ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2012年最終日に思う事

a0190056_15451852.jpg
クリスマスにやさしく降った白い雪は、勢いがついたのか、その後やむことなく、アップステートに冬景色をいろどりました。昨日ようやく、なまり色の空に青い晴れ間をみ、窓越しのつららに厳しい冬の始まりを実感。
a0190056_15501711.jpg
街も
a0190056_15551810.jpg
公園も雪でおおわれて
a0190056_1556531.jpg
北国ならではの空気の透明感が気持ち良く感じた一日でした。
a0190056_534195.jpg

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

今年は秋の訪れが早く11月にはマイナス7度まで気温が下がる日々が続き、冬が早いのでは?と思ったのですが、予想外に雪がなく暖かい12月となりました。森のビーバーも、11月はじめ早速ビーバーロッジを建設
a0190056_10444065.jpg
予想外に12月はクリスマスまで雪なしで↓
a0190056_10465087.jpg
クリスマスにさらっと雪が覆いかぶさり↓
a0190056_10484631.jpg
今年の最終日は雪に覆われました↓
a0190056_10504174.jpg
冬に水面が凍ってしまう為、赤キツネやコヨーテの標的になってしまうビーバーはこのロッジによって守られ、子育てをロッジの中でします。
こちら↓はBBCの番組でビーバーのおうち拝見^^。



♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

季節によって食べたい料理が変化するように、聞きたい音楽も変化する私ですが、秋はシューベルト、雪が降るとなんとなく音楽だけ北欧志向?になるのか、シベリウスになります。年末に聞く曲は色々あるのですが、今年は祖父が好きだったチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトが心情的にぴったりとして車の運転中に料理をしながら聞いています。



ヴァイオリン二ストはヴァイオリンの神の異名もあるハイフィッツを。アメリカではミスがない事から、ヴァイオリン界のベーブルースの異名?があるとの事ですが、野球に詳しくない私にはぴんとこないネーミングです。
↑ベーブルースではなくジョーディマジオ(元マリリンモンローのご主人)の間違い
a0190056_1257587.jpg
↑行きつけのキャフェからみる最終日の街景色

経済的にも政治的にも問題が山積みのアメリカ。今年はアメリカ大統領選もあり、国民健康保険が最高裁で憲法的に勝訴した事、2012年の最終日の今日、ブッシュ大統領時代に変更された裕福層への税金率カットが撤回された事(オバマ大統領提案の$250,000以上は通過せず$400,000以上の収入層のようですが)は2012年の大きな変化。

キャリフォル二ア州の赤字は年々深刻化していますが、他人事ではなくニューヨーク州の赤字も深刻です。その為、老朽化している高速道路や橋の修理が延期されている事はとても心配です。
a0190056_136754.jpg
ふりかえると個人的にも色々な事があった2012年。ブログは良い所、楽しい時を切り取って綴る事を心がけてきました。日本より半日遅れで新年を迎えるアメリカです。

2012年つたないブログのお付き合いありがとうございました。2013年が皆さまにとりまして、幸せ多き年となります事心よりお祈り申し上げます
a0190056_13165422.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2012-12-31 23:30 | ごあいさつ

To Rome with love, Moonrise kingdom (2012年夏に映画館で観た映画)

a0190056_12402778.jpg
夏にみたウッディアレンの”To Rome with love”は個人的には楽しく観賞した映画なのですが、批評は悪かった映画。うちのだんなさんも”なんかな~”という感じでした。内容的に少々”はちゃめちゃ”という感を持ちましたが、オペラ場面ではかなり笑えたのが自分としては高得点。(オペラファンの中にはオペラを笑いに使用して不謹慎という見方もあったりと汗)

オペラ好きのウッディアレン(監督)だけあって、映画の中にオペラをしっかり組み込んでいます。上の写真アリア特集のCDは、オペラを理解していない私でもお気に入りの一枚。特に” Pagliacci[paʎˈʎattʃi] ”道化師”のアリアvesti la giubbaが好きで、映画の中でも効果的に使用されています。vesti la giubbaのアリアはオペラ歌手の方が色々歌っていますがEnrico Carusoエンリコカルーソが好きです。



古い録音で音質はよくないのですが、こちらに道化師のアリア(カルーソ)があったので興味のある方はどうぞ



そして、チャーミングだった映画"Moonrise Kingdom"
a0190056_1471946.jpg
監督は映像がきれいな事で有名なようですが、アメリカ的な色彩とユーモア?自然が美しく描かれていて、話の内容というよりも映像が好きな映画です。主演男の子の舌たらず?気味な英語が主人公にぴったり。

内容の詳細を考えると部分的に疑問点はあるのですが(子供に怪我をさせたり家出をしたりと、解釈によっては少々乱暴な気もしたのですが)、音楽や映像は文句なしに◎の映画でした。アメリカ的インテリアを垣間見て、服装が可愛らしいのも楽しめる上に豪華な役者さん勢ぞろいです。

映画のホームページもなかなか洒落ています。
(大好きな地図が使用されていて個人的に高感度大)
a0190056_14374563.jpg
懐かしのこの曲Françoise Hardy "Le Temps de l'Amour"も効果的に映画に使用されていたように思います。



日本では2013年の2月頃に公開予定のようですね。

[PR]
by Upstate11 | 2012-12-30 23:55 | 映画

クリスマス 2012年

a0190056_4191673.jpg
今年も数えるばかりとなり、年の瀬をしみじみ感じる今日この頃。

24日はランチを友人とピッツアリアのポケットピザで”メリークリスマス”を。夜は教会のMidnight mass(教会のミサ)に出席。クリスチャンではなく、イースター、クリスマス、ニューイヤーと年数回のミサ出席の為、順序を忘れ気味で少々ぎこちなく立ったり座ったり復唱する私でしたが、平和を祈り、出席者の方々と”Peace"と言い合い握手してきました。

美しいオルガンの音色と讃美歌にミサの間は神聖な気持ちになったのですが、教会の駐車場の混雑がショッピングモール並みで駐車スペースの使い方に気配りがなく(主人によると日曜日は十二分に駐車場スペースは有るとの事なので、私のみならず偽物クリスチャンの方が気配りのない駐車だったのかもしれませんが)少々残念に思いました。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

クリスマス朝、さらっと降った粉雪は木々に美しい白色化粧をほどこす程度。自然からのクリスマスプレゼントを窓辺でしばし観賞。

夜は主人とささやかにクリスマスの食卓を囲みました。特に凝った料理もなく、大変だったのは、クリスマスケーキ作成”ブッシュドノエルもどき”。
今年の2月以来一度も作っていないロールケーキを焼いた為、オーブンをあけるまでどきどき。

飾りのトナカイ、ひいらぎ等なく、フルーツの飾りもない寂しい外観でしたが、味はほぼ思ったとおりに出来た為、嬉しく自分で沢山食べてしまい、もう一度作ってと言われていますが、いつの事になるやら・・・・・。
a0190056_4164496.jpg
大昔、札幌の”ルパ二エ”のダークチェリーチョコレートケーキが絶品でした。生地はあまさがひかえめ、軽めのチョコスポンジにチェリーの甘酸っぱさと洋酒風味のクリームがなんともいえないケーキでした。

チキンは小さめHenがなかった為、オーガニック丸鶏の小さめを塩、ハーブとレモンで。小さなポテトとニンジンも一緒にオーブンに入れて。丸ごとの鶏は何度も焼いているので、だいたいのこつはつかんでいるつもり。サラダは自家製の二種類のドレッシングでいただく事にして、酢の物とクリスマスカラー野菜のエビピラフとバゲットという簡単料理です。

家庭料理のよさは、デザートに卵を沢山つかっているなら、卵料理をひかえ野菜やその他の食材使用で栄養のバランスを考える事ができ年齢をかさねると特に健康的な食生活への貢献度がある事と常々思っています。

外食は雰囲気を楽しんだり、プロの方の自分で作れない料理や盛り付け等学ぶ所や楽しむ所も沢山ありますが、反面野菜不足でタンパク質過多の食事になりがち。お財布のみならず体にも優しい家庭料理のよさ,
大切さを忘れないようにしなければと。

特にアメリカンな食べ物を楽しんだ後は↓
a0190056_6263581.jpg
一年ぶりのピザ~~。非常に美味しく、でも食べきれずお持ち帰り。主人によいお土産と思ったらばっさり”いらない”といわれてしまいました。
主人は職場、集まりといつでもどこでもピザのアメリカに少々飽きたと←よくわかるような

一年前一緒にピザを食べたのは実家の父と日本の宅配ピザ^^。ピザ好きの父は一人では大きすぎるピザを私と一緒ならば食べきれると楽しみにしていたようです。洋食好きな父の為、母はピザを生地から作っていました。毎日台所に立ち、コンビニのお弁当や出前、外食をあまりしない事を自慢とする父ですが、親子でもの嗜好の違いには常々驚いています。

アメリカはシカゴ風ピザとニューヨーク風ピザが有名ですが、シカゴ風は生地が厚目でニューヨークは薄めのクリスプ(かりかり)生地が特徴的です。
a0190056_127664.jpg
昨晩から本格的な雪のはじまり。今朝はかなりの積雪量でしたが、札幌を思うとまだまだ序の口。こころもち日が沈む時間が遅くなった気はするものの、厳しい季節はこれからかと気が引き締まるような吹雪の朝でした。
[PR]
by Upstate11 | 2012-12-27 22:30 | 季節のまかない

サンタさんが日本から

a0190056_7345452.jpg
先週末、一足早く日本のサンタさんがアメリカに”かりんとう、日本の美味しいお茶、美味しいクッキー、日本のハンカチ”を届けてくれました。京都あめんぼう堂さんのかりんとう、わさび味がめずらしく、大変美味。他の味もしつこさのない上品な甘さに、日本の味を堪能しました。
a0190056_7351262.jpg
福岡の八女茶も早速かりんとうと一緒にいただきました。
緑茶の色とかおりに心がなごみます。
名古屋、地粉かりんとう。封を開けていませんが、これからのお楽しみ。
a0190056_7401852.jpg
そして、神戸の美味しいクッキーつまがりも。ほどよい甘さとさくさく感はアメリカのクッキーでは味わえない醍醐味。
小さなぼうやと仕事と多忙な中(+良き妻も)、素敵なクリスマスカードとともに日本の味と気持ちを届けてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。
いつもありがとう。
[PR]
by Upstate11 | 2012-12-24 18:30 | Bo Peepのひとりごと

大自然を満喫できる街エシィカNO2 Ithaca

a0190056_8282136.jpg
アメリカの自然といえば、ヨセミテ国立公園やグランドキャニオン等を思い浮かべる方が大半かと思います。NY州はどうしてもマンハッタンが州のイメージに直結しやすいのですが、自然の豊かさは他州に負けずおとらず。

特にニューヨーク州立公園”アドランダック”は、アメリカ国内の州立公園として一番大きい6.1 million acres の規模で、そのサイズはイェローストーン、ヨセミテ、グランドキャニオン、グレートスモーキーマウンテン等を合わせた土地面積を持つ公園です。

エシィカはアドランダック公園ほど大きくはありませんが、州立公園が3つもある上に、世界でもトップクラスの野鳥研究所があります。自然が豊かな為、相当数の野鳥を観察する事も可能な場所です。

エシィカの冬は湖が凍りつきワカサギ?釣りや、スケートをする人々も(暖冬の年は氷がとけるようでこわいのですが)白鳥も渡り鳥としてやってきます。
a0190056_4325395.jpg

a0190056_9412294.jpg
滝と渓流、坂やがけっぷちが多いエシィカ↓
a0190056_9342627.jpg
一時は絶滅寸前だったアメリカ原産ウッドダックも頻繁に観察する事ができる地です↓
a0190056_93942.jpg
大雑把なエシィカ図↓
a0190056_13504584.jpg
以前宿泊先等を紹介しましたが、レストランやダウンタウンの様子も。 

  ********************************

図上での大文字アルファベット説明
A Taughannock Farm Inn 
B Glenwood Pines Restaurant
C Downtown Ithaca
D Itaca Fall
E Cornell University
F Carriage House Cafe

B Glenwood Pines Restaurant
a0190056_3452346.jpg
エシィカと隣町のトルーマンズバーグの間に位置するタカハナック州立公園から近く、公園内のハイキングコースを楽しんだ後、アメリカンな料理を楽しむにはこのレストランがお薦めです。ハイキングした後のカジュアルの服装や少々疲れたり靴が汚れている事を気にすることなく入店できる庶民的なお店ですが、料金も良心的で接客もよい方だと思います。

こちらのお店はハンバーグが有名で、個人的なお薦めはベジタリアンパインズバーガーを1000(サウザン)アイランドドレッシングでいただくメニュー5.75ドル(2012年現在)。お腹がぺこぺこな時はサイドディッシュとしてほこほこのべイクドポテト2.95ドル↑左写真(2012年現在)も注文しますが、こちらは17時以降なので、お昼の場合はポテトサラダにします↓。

アメリカの甘すぎるデザートが苦手な私ですが、こちらのキャロットケーキは大好きです。ただし、個人的にアイシングは甘すぎて苦手な事と不思議なほど鮮やかな飾り付けの色におじけづいて(着色料好きなアメリカでは普通だと思うのですが)外側は残してしまうのですが・・・・。右下写真↑
a0190056_495015.jpg
夏と秋の週末のお昼は込み合いやすい為、そ の時期はお昼時より少々早めに入店する方が落ち着いた席を入手できると思います。
1213 Taughannock Blvd
Ithaca, NY 14850 (隣接している駐車場は広い為、よほどの混雑がない限り心配なし)(607) 273-3709

C Downtown Ithaca(ダウンタウンはコモン<ズ>と呼ばれています)
a0190056_4394597.jpg
ショッピングモールを中心に人の流れが滞りがちなアップステートですが、ダウンタウンにも人の流れを、という意図で”Shop, Dine, Play - Downtown Ithaca”のキャッチフレーズ。アイビーリーグのコーネルとエシィカカレッジがある大学街である為、ある意味もう少々ダウンタウンに人の流れがあってもよさそうな気もしますが、店舗の入れ替わりはあるにしろ、レストランや映画館、野鳥の本の種類も比較的豊富な図書館もあり、アップステートの街としては活気がある方だと思います。

ダウンタウンの老舗といえば、Simeon's on the Commons
閉店しています(2015)↑
a0190056_962513.jpg
a0190056_963818.jpg
雰囲気がよく、オーナーが変更する前はアップステートで一番好きなオニオンスープをいただけるレストランだったのですが(あくまでも自分の見解です)、季節によってメニューの変更があり、訪問の際かならずしも好きなメニューを選択できなかったり、美味しい時と美味しくない時の差が大きい印象。
a0190056_9255671.jpg
雰囲気や接客はよいと思うのですが、行くたびに味やメニューが変わるので個人的に評価しずらい感があるレストランです。
224 E State St
Ithaca, NY 14850 コモン裏の市の駐車場、或いはメーター路上および路上駐車(607) 272-2212

以前はこちらの駐車場は一時間無料でしたが、現在は有料となりました。(現在は1時間1ドルで、今後変更もあり得ると思いますのでダウンタウンのホームページを参考に)

個人的に図書館の向かえの駐車場は込み合っている上に、コーナーのスペースが十分ではない為、もし駐車技術に不安がある方は、少々コモンには歩く事になりますが(4分ほど)図書館の隣が駐車しやすいと思います。(S Cayuga Stに出入り口がある立体駐車場が図書館隣にあります。)
コモン裏にある立駐車場Green st(図書館の向い)の写真↓
a0190056_9334731.jpg
ダウンタウンに近いDewitt(ドュウィット)モールは古本屋やムースウッドというレストランが有名な建物です。地下の小さなキャフェドュゥイットは2時半位までしか営業していませんが、オムレツやちょっと変わり種のメニューがあったりと、エシィカでは人気のキャフェです。
215 N Cayuga St
Ithaca, NY 14850
(607) 273-3473
a0190056_1140205.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2012-12-22 22:00 | Ithaca NY

フィナンシェパティスリーFinancier Patisserie      グランドセントラル駅

a0190056_3174528.jpg
↑フィナンシェパティスリーのフィナンシェ
漆の皿は4年程前に日本の友人からいただいた皿。左のウェッジウッドは20年以上昔に購入した紅茶茶碗。

何度かこちらのブログでも紹介しているFinancier Patisserie。良心的な料金とバランスのとれた味で今や沢山の店舗をもつ甘味処となりました。ここでのお気に入りは、フィナンシェ。(英語読み)マドリン(マドレーヌ)よりもフィナンシェが個人的には美味しいと思います。小さなフィナンシェの箱入りは数日日持ちもする為、日本にも美味しいフィナンシェのお店が沢山あると思いますが、旅行者のお土産にも便利かと。
a0190056_120165.jpg
利便性が良い事で、いつもグランドセントラル駅の店舗を使用するのですが、私が訪問する時はいつも混雑しています。↑(持ち帰りのみ

先日、主人にお土産でお願いしたところ、その日の夕方はミニフィナンシェが一箱しかなかったとの事。確実に購入したい場合はウエッブサイトで取り置きをして店舗に取りに来る方が確実と言われたそうです。アメリカなので、取り置き数を間違えたり、取り置き店舗を間違えそうな気がして試した事はないのですが、そうゆう方法もあったのだと知りました。
a0190056_12562378.jpg
グランドセントラル駅はそれほど複雑ではないのですが、旅行者の方には各店舗の位置が少々わかりづらいかもしれません。42nd Street Passage 側にあるFinancier Patisserieですが、一応こちらに2012年現在の地図があるようなので、リンクしておきます。フィナンシェパティスリーのグランドセントラル駅でのホームページはこちらです。
自分の好みとしては、この大きさが食べやすく、美味しい為、ついつい食べ過ぎてしまいます
(写真はホームページよりおかりしました)
a0190056_1352685.jpg
     
[PR]
by Upstate11 | 2012-12-20 23:15 | 時々よそへ(NY CITY)

豪華なロシアの雰囲気を プーシキン (閉店)

a0190056_6151281.jpg
アメリカの知人からパリに行ったら是非プーシキンのスウィートをと勧められたのですが、マンハッタンにもプーシキンの支店が開店。少々以前の訪問ですが、どうにか年内に訪問した際の感想を。

サービスに賛否両論があるレストランのようですが、訪問した際、料理の配膳がゆっくり目かしらと思っていたら、”料理が遅れたお詫び”とマカロンを持ってきてくれる心遣いがありました。席の座り具合の確認やジャケットを脱いだ際、クロークでお預かりしますと、細やかな気配りがあり(一番上写真、懐中時計がクロークのお預かりと洒落た演出)二重丸。
a0190056_61655.jpg
プレシアターメニューは、3コースで35ドルとマンハッタンのロシア料理としてはかなりお買い得感がある価格設定。照明が薄暗く、料理の写真写りが悪く申し訳ないのですが、Borsch(ビーツのスープ日本語でボルシチ)、Beef Stroganoff (ビーフストロガノフ)、デザートを選択しました。デザートの繊細な飾り付けと味は、アメリカ流と違ったおいしさ。ロシア料理をめったに作らないので、プロのロシア料理堪能いたしました。

そして、インテリアの豪華さがロシア的な印象を受けました。
↓の写真はホームページよりおかりしました。
ホームページをあけて気づいたのですが、現在お休み中で2013年に再度開店のようです。
a0190056_6173312.jpg
a0190056_6175362.jpg
a0190056_6181456.jpg
個人的にはスープとストロガノフ、二皿は量があった為、デザートの事も考えて7時半以降は二皿は少々胃に重いかしらとも思いました。
(注あくまでも個人的な意見で、プレシアターメニューは7時前に終了します

まだ一度のみの訪問ですが、雰囲気、料理、価格設定に満足のいくレストランでした。お洒落なメニューが店頭に↓
a0190056_13554874.jpg
Brasserie Pushkin
41 W 57th St
(between Avenue Of The Americas & 5th Ave)
New York, NY 10019
[PR]
by Upstate11 | 2012-12-19 23:55 | マンハッタンレストラン

アップステートのチャーミングな街Rhinebeck in Christmas NO1

a0190056_818617.jpg
↑アメリカで一番古いインの待合室にあるクリスマスツリー
ニューヨークといえば、ニューヨーク州というよりもニューヨークシティ(マンハッタンを含むブルックリン、ブロンクス等ナド)の印象が日本を含めて海外では強いのですが、場所によってはアップステートニューヨークに史跡が残っていたり歴史的に重要な建築物が多い地域というのも存在します。

ラインベックにあるイン(宿泊施設)は、使用しているインとしてアメリカで一番古い施設として有名です。そして、この小さな街Rhinebeck(ラインベック)はクリントン元大統領のお嬢さんチェルシークリントンの挙式場所として数年前に脚光を浴びた為、記憶に残っている方もいるでしょう。
a0190056_8332745.jpg
古くはオランダの植民地だったアメリカは、イギリス統治後独立しました。もともと13州から始まったこの国ですが、歴史の古い地域にはオランダ文化の名残と思われる地名や教会があり、ラインベックも古くはオランダの入植から始まった地。このインは1766年からと始まった言われています。
a0190056_917096.jpg
Beekman Arms & Delamater Inn
6387  Mill Street Rhinebeck, NY 12572

夕方の写真がなく残念ですが、灯りがともされる時刻になると街はクリスマス色に染まります。お店やレストランはクリスマスの装飾がほどこされ。
a0190056_9254835.jpg
a0190056_9263485.jpg
a0190056_11403542.jpg
a0190056_11405854.jpg
お薦めのレストランもすっかりクリスマス仕様↓
a0190056_11415522.jpg
a0190056_11425981.jpg
感謝祭前から徐々に街はクリスマスに彩られ、チャーミングなたたずまいです。マンハッタンからラインベックまではおおよそ110マイル(175キロ)程ハドソン川を北上します。
a0190056_12243561.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2012-12-16 22:40 | Upstate NY

北海道のおいしいお菓子 六花亭

a0190056_849465.jpg
日中の気温が7度に上昇、青い空と雪のない12月に違和感を感じながら運転をしていたら、ラジオから銃殺の報道が。このようなう惨事が繰り返されても銃の取り扱いが変更されない現実を考え気が重くなった金曜日。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
a0190056_1112552.jpg
最近、海を渡っておいしいお菓子が手元に届きました。懐かし、嬉し、六花亭。北海道の銘菓として言わずともがなです。こちらではいただけない貴重品で、日持ちの事も考えて中味も選択したとの事で、多忙な時期に細やかな心づかいをしてくれた友人に、いつもながら感謝です。ありがとうね。

最初に六花亭をいただいたのは、大昔の高校生の時。
その時のお菓子は百年(ももとせ)だった事を覚えています。
美味しいチョコレート。パッケージの絵は今も昔もかわらず懐かしいです。
a0190056_1193659.jpg
マルセイバターは長年のベストセラーですが、こちらは新製品のようです。キャラメル好きの私、大変美味しくいただきました。マルセイキャラメル 
a0190056_1110041.jpg
こちらも2011年度にドラマ北の国30周年記念のお菓子で、はじめていただきました。パッケージも愛らしく、クッキーにきつねのデザインが北海道らしいと思いました。もちろん味の方も二重丸。
a0190056_11102046.jpg
a0190056_11104116.jpg
このようなバタークッキーもアメリカでは購入が難しい為、懐かしく、そのおいしさをかみしめました。
a0190056_11111037.jpg
他にも色々いただきまいした。 こちらに色々な種類が紹介されています。
下のカレンダーも先週から毎日楽しみながら開けています。
a0190056_11121638.jpg
大好きな北海道のお菓子を堪能でき、大変幸せです。白樺羊羹のパッケージの工夫も感心しました。学生時代に行った円山喫茶室。今もまだあるのですね。店舗も随分増えていて驚きました。喫茶店舗案内はこちら
a0190056_13102237.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2012-12-15 23:25 | Bo Peepの忘備録

クリスマスといえば PANETTONE(パネトーネ)

a0190056_855665.jpg
クリスマス時期に販売されるPANETTONE。イタリアミラノの伝統的クリスマスのパン(ケーキ?)です。だんなさんはクリスチャンな為イタリア=キャソリック、ドイツ(キャソリック地域も有りですが、プロテスタントが強い国かと)のシュトーレンよりも無理やりわずかに関連性が有りとイタリアパンを選択。
(自分が食べたいからというのが一番の理由ですが)

通常Wegmansというスーパーで購入していましたが、今年は見つける事ができず、トレーダージョーズのPANETTONEとなりました。
a0190056_8553948.jpg
昔、クリスマスがジーザス(キリスト様)の誕生日だと信じていた私。春か夏頃(5、6月)が誕生日だと知った時、幼稚園のキリスト誕生劇は?という驚きと、クリスマスを祝う意味を納得しかねる複雑な気持ちでした。

朝夕マイナス気温が続き、日照が短い日々。昔の人でなくとも、気持ちが温かく、穏やかになる行事がある方が過ごしやすい季節のように思え、この時期こそクリスマスが必要だったのかしらと納得している現在。

(日本ではトレーダージョーズの知名度が高いと思うのですが、アメリカでは上場なしにもかかわらずWegmansウエッグマンズの知名度は高いです。ニューヨーク州地元企業なので地元応援忘れないようにしたいです)
[PR]
by Upstate11 | 2012-12-13 23:14 | Bo Peepの忘備録