a0190056_1013489.jpg
↑写真はホームページより
栗の味がいささか弱く甘さが強かった為、小さなサイズでも飽きてしまう事に問題があったのですが、ラズベリーの方は酸味とチョコレートムースとクリームが大変美味しく自分の好みでした。持ち運びの際チェスナッツにラズベリーがついてしまい美しいケーキが大変な事に………。来年は同じ種類を購入してくっついても目立たない様にしたいと思っています。黄色の柚子味も興味あり。
a0190056_10185794.jpg
エクレアの場合、その形にぴったりの箱がある為、持ち運んでも型崩れしないメゾンカイザーエクレアですが、ブッシュドノエルは小さなサイズという事もあり、2つだけの場合ぴったりサイズの箱がないかも。小さなサイズは各種の味を試す事が出来、食べ飽きない大きさも嬉しく、この時期手土産として使用できる事も大変ありがたいです。
a0190056_10194155.jpg
エクレアのラズベリーがメゾンカイザーでは一番好きなのですが、今回のブッシュドノエルもラズベリーの酸味がチョコレートムースと相まって気に入りました。艶のある美しいケーキはクリスマステーブルに華を添えますね
a0190056_10195931.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-12-28 20:35 | メゾンカイザー NY

師走時のエクレアとマカロン メゾンカイザーとマカロンキャフェNY

a0190056_10264767.jpg
↑は甘すぎず酸味があり大変美味しいエクレアでした。次回もあるといいな。
NY州生活で間食が減ったのは、年齢を考慮して健康の為ということもありますが、一番の理由は美味しいお菓子の入手が困難な事。その為、日本に戻ると750円のケーキでなくとも美味しいケーキーが色々ある上に、駄菓子も豊富で美味しい為、ついつい食べ過ぎてしまいます。

マンハッタンではお金を払えば美味しいケーキもいただけますが、金額もそれ相応な中、メゾンカイザーのエクレアは妥当な金額で美しく美味しいという条件を満たしていると思っています。
↓メゾンカイザーのショーウィンドウもクリスマスの雰囲気
a0190056_1040102.jpg
マカロンはちょっとだけ日持ちする為、ケーキや甘いものが好きでも一度に沢山食べることができない自分にとってはありがたい存在。1つで貫禄十分なおやつになる為、お茶時間のみならず、読書時等重宝します。
a0190056_1045048.jpg
マカロンキャフェの抹茶、ラベンダー、ローズ、キャラメルはとても美味しい。色味的にはレモン、パッションフルーツも捨てがたいのですが、ラベンダーと抹茶は癖になる味。マカロンキャフェ袋が白い紙袋に変化。以前の方が好みで残念。
a0190056_10452920.jpg
a0190056_10544147.jpg
今時のショーウィンドウはやはりクリスマス仕様
a0190056_105547.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2015-12-18 21:00 | メゾンカイザー NY

朝食Blue Bottle Coffeeと Maison Kayserをブライアントパークで

a0190056_12225352.jpg
マンハッタンブライアントパーク近辺は日本の紀伊国屋書店、Lady M(日本のケーキ屋さん)、 ロイズ(札幌チョコレート店)、日本の食料品店、そして最近は無印良品とお寿司屋さん開店の看板も目にしました。立地的に便利な場所に日本店舗が集約される事は大変嬉しい事です。

コーヒー店舗が拡大する昨今のアメリカで、マンハッタンもコーヒー店競争が激化しいる印象。気候もよろしくなっている為、朝食にメゾンカイザーのバゲットサンドとエクレアを購入して、混雑時間をさけたブルーボトルコーヒーお初に、メゾンカイザーのコーヒーと飲み比べてみました。

ブルーボトルコーヒーへの期待が高すぎたせいか、評判の割に??というのが正直な感想。多分、特別なコーヒーを期待しすぎた事と、その日のあたりが悪かったのかもしれません。加えてお店の方が不機嫌だったのも減点要素。すっきりとしたきれのあるコーヒーでしたが、ギミーコーヒーのバランス感あるコーヒーが自分好みです。一方メゾンカイザーは、よい接客とお店の方の笑顔+美味しいサンドとともに、コーヒーも自分の基準を満たしている為、ブライアントパークでコーヒー片手にひと休みの際は感じがよいメゾンカイザーにしようと思った次第。

ブルーボトルコーヒーはDrip Coffee regularをいただきました。料金3ドルでなぜかSales Taxは9%。マンハッタンは消費税が他のNY州カウンティ(郡)より若干高いのですが、更に消費税がアップしたと思って、調べてみると変化なく(現在8.875%)、四捨五入?していると推測(四捨五入した部分はどこにいくのだろうか?) 。そして、札幌の友人に送ろうと思ったかわいいエコバックは売り切れていました。そろそろ入荷した頃かしら。アメリカ製で土産としても軽く、日本と袋の模様が違うはずなので、在庫があれば旅行者にもアメリカ土産になりえるかしら。
[PR]
by Upstate11 | 2015-05-16 23:35 | メゾンカイザー NY

クリスマスケーキ(メゾンカイザー)の忘備録

a0190056_13213056.jpg
不思議な事にクリスマス前に買物をした際、このパンフレットをもらわなかったのですが、年明けの買い物後、買物袋に入っていた?クリスマスケーキの宣伝。

こうゆう素敵なケーキが季節販売されていると知らなかったのですが、2015年のクリスマス時に訪問機会があれば、小さなケーキ試してみたいな。(もしかすると今年もパンフレットをクリスマス前にくれないかもしれないので忘れないように)
[PR]
by Upstate11 | 2015-02-05 23:55 | メゾンカイザー NY

ガレットデロワの日にEpiphany(公現祭)とメトロポリタン美術館The Adoration of the magi

a0190056_8133988.jpg
ハロウィン、クリスマス同様、ガレットデロワの日が浸透しているように見受けられる日本。食に対しての意識、興味が高い日本で、美味しいガレットを楽しむ日を見逃す理由はないと思われます。Manhattanでもフランスペイストリー店が増加したのも相まってか、以前より多くの店舗でガレットデロワを入手しやすくなった気がするのは私だけ?

ハロウィン(the eve of All Saints’ Day)、クリスマス(the birth of Jesus Christ on the25th of Dec) 、公現祭(Epiphany)は宗教的要素が各行事に関連していましたが、自分を含め宗教的意味合いよりも、”何をその日に食べるか”が大切になっている現代。今年の公現祭ガレットデロワはメゾンカイザーとメゾンドショコラの小さなサイズをいただきました
a0190056_8143157.jpg
メゾンカイザーのアッパーイースト店で公現祭前(1月6日)だったにもかかわらず、大小どちらも取り扱いがなく、問い合わせると”今日はどの店舗も販売しない為予約しますか?”と尋ねられましたが、昨年ブライアントパーク店で小さなサイズを購入できた為、お断りして同日ブライアントパーク店を訪問すると、通常サイズのみ販売。結局その日は、アッパーイーストのメゾンドショコラで小さなサイズを購入後、1月6日過ぎメゾンドカイザーで小サイズ購入。
a0190056_8205861.jpg
双方とも大変美味しかったです。二人で、通常サイズ(大)を食べる事楽勝ですが、高カロリー摂取を必要としない年齢に達している為、小さなサイズを選択しています。しかし、昨年同様その美味しさにもっと食べたいと思った程。そう思うところで止めておくのが、翌年を楽しみに、美味しい物をより美味しく感じる秘訣だと思いこむようにしています。参考までにメゾンカイザーが7ドル弱。メゾンドショコラが9ドルでした。
a0190056_821958.jpg
接客のよさを感じるメゾンドショコラのアッパーイースト店で、この日も、小さなガレットはフェーブが入っていない為、数種類を示して好きなフェーブを選択してくださいと提示してくれた上、チョコレートガレットデロワも数分で焼きあがるけれど、アーモンドクリームとどちらがよいかと説明補足してくれるあたりは、高感度大。チョコレート専門店な為、チョコレートガレットデロワも販売されていると初めて知りました。
a0190056_825060.jpg
本場フランスでガレットデロワは専門家に採点されるようで、激しい競争を垣間見るようです。きっと数多くのすばらしいガレットデロワが街に溢れるのでしょうね。こちらより Sébastien Gaudard 私は聞いた事がない店名ですが多分現地では有名なのだと憶測?
a0190056_8294680.jpg
そして公現祭といえば、メトロポリタン美術館の大好きなノーザンフレミッシュ画家BOSCHの(英語的にボッシュに近い発音ですが、ボスに近い発音をする国もあるようです)”The Adoration of the magi“を想い出します。(The Magiは英語的にメエイジャイに近い発音表記。Three wise men三人の王様が、12月25日のキリスト生誕を祝った訪問場面を描いています。)多くの画家がこの”The Adoration of the magi“を描いていますが、色の美しさ、ゴシック的な要素が残るBoschらしい人物表記の幼いキリスト等、北米でBOSCHの作品を見る機会は多くない事も加味して、メトロポリタン美術館訪問の際、お勧め絵画の一枚です。2015年現在はメトロポリタン美術館のGallery 640
a0190056_8313327.jpg
↑Balthazar, Caspar, Melchior三人の賢者
1月6日Balthazar,Gaspar, Melchiorの三人の王様(賢者)が贈り物を持ってキリスト誕生を訪問。メトロポリタン美術館には沢山のThe Adoration of the magiがあり、すばらしい作品を記録としてこちらに少しずつ残す事ができればと思っています。
[PR]
by Upstate11 | 2015-01-25 22:30 | メゾンカイザー NY

NYのフランス店 その5Maison Kayser メゾンカイザーブライアントパークCafé開店

a0190056_634402.jpg
Upper Eastが開店して以来、あれよという間にマンハッタン内店舗展開しているメゾンカイザー。ブライアントパーク裏店舗はお持ち帰りのみでしたが、12月末に年明けからCaféが開店するとの事。所用ありで年明け、朝食をいただく機会がありました。残念な事に、隣接地が工事でその騒音で、座席をCafé側からパンやケーキ販売側に移動してもらったのですが、店内はFlatironよりも広くビジネス、観光に便利な立地条件も魅力の1つ。

訪問したFlatiron、Upper East, Bryant Parkキャフェはセルフ形式ではない為、チップを払うCaféです。
a0190056_6365480.jpg
↑通常朝食でいただくのは、私はパン3種とコーヒー。Upper Eastの方は通常、パンが冷めないように小石が温めてあるナプキンにくるまってでてくるのですが、↓ブライアントパークはかご入りでした。
a0190056_639076.jpg
夫はフルーツとオートミールか、スクランブルエッグがメゾンカイザー定番↓
a0190056_6404310.jpg
隣接地の工事が終了すればFlatironよりも幅のある室内な為、コーヒーやケーキ等でひと休みの際もゆっくりできる印象です。(Lady Mの前を通り過ぎるといつも混雑しているのですが、立地が良い事もあり日中の混雑はその場所では避けられないのかもしれません)
a0190056_643974.jpg
Bryant Park裏はベルギーキャフェパンコテディア、日本のケーキ屋さんとして有名なLady M、札幌のチョコレート、ロイズ、そして、ブルーボトルコーヒーも開店する等、以前よりも活気ある店舗が多くなった気がします。

Bryant Park Maison Kayser
(ホームページのメニューの内容を見る事ができるようになっているのに気づきました。) 
8 W 40th St
New York, NY 10018
[PR]
by Upstate11 | 2015-01-17 17:00 | メゾンカイザー NY

NYのフランス店 その3Maison Kayser メゾンカイザーUpper East

a0190056_11565880.jpg
仙台から東京、大阪、(名古屋もあるのかな?)と日本にはそれなりの数があるメゾンカイザーが、ようやくマンハッタンに開店して以来、四店舗を目にしました。時間がたってしまいましたが、ある春の週末に訪問したUpper East店。週末だった事もあり、混雑を避けるため、ブランチ後で夕食前という中途半端な時間に入店しましたが、それでも混雑気味でした。が、しばらくすると、人もまばらになりFlatiron店舗よりも店内が広い為、空いていれば、リラックスできる雰囲気。
a0190056_11562363.jpg
2014年春の金額ですが参考までに。コーヒーは一人3.25ドル、チョコレートエクレア5.25ドル、パリブレスト6.5ドル。オニオンスープは9.75ドルでこれにチップとタックスが加算されます。日本ではこちらのエクレア300円以下だったように記憶している為、通常どおりマンハッタンはなんでも高い印象です。チェーン店な為、アメリカ在住者以外ならば日本で使用した方がよいお店かと思いますが、マンハッタンの軽食やケーキなどの平均金額はどこでもそれなりの値段な為、下手に高い地元店に行くよりはある程度の味保証がある為、私には嬉しいMaison Kayserです。
1294 3rd Ave 74th St
New York, NY 10021
a0190056_11555059.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2014-10-05 23:10 | メゾンカイザー NY

NYのフランス店 その2 Maison Kayser メゾンカイザー

a0190056_3262343.jpg
マンハッタンアッパイーストサイドに開店してあれよあれよという間に店舗数が増えたメゾンカイザー。アッパーイースト店は訪問機会をのがしていました。Flatiron地区のキャフェも併設した店舗は持ち帰り使用が多かったのですが、平日の午後混雑がなかった為、コーヒーでひと休み。
a0190056_329358.jpg
お店の方も感じよく、トレードマークのボーダーシャツを小粋に着こなしてきぱきとお客さんをさばいているのも好印象。入って左側が間口は狭く奥行きがある喫茶室です。個人的には奥よりも真ん中の窓側席が好きです。ペーストリーの大きさも大きすぎず、甘すぎず、立地もよいこちらのキャフェの存在は嬉しい限り。
a0190056_3315573.jpg
Maison Kayser
921 Broadway New York, NY 10010
おおよその場所を把握する為で、距離、位置等の正確性はありません。あしからず↓
a0190056_332487.jpg
追記:2015年cafeスペースがopenしましたこちら
42StPublic library横?(Lady M横)のカイザーが使用頻度は高いのですが、残念な事にキャフェなしです。日本の紀伊国屋や図書館に近い為、この場所に開店した事はありがたい。日本では既にカイザーありな上に地元の美味しいケーキやペーストリー屋さんが沢山ある為ありがたみは少ないと思いますが、こちらにいると美味しい店舗が増えてくれる事大変嬉しい昨今です。
8 W 40th St New York, NY 10018
a0190056_3333526.jpg
a0190056_334481.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2014-04-17 19:50 | メゾンカイザー NY