ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

子育てに協力 Mourning Dove NO2

a0190056_5163063.jpg
両親からピジョンミルクを与えられすくすくと成長したヒナたちは巣立ちすると通常は自分たちで餌を探す事が多いのですが、時には優しい両親が巣立ち後も、1週間程餌を与えます。
a0190056_5232945.jpg
お母さん~~~お腹すいた。あ、でもお父さんの方が餌をくれるのかな??
a0190056_5261739.jpg
現金に、お母さんが何ももっていないとわかるとお父さんにすりよる、ひなちゃんお父さん~~~~。
(お母さんちょっと唖然)
a0190056_5281948.jpg
お父さんおなかすいたよ~~~。お父さんとなにやら、ひそひそ???
a0190056_5301434.jpg
”お父さんもっと、ちょうだい。””沢山食べただろう。もう十分だよ”とちょっと冷たいお父さん。
a0190056_5332074.jpg
今度はお母さんにねだってみよう。お母さん~~まだ食べたいの。
a0190056_535295.jpg
”お父さんから十分もらったでしょ。この子ったら食い意地はって、だれに似たのかしら”お母さん逃げ腰です。
a0190056_5404074.jpg
う、寂しいもうちょっと食べたいのに、お父さんもお母さんもいってしまった。
a0190056_5442851.jpg
生きていくって厳しいわ生きていく厳しさを学んだひなちゃんでした
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-26 18:14 |

初夏の訪れを感じて

a0190056_11223674.jpg
相変わらず雨の多い日々ですが、日中は25度近くまで気温があがり、雨上がりには窓から虹を見つける事が、しばしば。

アメリカで虹をみるとなぜか思いだすのが、”The Wizard of Oz” ”オズの魔法使い”です。ジュリーアンドリュースが歌う"Over the rainbow"のメロディーが、パブロフ犬の条件反射のように、頭をよぎります。

そしてこの有名な台詞、”There is no place like home" (故郷ほどよい場所はない、これはLittle bo peepの解釈でHomeを家族と訳すか故郷と訳すかでとらえ方が少々違うと思うのですが、ドロシーは孤児だったという観点から故郷、自分の生活の場と解釈しています)というドロシーの台詞も又条件反射で頭の中に
a0190056_11401175.jpg
滝が多いUpstateではこんな虹もよく見ます。
a0190056_11432128.jpg
自然と背中合わせの生活の中で、移り変わる自然の美しさは格別です。
短い春は駆け足ですぎていってしまったようです。
a0190056_114535100.jpg
初夏の渡り鳥、バルチモアオレオも到着しました。
a0190056_11463772.jpg
a0190056_1147215.jpg
マスクラットは巣作りに多忙です。
a0190056_11494115.jpg
a0190056_115099.jpg
おとぼけ顔が愛らしいウッドチャック(グランドハグ)も餌集めに大忙し。
a0190056_7335660.jpg
短い春にさようなら。
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-25 07:00 | 自然

美味しいフレンチトーストCrystal Lake Cafeクリスタルレイクキャフェ  

a0190056_9352113.jpg
時々紹介してきたフィンガーレイク地域。この地域は湖が指のように点在することからつけられた名前ですが、11個の大小の湖がある地域です。

特にCayuga,Seneca,Keyukaの3つの湖はワイナリーが有名で、このクリスタルキャフェはワイナリーに隣接しているCafeで、サービスがよく、よい意味でアメリカの田舎の雰囲気を満喫できるかわいらしいCafeです。
a0190056_10442332.jpg
ワイナリーが隣接してある為、店内にこんな風にワインが展示されていたりします。
a0190056_1044475.jpg
a0190056_1045633.jpg
店内もアメリカ的でHomeyな(きどりすぎないで居心地がよい)感じに好感がもてます。

お天気のよい日はバックヤードを陣取るお客さんが多いのです。ブドウ畑が裏にあり解放感一杯のバックヤードでの食事は気持ちのよいものです。

が、日差しが強すぎたり、2人で配膳をきりもりしているようなので、お天気がよく沢山のお客さんがバックヤードにいってしまったり、観光シーズンでてんやわんやの状態をみると、外まで運ぶ距離がなんだか申し訳なくって、店内でしか食事した事がないBo peepですが、一度はバックヤードでぶどう畑を目にしながらブランチなどしてみたいです^^。
a0190056_1059930.jpg

a0190056_10594155.jpg
ランチメニューにいつもあるとはかぎらないのですが、日曜日のブランチにたびたび登場するこのクリスタルキャフェのフレンチトーストはお気に入りです。

フレンチトーストといえば、誉れ高きパリのLaduree^^が、その評判どおりとてもおいしかったです。こちらのCafeのフレンチトーストも、見た目はLadureeのように洗練されてはいないものの、と~~ても美味しいのです。

Manhattanのバルサザールでフレンチトーストよりもこの田舎のクリスタルCafeのフレンチトーストの方が美味しいと思います。(個人的に見解の差があるので違う意見の方もいると思いますが、)もちろん、Manhattanのバルサザールは大好きで、店内の雰囲気やお気に入りのメニューもありますけれど。

パンが美味しい事、よい素材を使用していてサラダなども生き生きした味わいがこのCafeの人気かな?

残念な事にフレンチトーストの写真がないのですが・・・・・・こちらのベジタブルラップもとても美味しかったです。
a0190056_11552670.jpg
Ladureeのフレンチトーストを懐かしんで写真をのせてみました。
a0190056_1157408.jpg
話は少々脱線しますが、パリで行ったLadureeやその他の場所で、サービスがよく、サービスという点で、アメリカももうちょっとがんばって欲しいな~~と思ったものです。
a0190056_1232787.jpg
ワイナリーのマスコット犬がうろうろしていますが、Cafeの中に入ってくる事はめったにないと思います。(一度だけワイナリーのオーナーがCafeにワインを届けにきたときだけオーナーによりそって入ってきましたが)11歳になっている為、少々お疲れ気味ですが、小さな犬などをみるとなわばりを誇示したり?と、まだまだ現役です^^。
a0190056_1353187.jpg
a0190056_146082.jpg
Ithacaから車で20分程度でしょうか、以前紹介した小さな街トゥルーマンズバーグから5分程です。時間帯が季節によって変更になるようですので、ホームページ等で確認する方がよいと思います

クリスタルレイクキャフェ
住所 4367 East Covert Road
Interlaken, New York 14847
Café 607.387.6804
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-24 17:00 | Upstate NY

子育てに協力 Mourning Dove(モーニングダブ)

a0190056_7562539.jpg
春になると森のどこからか優しげな悲しげな声が聞こえてきますが、その声の主はMourning doveです。目をとじるのをしばしば目撃しますが、目のまわりがきれいな水色なのが特徴的です。
a0190056_7592733.jpg
オスとメスが仲良くよちよち歩きまわっているのをみかけます。
オスは巣作り子育てにとても協力的な良夫賢父です。
a0190056_841741.jpg
a0190056_844876.jpg
鳥の種類によりますが、知っている限り一般的にメスが巣作りや子育て(卵をあたためる)を担当し、孵化後、ひなに餌をはこぶのがオスの仕事の鳥が多い中、モーニングダブのオスは巣作りから子育てまでメスに協力的な鳥です。
a0190056_8292887.jpg
オスが巣に最適な場所をみつけ、材料をはこびメスとともに巣をつくります。
そして交代で卵をあたためます。これがなかなか緻密なスケジュールで、オスが朝から夕方まで卵をあたためるとメスがきて交代します。朝は8時半から10時半の間、夕方は4時半から5時半に一度づつ役割交代をするようですが、Bo peepの観察中はお父さんかお母さんが居座っていて、巣の中を見る事はできませんでした。
a0190056_8452459.jpg
孵化した後のひなをちょっと拝見させていただきました。不思議そうにみつめる目がかわいい
a0190056_8463339.jpg
この鳥さんの他とちょっと違う点は孵化したひなに最初は餌をあげず、”Pigeon milk”と呼ばれる体内でつくられるミルクに似た白っぽい液体をひなにあげる事なのです。
a0190056_852851.jpg

Mourning Dove2に続く
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-22 20:00 |

Buttermilk Falls を堪能

a0190056_4541776.jpg
Upstateで素敵な事は、自然が普通の生活に隣接している為、その美しさを満喫できる事です。ハイキング等が嫌いな人には興味のない記事になるかと思いますが、NY州は滝が豊富で特にこのフィンガーレイクと呼ばれているあたりは色々な滝が点在し、州立公園のハイキングはLittle bo peepのお気に入りでもあります。
a0190056_5364495.jpg
ハイキングコースは5種類程ありますが、今回はBear Trailと呼ばれている片道3/4マイルを往復しました。
a0190056_540513.jpg
a0190056_5403096.jpg
渓流にそってコースがあるので水量が多いと水しぶきと渓流の音がすごいですが、そこが又大自然を満喫している実感^^。最初のうちの傾斜はまあまあですが、途中からかなり傾斜がきつくなるので、高所恐怖症の人は降りてくる事ができないかもしれないので、その点要注意です!!!
a0190056_546165.jpg
a0190056_5464477.jpg
一部非常に傾斜が急な所があります。このあたりから少々へばり気味の方々を追い越して、次。
a0190056_55024100.jpg

a0190056_5541269.jpg
a0190056_554355.jpg
今年は多雨で長い間この道が閉鎖になっていたようで、道が浸水気味だったり、渓流からの水で滑りやすくなっていました。渓流のすぐ横をを歩く事ができる事が醍醐味ですが、足元は滑りやすい状態ですので十分気をつけなければいけません。
a0190056_624096.jpg

a0190056_655543.jpg

a0190056_671061.jpg
a0190056_692530.jpg

a0190056_610041.jpg
写真ではパワフルな渓流の流れをお見せできず残念ですが、途中展望台があって滝を見下ろす事もできたりと大自然を堪能できる(登るのがいやでなければ)お勧めの場所です。
以前、違う州立公園タカハナックを紹介いたしましたが、タカハナック公園の方が滝への道が平坦で歩きやす道です。

このバターミルクのコースは渓流とともに公園の上にある湖にも連結し、更にフィンガーレイクのハイキングコースという極めて上級者のコースにもつながっているなかなか挑戦度のあるコースです。

入り口近くにコースの地図がありますが、配布されているパンフレットの距離と違う数字が???一部かかれているのですが、とりあえず概略は把握できるかと思いのせてみました。
a0190056_6354297.jpg
そしておおよその地図ですが前回紹介したタカハナック州立公園と今回のバターミルク公園を表示してみました。2つの公園はおよそ11マイルほど離れています。
a0190056_652297.jpg


Park address:N.Y.S Route 13, Ithaca NY 14850
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-21 19:00 | Ithaca NY

雨の日々

a0190056_1511128.jpg
アメリカに住み始めて感じた事は(すくなくとも)NY州は日本よりも乾燥しているという事でしたが、今年は事情が違って、連日の雨。湿度も室内で57%とこの時期にしては加湿。(日本はもっと湿度が高いでしょうけれど)
a0190056_15533100.jpg
a0190056_157869.jpg
本来ならば地面があるはずのところが水浸し。
a0190056_159382.jpg
カナディアンギースのお母さんも巣が浸水しそうで連日心配そうです。
a0190056_214646.jpg
そんな中かめさんの家族は元気そう^^。
a0190056_235327.jpg
こちらの方などはセントパトリックアイリッシュデーはとっくに終了したにもかかわらず緑のネックレスなどしておしゃれしています。
a0190056_2193871.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2011-05-19 01:31 | 自然

Lunch at The Mansion Esperanza エスぺランゼで昼食を

a0190056_5493488.jpg
フィンガーレイクは結婚式シーズンになるとこのようなマンションが式場として使用されます^^。こちらのマンションは1838年にたてられKeuka Lake(キューカ湖)に面しています。混雑が嫌いな為、早めの季節の訪問でおまけに天気が悪かった事で、湖の色がさみしいのですが、それでも十分に美しい景色でした。
a0190056_9474932.jpg
お天気がよい日はもっと美しいのでしょうね(下の写真はホームページよりお借りしました)
a0190056_9513699.jpg
フィンガーレイクの中でもKeuka Lakeは評判のワイナリーが数件ある事や美しい丘陵景色と湖がある為、結婚式会場やリゾート地としてそれなりのにぎわいをみせる場所です。天候が悪くレストランはすいていると思いきや、帰る頃には満席で違う素敵なお部屋もレストランとして団体客に開放されていて驚きました。
a0190056_103694.jpg
マンションの入り口は普通のホテルやモーテルっぽく”え?これが素敵なの?”と思われたり、建物自体の老朽化はやや否めませんが、内装はきちんと管理されとても素敵だと思います。(この古い建物を維持するのもお金がかかるだろな~~と)。ランチもお手頃価格かと思います。この日はフレンチオニオンスープとルービンをいただきました。Little bo peepの中で一番のルービンはやはりここですが、こちらも美味しかったです。
a0190056_1074718.jpg
相変わらずのすごいボリュームでしたが、ちゃんと完食できる胃袋の私達^^。
a0190056_10143492.jpg

a0190056_1213557.jpg
宿泊をした事はないので、ホテルとしていいか悪いかはわからないのですが、(宿泊客の意見は賛否両論のようです)昼食をたべながら美しい景色とマンションを見学するにはお勧めです。
(でも観光シーズンはすごい混雑するのだろうな~~~)

フィンガーレイクの地図をのせてみました。The Mansion Esperanza は赤丸に位置します。
Ithacaからは約1時間15分、Syracuseからは1時間半ほどでRochesterrからも同様の運転時間になると思います。(もちろん速度や道路状況にもよりますが)

SyracuseやRochesterから距離的には遠いのですが、大きな高速道路がある場合運転スピードが65マイルだせる為、遠くても時間的にはやい場合があり、Ithacaは以前も紹介したように、主要高速道路に面していない街なので、よい景色をみながらゆっくり運転できるよさはあるものの、距離のわりに時間がかかる場合が多いです。
a0190056_1594138.jpg

a0190056_254890.jpg道路からの入り口が分かりにくいかもしれないのですが、このような看板がきちんとありますし、手前でもう少しでマンションの入り口ですという看板があります。
The Mansion Esperanza ホームページです
3456 Route 54A
Bluff Point, NY 14478
1-866-927-4400
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-18 17:50 | Upstate NY

Chateau Lafayette ReneauフィンガーレイクワイナリーNO2

a0190056_0132418.jpg
少々掘立小屋っぽい 素朴なかんじはいなめませんが、フィンガーレイクといわれる地域はワインづくりをがんばっています。以前に紹介したビストロRed newtsも独自のワインをつくっています。

Little bo peepもBig bo peepもどちらかというと、ビール党ですが^^、アメリカの知人友人はワインは飲むけど、ビールは飲まない派が多いので、少しはUpstate NYワインを知ってUpstateの景気に貢献しようと訪問したワイナリーChateau Lafayette Reneau。こちらのワイナリーは食事する場所がなくワインのテイスティングと販売のみでした。

今回Little bo peepは運転手で、お酒の強いBig bo peepにワインの味見役です。

テイスティング方法や料金体系は各ワイナリーによって違うようですが、Chateau Lafayette Reneauでは店内カウンターで興味のあるワイン名をつげ、グラスにちょっとづついれてもらい試し飲みした後、手前のボールにチップを入れるという方式でした。2種類ほどですと1ドルから2ドル3,4種類ほど試して、みなさん2ドルから3ドルをチップで渡していたようです。

Big bo peepは3種類だけテイスティングをしてみました。

数年前に行ったワイナリーSheldrake Pointではすでに料金、ワインの種類ともワイナリーの方できめていて、確か一人4ドル程度で(随分昔でもしかすると5ドルかも?)4,5種類のワインを注いでくれた記憶があります。(ワイナリー名をクリックするとホームページにいきますが、料金提示がないようなので変更したかもしれません。)こちらのワイナリーは美味しいと評判のビストロもあります。
a0190056_0525277.jpg
上の写真はSheldrakepointのテイスティングカウンターです。

さて、ワイナリーのあるフィンガーレイクはIthacaが今まで紹介した場所でフィンガーレイクに一番近い為、Ithacaを根拠地としてフィンガーレイク地図を書いてみました。そして、今まで紹介した地域のおおまかな距離や地理を把握していただける地図はこちらをクリックしてください。
a0190056_8514996.jpg
フィンガーレイク地域は湖が指のような配列の為、この地域をフィンガーレイクと呼ぶようです。大小含めると80件近くのワイナリーがあるとの事で、かなりの数です。

今回のChateau LafaytteはSeneca Lake(セネカレイク)のHector(ヘクター)という紫字でかかれた街の下に小さな赤丸が2つあり、下側の赤丸がChateau Lafaytteです。Ithacaからですと車で約35分程度でしょうか。そして前回紹介したワイナリーRed newtがその上の赤丸です。
今回購入してみたものは
a0190056_23394257.jpg
ちょっと酸味がきつめですがBig bo peepがお好きなようです^^。色がとてもきれいで楽しめました。
a0190056_23425014.jpg
いつものナイアガラ。とても甘いのですが後をひくような甘さではなく、なんといってもかおりが素敵なのです。”ナイアガラ”という種類のぶどうについて本屋で調べてみると、1872年にアメリカのNY州でみつけられたまさしく地元のブドウです。
a0190056_23504189.jpg
前回食事だけだったので今回はビストロに行ったついでこちらのワインを購入してみました。(こちらはRed newtsのワインです)思ったよりスムーズな味わい。ワインはよくわからないのですが、どんなお料理にもあいそうなワインでした^^。

a0190056_23564767.jpg
a0190056_2357219.jpg
a0190056_005781.jpg
ワイナリーの裏にはぶどう畑が広がり店内には沢山のメダルが飾られていました。お天気がよくなかったにもかかわらず、お客さんの出入りが想像以上にあって景気が悪くなさそうだったのでちょっと安心しました。

フランス系アメリカ人の方が経営しているというこのワイナリーのホームページはこちら

追記 日本でナイアガラのぶどうについて調べてみるとこちらのサイトみつけました。やっぱり!!かおりがすごくいいのですね~~~。とにかく、ワインとして美味しいというのではないかもしれないのですが、このかおりに魅了されてしまうLittle bo peepなのです。
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-16 10:00 | Upstate NY

紹介してきたUpstateの街々と地図

a0190056_2355624.jpg
(なんちゃって地図がみずらく申し訳ないのですが,地図上をクリックすると少々はっきりします)今まで登場したUpstateの市はManhattanからどれくらい離れているか言葉では説明したと思うのですが、なかなか言葉だけではイメージしにくいかもしれないので、地図上で説明を。

アルファベット順にAlbany(以前の記事はこちらです)は、距離でいうと約156マイル(251キロ)で、アムトラックという列車がManhattanのペンステーションからでています。その列車を使用すると最短で2時間半です。(スケジュールが変更したり遅れたりという文句も聞きます)

次にBinghamton(以前の記事はこちらです)は、Manhattanからの距離は約176マイル(283.36キロ)で、ポートオーソリティというManhattanの駅からバスで約3時間半です。(道路状況にもよります)

そしてSyracuse(以前の記事はこちらです)は、Manhattanからの距離は約250マイル(402キロ)でバスや列車もありますが、時間がかなりかかる為、例として飛行機をとりあげてみると、JFKからですとSyracuseの空港まで約1時間15分です。(JFK空港にいくにはManhattanのペンステーションから電車の使用かグランドセントラル駅からJFKへのバス利用と空港への移動に更に時間はかかります。アメリカ国内線は航空会社によってはよくフライト時間が変更になったり遅れたりもしますので、すべて順調にいった場合の想定時間です)

そしてIthaca(以前の記事はこちらです)はManhattaからですと約231マイル(372キロ)程度ですが、他の3つの市に比較して小さな為、主要高速道路に面した街ではない事で、公共交通機関は便利とはいえません。

田舎にもかかわらず比較的な規模の飛行場はありますが、NYCITYからですと料金が高く、一般的ではなく、バスですとManhattanポートオーソリティから5時間程度(Binghamtonで休憩時間がある事、交通状態によっては6時間ほどかかる時もあります)でしょうか。

陸の孤島といった交通状態ですが、アメリカは車社会なので、各自で運転するという傾向が普通で(特にUpstateでは)ManhattanはNY州のみならず、アメリカ全体でも、めずらしいほど公共交通網が便利な所だと個人的に思います。

参考までにそれぞれ紹介した市からIthacaまで車でのおおよその走行時間を記載していました。
車移動 Albany→Ithaca約3.5時間  Binghamton→Ithaca約1・25時間 Syracuse→Ithaca約1.5時間(スピードや交通状態で時間はことなります
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-16 09:30 | Upstate NY

PoshなレストランThe Heights cafe  Ithaca(エシィカ)

a0190056_1102080.jpg
エシィカはアイビリーグのコーネル大学がある事と、滝が沢山ある事、フィンガーレイク地域で美しい湖に面している事で有名な地です。Ithaca is gorgeという車のステッカーを時々見かけますが、これはIthaca is gorgeousをかけた意味です。

以前紹介したCarriage House cafeGimme coffeeもIthacaのCafeです。そして、エシィカの老舗レストランといえば、The Heights cafe(ハイツキャフェ)。お値段は少々高めですが、上品な店内とお店の方達はプロ意識が強く、料理は個人的に値段の程ではとも思う料理もあったのですが、特別な機会や友人知人を連れていく際にはよいレストランかなと思います。
a0190056_1351364.jpg
この日のお料理はあたり!でした。
a0190056_1552375.jpg
a0190056_1554729.jpg
お料理はアジアとアメリカのフュージョン系のお料理なので、時々ん?と思うような組み合わせもあったりしたのですが、この日のサーモンとリゾットの組み合わせはとてもおいしゅうございました。
a0190056_211627.jpg
この写真はお店のホームページよりおかりしていますが(http://www.heightscafe.com/)店内に入るとこのバーが目前にあります^^。知人によるとカクテルもなかなかいけているとの事でした。

そして、なんちゃって地図(ちょっとにじみ気味ですみません)でのIthacaはこのあたりです。Manhattanから約228マイル(367キロ)程離れています。
a0190056_2194058.jpg
The Heights Cafe
903 Hanshaw Road # 19 Ithaca, NY 14850-1530
(607) 257-4144
[PR]
by Upstate11 | 2011-05-12 02:00 | Ithaca NY