ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Blue Valentine ブルーバレンタイン, All good things

NY cityやLong Island等、雪で苦労していなかった地域が予想外の積雪で苦労しているのに比較して、Bo peepのUpstate地域は(Upstateは広範囲なのではNY city同様積雪量が多い場所もあるようです)昨年の豪雪が嘘のように穏やかな日々が続いています。

昨日は、話題の映画”Blue valentine”ブルーバレンタインを見てきました。a0190056_49347.jpg 週末という事もあってか予想以上に混雑。新年早々みた映画、”All good things”でRyan Gosling(ライアン ガズリン。ガズリンのズは日本語のズとちょっと違ってスに近いような気もするのですが。日本ではライアン ゴズリンとよばれているようですね。英語名の日本語表示って難しいですね。)の演技にファンとなったBo Peep。

今回のBlueでも、Bo peepの期待を裏切らないGoslingの演技に、大満足しました。

すでに、アカデミー賞ノミネートの経験者でありながら、今回のBlue Valentineでは残念ながらアカデミー賞の主演男優には推薦されていず????なのですが、その演技力を思うと将来に受賞する可能性は高いので、今回ノミネートされないってのはさほどの事じゃないかな、とも。

内容の詳細は,(映画鑑賞前に知りすぎるというのも、先入観にとらわれるといけないので、)かきませんが”結婚”が暗礁に乗り上げている夫婦のお話です。”結婚の難しさ”という、たびたび映画や小説でとりあげられる主題ではありますが、夫婦の間での人生観、幸福感の違いが、結婚生活の亀裂を大きくしていく様を、過去現在を交差させながら描いています。

http://www.bluevalentinemovie.com/

デートの時にGoslingがウクレレと一緒に歌う曲がせつなく美しく、演技のみならず彼の歌声にもききほれてしまいました。


a0190056_4294719.jpgそして、お正月早々観た映画といえば、このミステリー映画”All Good Things”。同様にGoslingが主演男優の映画でした。
実際に起こった事件をもとに、一部は作成側の創作部分ではあるものの、事実は小説より奇なりという言葉が思い浮かんだ映画です。

この時点では日本では未公開のようで、残念です。


Frank Langella(フランクランジエラ)、映画フロスト・ニクソンでご存じの方も多いと思うのですが、主人公の父親役を存在感たっぷりに演じていました。
改めてすごい俳優さんだな~と感服。そして、父親への鬱積した感情やうちなる狂気を本物さながら演じたGoslingの演技とすばらしい俳優共演を満喫できる映画です。

次はBig bo Peepの映画感想
[PR]
by Upstate11 | 2011-01-31 05:03 | 映画

はじめまして

NY州のアップステートに在住のLittle bo peepです。
日々の徒然を書き残したいと思います。


a0190056_3511772.jpg

]
[PR]
by Upstate11 | 2011-01-27 03:53 | ごあいさつ