ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

タカハナック散歩後のTrumansburg Hazelnut Kitchen(オーナー変更)

a0190056_125219.jpg
以前のGimme Coffeeでもちょとだけ登場したTrumansburg(トゥルーマンズバーグ)。人口1500人前後の小さな村ですが、タカハナック州立公園に近く、美味しいコーヒーが飲めるだけではなく、Upstateの小さな村としては比較的さびれていないかわいらしい街並み(建物並び)。そして、美味しいレストラン”Hazelnut Kitchen"(ヘイゼルナッキッチン)があるのです。

a0190056_2114079.jpg上の写真はトゥルーマンズバーグの村の図書館です。左は可愛い雑貨を扱っているお店ですが、時々表示している時間以外にも閉店していた事がありました。そして、お店のドアがあけづらいので(店員の方がお客さんがいない時は上の階にいて外からみるとだれもいないように見える時があります。)閉店していると勘違いしてしまう事もあるので、正面のドアには要注意です!
a0190056_228156.jpg













  小さなTrumansburgの図書館ですが新しい本を扱っていたり、暖炉もあったり本好きにはくつろぎの空間です。余談ですが、数年前まではArtisan Cafeという美味しいクロワッサン(パリやモントリオールで食べて美味しかった味たぶん、特別なクロワッサンの店舗をマンハッタンでしらないのかもしれないのですが、マンハッタンでもここほどのクロワッサンを食べた事がありません。)特にアーモンドクロワッサンを扱う可愛いCafeがあったのですが、閉店してしまいました。ヨーロッパ(確かイタリアで)修業して、シカゴ出身のオーナーのようでした。クロワッサンの美味しさはひそかにグルメの方の評判でしたが、サービスの評判がよくなったようなので閉店したのでしょうか??時々素敵なCafeの美味しいクロワッサンが恋しくなります。


a0190056_2463864.jpg
a0190056_3471698.jpg







                  









前回はギミーコーヒーは外からの写真だけでしたので、上の写真は店内の写真です。

a0190056_3564822.jpg

チョコレート店や新しいレストランもできている村の中心。Little bo peepは、こちらのチョコレートの味を知らないのですが、評判はいいようです。お店のサイトはここをクリック。
a0190056_4273132.jpg

そして、へーゼルナッツキッチン。このレストランは火曜日と水曜日がお休みです。
開店の時から火曜、水曜日が休みなので、たぶん変更にはならないと思うのですが、行く前に、定休日を確認しておいた方がいいかもしれません。

おすすめは、ステーキですが料理全般的にはずれはないと思います。ある程度のレストランになると、マンハッタン料金をとるところが多い、この周辺で、良心的な価格設定も嬉しい点です。店内はそれほど広くないので、すぐ込みあってしまいます。(週末は絶対に予約をした方がいいと思います

個人的にはレストランの壁側の席が好きなのですが、(レストランの中心席だとなんとなくおちつかないのです)体が大きな方ですと、壁側のブース席と固定テーブルの間隔が狭い為、居心地がよくないかもしれません。入口の横の窓側席が一番よいと思うのですが、早めの予約なしでは競争率が高いので無理かもしれませんが、席にこだわりのある方は予約の際に聞いてみるという手もあります。中心でお食事するのが気にならない方でしたら、真ん中の席の方がブースよりも、椅子とテーブルの間隔はとりやすいと思います。

店内のよい写真がないのですが、店内の雰囲気はそれなりに素敵かと思います。


注)2012年にオーナの変更があったようです。この界隈では値段と味が見合ったよいレストランで2007年に前のオーナーがこのお店を開店して、”Hazelnut Kitchen”の評判はうなぎ昇りだった為、驚きました。新しいオーナーになってからも評判は良いようですが、オーナーが変更すると味や料理内容が変わってしまう事がある為、引き続き、素敵なレストランであって欲しいなと思っています。(新オーナーになってからまだ訪問していませんが、機会があれば是非訪問してみたと思っています)
a0190056_616335.jpgHazelnut Kitchen
53 East main street Trumansburg NY
(607)387-4433
英語ですが、こちらの方のブログの方がヘイゼルナッツキャフェの料理写真や雰囲気がよくわかると思います。
ステーキの写真がこちらの方のブログにのっていました。
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-28 16:50 | Upstate NY

冬のタカハナック 州立公園 No2

a0190056_10593527.jpg

前回、州立公園で紹介した、タカハナック州立公園。冬期間は閉鎖の事が多いのですが、今年(2011年)は雪が少ない為か、2月末の段階で下のコースは開放されていました。(天候によって又閉鎖もありえると思うのですが。)
a0190056_137144.jpg

















a0190056_1422336.jpg

最近、以前よりやわらかい日差しをかんじるものの、こうしてみるとまだまだ雪が007.gif
でも公園に行った日は比較的暖かく、お昼時はー2C°(29F°)最低でも-8C°(18F°)のようでした。
a0190056_1582480.jpg

そんな中、子供達は元気に遊びまわっていました。仕事帰りの人達もジョギングをしていたりと、たそがれどきでしたが、日が長くなっているのはたしかです。
a0190056_254559.jpg

寒い朝には日本の北国でも見る事ができる樹氷が、空にはえて美しかったです。
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-25 11:00 | Ithaca NY

野生が隣接 Wildturkey(ワイルドターキー)

a0190056_752184.jpg

秋になると、Bo peepのすみかの向かいの森から、のこのこでてくるのがターキーの集団。
a0190056_2591610.jpg

a0190056_324498.jpg

















ターキーが飛ばないと思っているみなさん(実はBo peepもそう思っていました)実は飛ぶ事ができるのです!
ちょっとお顔が怖い感じもするのですが、他の鳥が必要とする木の実も沢山たべてしまうターキー!いつもお腹をすかせています。
a0190056_3105650.jpg

冬は食べ物が激減するせいか、小鳥のえさ箱からおちた小鳥のえさをついばみに民家のそばまできているターキを発見。
a0190056_3154876.jpg
a0190056_316559.jpg
一心不乱でした。
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-24 03:19 |

感謝の気持ちをつたえたくて 

a0190056_1213720.jpg

コンピューターの普及で生活自体が便利になり、海外にいても日本の情報を即座に検索できたり、遠くの友人ともeメールで随時連絡できるし、買い物から銀行の預金口座まで、気づいてみると生活がコンピューター中心になっているのがいなめない現代。

そんな中で、手紙の存在は希薄になりつつありますが何事も簡単になりすぎてしまうのも味気ないもの。(もちろん事と次第によりますが、日本のようにどこでもすぐ美味しいものが入手できるというのはすばらしい事です。

機会をみつけて、なるべく感謝の気持ちを伝える時は、お手紙を使用することにしています。といってもついつい、筆不精になってしまって反省です。002.gif

海外生活では、日本語を書いたり、読んだりする機会が減っているので、日本語で手紙をかく時は、漢字を思い出すよい機会でもあります。コンピューターの使用は、ひらがなを漢字に変換してくれるので、ありがたいのですが、いざ漢字を書く段階になると、なんだか怪しい042.gif042.gifという事がたたあって・・・・。(年のせいもあるとおもうのですが・・・・・・)

感謝の気持ちを送る時は、やはり、気にいった便箋封筒を使用したいので上の写真のイタリアお手紙セットを常備しています。

Manhattanの店舗では経験はないのですが、Upstateの店舗の在庫管理は非常に悪く、商品が品切れになるといつ入荷する事がわからない事が多いので、(店員さんに聞いても知らない事がおおいのですよね)気にいった物がある時は、個人的に在庫管理しなければいけないのが、(すぐ使用しないものを将来の為に在庫保管するのが)苦痛なBo peepです。

イタリアのお手紙セットは本屋のBarnes and Nobleや、マンハッタンのKate's paperieで(Barnes and Noble,Kate's paperie双方のウエッブサイトでは、写真と同じ物を全部取り扱っていないようなのですが、実際にお店にいくと写真と同じようなパターンを見つける事ができる事もあります。が、すべての店舗で扱っているとはいえません。)購入しました。

a0190056_2211153.jpg

そして、Made in Chinaにおされてしまって、見つける事が大変になってきたMade in USAを助けるべく使用しているカードセットはメトロポリタン美術館のカードです。このハート形のセットは廃番007.gifになってしまったようですが、新しいデザインはBo peepの好きな鳥のモチーフで、素敵です。053.gif

観光でメトロポリタン美術館を訪れた際、お土産としても(ちょっと重さがきになりますけれど)アメリカ製(今のところ)なので、よい選択かと思います。
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-23 12:40 | Bo Peepのおきにいり

アメリカ英語?イギリス英語?どこの英語?

キャレッジカフェでReuben(ルービン)サンドウィッチの事を書いていて、発音の件で説明不足があったと思い再度しつこくふれてみます。

メニューで最初にReubenをみて、Ben=Bent, bend,Benefit等などBenをベンと発音する単語を知っていたので、当然ルーベンと発音するのだと思ったのですが一緒にいた友人にこれってルーベン?と聞くと”あ~ルービンを食べた事ないの?”って聞き返されました。

Big bo peepに聞いてもそれはルービンだというのです。なんとなく納得できず、知人友人に聞いてみるとやはり、ルービン。

カフェやダイナーでルービンを注文する際、わざとルーベンといってみると、聞き返されたり、”ルービン”と言いなおされたりしたので、結局ここでは(UpstateNYでは)やはりルービンというのだな~と納得しました。

その後、Steubenという郡がNY州にある事を発見。こちらもRuebenと同様、尾語がBenで終了するのですが、NY州ではこのSteubenを”ベン”と発音せず”ビン”と発音しますが、Indiana州にも同じSteubenという郡があり、こちらは”ベン”と発音するようなのです。

これはLittle bo peepの憶測なのですが、ReubenはNY州ではルービン。Indiana州ではルーベンなのではないかしら・・・・と。ドイツ語を知らないのですが、Ruebenはアメリカの食べ物ですがドイツ系アメリカ人の苗字からきているという一説もあるので、ドイツ語読みでルーベンというのもありえるのかな?と。

他の州でルービンを食べた事がないのでなんともいえないのですが、キャレッジカフェではルービンと注文した方が通じる為、前回の記事に記載したのですが、ルーベンという発音の方が通じる州ではあるかもしれませんので、あしからずご了承を。

そして、先日イギリス人の知人とグランドハグデイの事を話していた際、気づいたのは、アメリカではハグ(ハッグ)に近い音なのですが、イギリスでは(ホグ)ホッグに近い音で”グランドホッグ”の発音。言葉というのは日本語も含めて本当に難し~~~です。

アメリカに来るまではこの国はイギリスの植民地だったので、イギリス系アメリカ人が多いのかと思っていたLittle bo peepですが、実際はドイツ系アメリカ人が一番多いというのも興味深い点です。

映画俳優さんにイタリア系アメリカ人が多いので、イタリア系アメリカ人も多いような気がしていたのですが、アメリカ全土でみるとやはり少数派です。NY州はイタリア系、アイリッシュ系は多いのですが、他の州にいくと又人口分布が変わってきて、文化も習慣も違うのがアメリカの興味深く、難しい点なのでしょうか。
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-22 21:00 | Bo Peepのひとりごと

甘味処Bo peep   No1 

a0190056_283839.jpg

アメリカで生活するまではケーキやお菓子は専門家の方から買うのを専門としていたLittle bo peep。渡米してすぐに、アメリカの友人宅でホームパーティーのお手伝いをした際、ケーキを作った事がないといったら驚かれてしまったのですが012.gifそのホームパーティでの甘い以外に味のない甘みが強いケーキに驚いてしまったBo peep。

もちろん、お菓子の作り手の差やお店の差があるので、一概にアメリカのお菓子は甘いとはいえないのでしょうが、日本に比較すると味の繊細さが不足のような028.gif気がします・・・・・・・・・・。しばらくは、アメリカの味でがまんしていたのですが、やはり口にあわなくって、時々仕方なくできそうなケーキ類をつくるようになりました。

お菓子作りの本なども数冊、マンハッタンの紀伊国屋さんで入手したのですが、美しいケーキの写真にほれぼれと眺める事の方が作る回数より多いのが事実。お菓子作りは奥が深く、途中経過の苦労複雑な工程を考えると宝石のような美しいお菓子のお値段がそれなりにするのは納得です。

専門家の方のみならず、ブログ等を拝見すると、みなさんプロ顔負けの素敵なお菓子を作ってらして、日本のお菓子のレベルの高さに感心します。

今のところUpstateで美味しいケーキ屋さんはみつけていないのですが、007.gifマンハッタンのエゴンシーレやクリムトで有名な美術館ノイエのカフェCafe Sabarskeyのケーキは美味しいと思いました。雰囲気も素敵ですよね。そしてLady Mのミルフィーユも評判通りに美味しいケーキでした。

Little bo peepが若かりし頃からかよっているケーキ屋さん、北の都札幌の”ププリエ”チョコレートケーキやミルフィーユは絶品です。ヨーロッパでお菓子作りを習得したご主人の経営するお店です。札幌在住の方や、札幌にいく機会があれば、甘すぎない上品な味のケーキをププリエいただけるとおもいます。コーヒーも美味しいですよ。ププリエのホームページはないようなので、口コミらんのページはここをクリック
アメリカにいるので、すっかりご無沙汰していますが、店主もお元気かしら。
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-21 13:00 | 季節のまかない

美味しいReuben(ルービン)が食べたくなったら- Carriage House Cafe 

a0190056_2195190.jpg
Reuben Sandwich(ルービンサンドイッチ)といえば、アメリカのカフェやダイナーの定番です。以前紹介したパークダイナーでもルービンサンドイッチを食べる事はできますが、Bo peepのお気に入りのルービンといえば、ここCarriage House cafe(キャレッジハウスカフェ)です。

Cafe自体もUppstateとしてはなかなかお洒落で、以前は一階にピアノが置いてあったのですが(数年前は夜も営業していたのですが、現在は夜は閉店しています)、今はとりはらわれてしまって、以前よりもcafeが広くかんじます。

しかし、週末のブランチは昼近くになるにつれ混雑がみられ、朝一番で行く以外は、席待ちになってしまいます。週末のブランチは朝一番でいくと(9時)、だいたいすぐ席確保できると思うので、待つのが苦手な方はそちらがおすすめです。

左の写真は入口です。下の写真は店内の一部。


a0190056_2591751.jpg

Bo peepの大好きなこの、ルービンサンドイッチですが、世界の料理辞典によると”コーンビーフ、ザウワークラフト、チーズをライ麦パンにはさんで、パン両面を焼いたホットサンドイッチとの事。下の写真がキャレッジハウスカフェのルービンです。053.gif
a0190056_3174823.jpg

日本語ではルーベンとの発音になっていますが、ルービンの方が近い発音かと思います。(ルービンの発音について追加補足がありますここをクリックしてください。)
Bo peepがルービンを注文した際、近くに座っていたお客さんが”ここのルービンは美味しくって有名なのよね~”と話しかけてきた事があるので、やっぱりと思ったLittle bo peep。しかしながら、Big bo peepはいつもSconewich(スコーンウィッチ、下の写真)を注文しています。
a0190056_351182.jpg

コーヒーと食べ物全般は美味しいと思います。駐車場スペースはカフェに隣接してありますが、車3台程の狭いスペースなので、その空きがない場合、路上のメーター駐車使用になります。
a0190056_6322159.jpg
こちらでもcarriage house cafeのルービン記事を

Carriage house cafe 
305 Stewart Ave., Ithaca, NY
607-645-0152 
(今のところ週末ブランチの電話予約は受け付けていないとの事です。)

[PR]
by Upstate11 | 2011-02-18 16:00 | Ithaca NY

春の親善大使 Woodchuck(ウッドチャック)

a0190056_23594591.jpg
まだまだ油断は禁物ですが、なんとなく春めいた日差しを感じる今日この頃。
アメリカでは春の訪れをお祝いするGroundhogDayが2月2日あります。この習慣はペンシルバニア州のドイツ系移民から始まったといわれていますが、ねぼけまなこのGroundhog(グランドハグ=ウッドチャック)を引っ張り出す起こして、春の到来を予測する行事です。

少々おとぼけ顔のグラウンドハグ(日本の読みではホグになっていますが、Bo peepの聞くところではハグに近い音かと思います。)はWoodchuck(ウッドチャック)と呼ばれUpstateではいたるところに出没する野生動物。
a0190056_029077.jpg

Bo peepの住みかは、冬の到来が早く、2008年2009年は初雪が10月に降ったのですが、2010年はなんと11月末まで初雪なしでした037.gif。非常に寒いこの地域で、その寒気が今年はマンハッタンやニューヨークシティにいってしまったのでしょうか????
楽観的な事をいっていると、最後にドカンとすごい寒さと雪がきてしまうのではという不安もありますが、日がながくなって、鳥のさえずりなどを聞くと、もうひと踏ん張りかな~と、春が待ち遠しいBo peepです。


a0190056_0444693.jpg

ウッドチャック(グランドハグ)は、げっ歯類の一種でねずみやビーバーの親戚です。草食系なので、おもに草や野菜、ベリー、農作物等をたべ、タンパク質補給の為か、バッタやカタツムリなども食べるようです。数カ月後にはどこかでその愛嬌のある姿を見る事でしょう。ウッドチャックの説明はここです
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-17 11:00 | 動物

家族の絆 Canada goose

a0190056_0104824.jpg


Canada goose(カナダギース)のひなは英語でGosling(ガスリン)と呼ばれています。

a0190056_224472.jpg

家族愛や、パートナーの絆が強い、カナディアンギースは通常離婚することなく、同じ伴侶で生涯をおえます。

a0190056_1592672.jpg


お父さんもお母さんもなかなか教育熱心です053.gif カナディアンギースのお父さんは一家の大黒柱的存在で、子育てにも貢献します。
a0190056_2425579.jpg


a0190056_325364.jpg

a0190056_329329.jpg

a0190056_3331796.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2011-02-16 16:40 |

イギリスの味をアメリカで Crabtree and Evelyn

a0190056_113444.jpg

英国が大好きなLittle bo Peep。フランス菓子の”お洒落プラスおいしい”という点では、幾分地味で素朴な味のイギリスのお菓子ですが、パッケージのかわいらしさは負けてはいません。
Upstateに住むと、日本への贈り物やおみやげ選びは大変です。(マンハッタンやNY Cityにいると色々選択の余地があるのでしょうが)
なんといっても、日本はお買いもの天国で色々な国の色々な物が買いものできる、便利な国。素敵な物や可愛いものの情報も沢山ありますよね。くわえて、日本独自のおいしい繊細な味の食べ物が、お菓子のみならず沢山ありますしね。包装への気配りも便利で、商売する側から顧客への配慮を感じます。

不便なBo peepのアメリカUpstate生活で、大好きなイギリスの物を購入できるのは幸せな事です。
若かりし頃イギリスにいってから、使用し続けているCrabtree and Evelyn。今は日本にも店舗があるようですが、驚く事にアメリカにもそれなりの店舗数と品ぞろえがあり、お菓子や、香水等ほぼイギリスと同様の品ぞろえを購入できます。

もちろん、マンハッタンには沢山のCrabtreeの店舗(コロンバスサークルやロックフェラーに)がありますが、UpstateもAlbany(オルバニー)、Syracuse(シラキュース)、Rochster(ロチェスター)等、それなりの規模のUpstateの市に店舗があってくれるのです。

そして、65ドル以上お買い物をすると、送料が無料だという点は、アメリカの買えば買うほど手数料、送料が追加されるインターネットショッピングシステムと違っていて、好ましい点。(全部のアメリカのインターネット販売店が、沢山購入した際の送料無料サービスをしないわけではありませんが、Bo peepの経験では、送料および手数料が購入金額に比例している場合が多いです)

顧客の事を考えて沢山買ったお客様にサービスしてくれるという、サービス精神(ちょっとおおげさ)に一票を投じたいのです。
a0190056_1375922.jpg
a0190056_1413696.jpg

左上の写真はレモンキャンディで食べた後の容器も可愛いいので、使用しています。右上の写真はいつ撮ったかわすれたくらい昔、一番最初に訪れた(たしか)Sloane square(スローンスクエア、チェルシー)のCrabtree and Evelyn(クラブトリーアンドエヴリン)です。
近年、ロンドンを訪れた際、時間的に余裕がなく、スローンスクエアーに行けなかったのが今も心残り。

a0190056_4281795.jpg 
サービス精神といえば、商品購入の際、新製品のサンプルをいつもつけてくれる気づかいもUpstateではなかなかみられないので、嬉しいBo peep。イギリスの経済冷え込みはアメリカ以上に強いとイギリスの友人はいいます。(アメリカにいるとアメリカの方がひどいような気がするのですが025.gif)Wedgewoodのような老舗さえ、もちこたえらない昨今。Crabtree and Evelynが大丈夫か心配になりますが、不況時をがんばって乗り越えて素敵な製品を販売し続けて欲しいなと思うのです。
Crabtree and Evelyn  こちらがアメリカサイト
クラブトリー アンド エヴリン   こちらが日本サイト
                 
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-15 16:00 | Bo Peepのおきにいり