ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

カテゴリ:マンハッタンNYのBar( 7 )

マンハッタンな一枚 その1

a0190056_9531824.jpg
天井がティファニー製ガラスとの事。
[PR]
by Upstate11 | 2015-12-21 20:45 | マンハッタンNYのBar

マンハッタンのアイリッシュBar “The Dead Rabbit”(ザデッドラビット)

a0190056_223321.jpg
沢山のIrishバーやパブがあるマンハッタンで、2013年、アイルランドバーテンダーオーナーとして開店したバーは、マンハッタン一美味しいカクテルという評判をあっという間に得ています。
a0190056_159361.jpg
The Dead Rabbitという奇妙な名は19世紀NYCに実在したIrishギャング名称。映画好きな方ならばマーティンスコセッシ監督のGangs of NYで聞き覚えがあると思います。
壁には映画舞台となった事の証明書有り
a0190056_14238.jpg
個人的に大好きなディカプリオが出演していたとしてもこの映画のミスキャスティングと脚本は感心せず、意味なくながかった印象。
↓下2枚の写真はこちらより
a0190056_14212852.jpg
a0190056_14222935.jpg
ダニエルデイルイスの迫力演技が映画のすべてをさらってしまった感が強かったようにも記憶しています。(映画館で見て以来再鑑賞していない為、内容等少々希薄気味ですが)映画セットがよくできでいた記憶はあります。(本)原作が映画より良かったとだんなさん説。

バーがGangs of NYのセットとして使用された事、Irishオーナーで所在地がLower Manhattanと歴史的にDead Rabbitというアイリッシュギャングが存在した地である事で命名されたと憶測。
a0190056_144684.jpg
かなり混雑している為、可能ならば週末を避ける方が賢明かと思いますが、立地がLower ManhattanとSohoやTribecaよりも更に下。個人的に頻繁に訪問する地域ではなく週末日中訪問な為、ニ階のゆっくりできるスペースでそのすばらしいカクテルを味わった事はありませんが、タップでも十分美味しいカクテルをいただけたので、美味しさは評判どおりだと思いました。
a0190056_1465955.jpg
写真は週末のタップルーム。空気の乾燥が激しい日で、ジンフィズとオールドファッションでのどを潤す際立ち寄りました。食事利用はない為、味のほどはわかりませんがWebメニューからマンハッタンのアイリッシュバーやパブとして値段は若干高めの印象。味の評判は良いようです。
a0190056_1482236.jpg
↑の写真は日本では時々イギリス歌手表記されていますが、北アイルランド出身のロック歌手Van Morrison。主人に教えてもらうまで知らなかったのですが、ロック歌手としてボノ同様有名な方と聞いて驚きました。

アイリッシュコーヒーも評判がよいようですが、自分はジンファンで、ジンかオールドファッションが定番。私達が注文したカクテルは各14ドル(税抜き)税金8・875%とチップは別途加算。
2階の方がゆっくり寛げるようですが、17時以降の開店です↓
a0190056_14164453.jpg
a0190056_14172196.jpg

a0190056_12213052.jpg
上3枚はお店ホームページより

The Dead Rabbit Grocery and Grog
30 Water Street, NY
時間帯等は2014現在で席予約は受けていないと記載有
[PR]
by Upstate11 | 2014-12-15 22:50 | マンハッタンNYのBar

マンハッタンなBar

a0190056_511436.jpg
ウィスキーの種類が豊富でおちついた雰囲気。つまみ以上に食事としても美味しいメニューが予想外。絶妙なオールドファッションを味わいながら、マンハッタンでいただくカクテルははずれが少ないと思った日。
a0190056_52956.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2014-07-12 16:00 | マンハッタンNYのBar

オールドファッション2、NoMad hotel Library

a0190056_13232427.jpg
NoMadホテルにはバーセクションがあり、本来Libraryはバーではなくラウンジという表現が適切なのかもしれませんが(日中はコーヒーや紅茶等でも使用できるはずなので)、訪問した際バーメニューのみを渡された為ライブラリーバーという感覚。ホテルの所在地が待ち合わせによかった事と、名前のとおり多種の蔵書がある為、早めに訪問して読書しながら待つには格好の場所と思っていたのですが、予定がずれ込み待たせる側となり蔵書を楽しむ余裕なく残念な結果に。時間が経過してはっきりした記憶ではありませんが、入店時間は15時45分頃で、その時間帯でもバーメニューだけを手渡されました。中途半端な時間で、混雑を予想していませんでしたが、実際はかなりのにぎわい。図書室(Library)というより、やはりバーというかグラス片手にミーティングや雑談をしている人が大半でどなたも読書していませんでした。
a0190056_13234395.jpg
話題の場所でカクテルの味に期待度大でしたが、(あくまでも自分の好みの話です)個人的にはハドソンホテルの方が好みです。コーヒーのカクテルを味見しましたが、これはカクテルなのでしょうかという味でした。オールドファッションはラムベースもあるとの事で、主人が試していましたが、給仕してくれた女性の方の間違いでラムではなくライベースだったのではと憶測している私です。主人は念の為、ラムではなくライではないかと確認したようですが、味見ではラム?のオールドファッションがウィスキーベースよりも自分の好み。でもオールドファッションはウィスキーベースのカクテルな為、ラムはありえるのか半信半疑です。

THE NOMAD HOTEL LIBRARY
1170 BROADWAY & 28TH STREET
NEW YORK, NY 10001
[PR]
by Upstate11 | 2013-12-05 23:58 | マンハッタンNYのBar

大人のデザート“オールドファッション” その1 Bar in Hudsonhotel

a0190056_7261536.jpg
こちらの生活で日本の食文化の高さを懐かしむ事は多いのですが本家本元という事もあるのでしょうか、ニューヨーク州でいただくカクテルは比較的特別なバーでなくともレベルが高いように感じます。知っている方も多いと思いますが、ライやバーボンウィスキーはアメリカが発祥地。伝統的なウィスキー歴をもつスコットランドやアイルランドに年月という面ではひけをとりますが、アメリカウィスキーもすばらしい。若かりし頃はカクテルはジンフィズばかり。アメリカでマルガリータ、マティーニー、オールドファッションを嗜むようになりました。
a0190056_7284288.jpg
今年こちらのバーで、美味しいオールドファッションとの出会いあり。ウィスキー自体のコクとあまさ、からさが絶妙に混ざり合ったオールドファッション。特にお酒に強いわけでもなくアレルギー持ちの為、カクテルは一杯と決めている自分ですが、その美味しさに二杯目いただきたいと思ったほど。
a0190056_731441.jpg
Hudson hotel bar(ハドソンホテルのバー)はコロンバスサークルに近く場所的に便利な事。値段的にマンハッタンのホテルバーとしては標準な事。(日本に比較してアメリカのホテルバーはチップの支払いありでもカクテル料金以外、席のチャージ料金?をとる所が少ないように思います。)何事も変化が激しいマンハッタンで味の流動性は否めなと思いますが、こちらの“オールドファッション”は今年の一番。
a0190056_7314438.jpg
a0190056_732649.jpg
オールドファッションは世界カクテル競技会の際に競い合うバーテンダーの方達が作るカクテルとしてInternational Bartenders Association(IBA)が認定している典型的な基本カクテル。IBA Official cocktailです
Angostura bitters アンガストーラ ビターズ近い発音かと)がオールドファッションのキーポイント?
♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
ライ・ウイスキー或いはバーボン・ウイスキー 45ml
アロマチック・ビターズ 2dashes
角砂糖 1個
スライス・オレンジ 
マラスキーノ・チェリー
度数は32度~40度(日本ウィキより)
a0190056_10322859.jpg
Hudson New York
356 West 58th Street
New York, NY 10019
[PR]
by Upstate11 | 2013-11-10 21:20 | マンハッタンNYのBar

Lillie’s Victorian bar(アイリッシュパブ)         マンハッタン

a0190056_5175454.jpg
ご無沙汰しておりました。日本も、夏から秋へと季節のうつろいを感じる日々のようですね。
ニューヨーク州はテキサスやカリフォルニア州程は大きくないにしろ、マンハッタンとアップステート北側では地理的に離れている為、季節感の違いがあります。


今朝も4度。最高気温17度と、9月としては肌寒い一日。朝晩の気温差が15度以上になる事も多々あり、その気まぐれに翻弄される日々です。

    ♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦         

アイリッシュのお酒好きは固定観念な印象もありますが、知人、友人、知っている範囲のアイリッシュが(自分のだんな様を含め)”お酒に強い”のは事実。マンハッタンにも沢山のアイリッシュパブがあります。
a0190056_6504638.jpg
特色あるアイリッシュパブが数件ある中、だれでも気軽に使用できるパブとして名前をあげるとすると、Lillie's。アイルランド生まれ、美貌Lillieさん宅(マナーハウス)の遺品をパブ店内で使用。ブロードウェイ店舗の他、ユニオンスクエアー店もあります。↓写真はブロードウェイ店舗
a0190056_721152.jpg
a0190056_7252148.jpg
遅い時間帯(特に週末)になると奥の方は込み合うのですが、早めの時間帯ですと、ゆっくり食事もできますし、年齢、服装を気にせず、ビールやカクテルで喉をうるおしてひと休み場所としても使用できます。
a0190056_7324964.jpg
↑お店の装飾品がビクトリアンで、高い天井を見上げては、この天井や、飾ってある品々はどうやって掃除しているのかしらといぶかしく思うのですがこうゆう雰囲気も面白いとも思ったり・・・・・料理の評判は悪くないようですが、個人的に、アイリッシュ料理というよりはアメリカ料理で大きなお皿に”どさっ”とな為、日本人受けするかは少々疑問な所です。
a0190056_7464441.jpg
ビクトリア朝インテリアで統一している店内で、かなりのこだわりがバスルーム↑↓少々凝り過ぎておどろおどろしい気もするのですが・・・・
a0190056_7501782.jpg
a0190056_8395692.jpg
パブ前の写真↑
ブロードウェイ劇場地区の為、ショーを見る前後にも便利な立地↓
a0190056_8403985.jpg
立地的にタイムズスクエアーからも遠くありません。安全になったマンハッタンですが、夜遅くは人通り少ない通りもあり、常に安全に気を配るに越したことはないと思っています。ユニオンスクエアー店舗も、立地的に便利。
↓タイムズスクエアーに向かうブロードウェイ。お店は49thのブロードウェイと8thAveの間
a0190056_9533732.jpg
Lillie's 
249 W 49th St
(between Broadway & 8th Ave)
New York, NY 10019 
   
[PR]
by Upstate11 | 2012-09-24 21:35 | マンハッタンNYのBar

マンハッタンの春を愛でる 2012年 Robert

a0190056_14173285.jpg
高層ビルが立ち並び、美しい街並みを作っているマンハッタン。この街を歩いていると、自然に上を見上げる事が多い私です。交通機関を使用するより歩き回るのが楽しい季節の到来。”ちょっと一休み”で上の階から美しい景色を眺めるお薦めの場所がこちら”Robert”。3時から5時半(2012年現在)まではデザート、カクテルのみで使用できる為、昼食後にも便利です。
a0190056_1341970.jpg
Museum of Arts & Design (MAD)と呼ばれる美術館9階にあるレストラン。もちろんレストランは入場料なしで使用できます。
a0190056_1455913.jpg
写真左の建物が美術館。高層ビルの中、美術館外側の印象が薄いのですが、レストラン窓側の席からは美しい眺めを楽しめます。
コロンバスサークルにはコロンバスの像↓
a0190056_14115220.jpg
セントラルパークの向こう側Upper eastサイド↓
a0190056_1415359.jpg
中心にそびえるトランプホテル&タワービル。一階にフランス料理店Jean Georges↓
a0190056_14194581.jpg
タイムワーナーセンター↓
a0190056_11251220.jpg
レストラン内の感じは現代アートのよう?なインテリア↓
a0190056_11221288.jpg
a0190056_11232996.jpg
ピアノがあったりと↓
a0190056_11263118.jpg
カクテル”マンハッタン”(個人的には少々甘めのカクテルかと思いますが)レモンタルト(盛り付けがおしゃれでした)とコーヒー
a0190056_11272290.jpg
私はアールグレーの紅茶と青リンゴのソルべをいただきました。
a0190056_9472358.jpg
お腹が一杯でレモンタルトの味見を忘れましたが、ソルべ一個から注文可能で、昼食後でもいただける大きさ^^。セントラルパークを歩き回って疲れた時等、美しい景色でリラックスするお薦めの場所です。今回給仕して下さった方も丁寧で親切。
コロンバスサークル近くはマンダリンホテルのラウンジもあり(こちら)、アフタヌンティーが2時半~4時半(2012年現在)までいただけます。35階から見下ろす景色は素敵ですが、金額と味を考慮して、昼食後の一休みならRobertの方がお買い得かと個人的に思っています。

Robert(注:クリックするとNice and Easyフランクシナトラが歌っています)
2 Columbus Cir 9th Fl
(between Broadway & 8th Ave)
New York, NY 10019
(212) 299-7730
[PR]
by Upstate11 | 2012-04-15 23:00 | マンハッタンNYのBar