ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

きつつき春のドラミング Pileated Woodpeckers

a0190056_11124894.jpg
アップステートニューヨークに春が近づくと、きつつきはドラミング=Drumming(こちらの赤字Pileated Drummingで音声を聞く事ができます。)を始めます。時々食卓の窓からきつつきが飛びまわるのを目にするのですが、向い側のさわでドラミングを始めたきつつきを見つけました。
a0190056_11133294.jpg
まだまだ寒いのですが、アメリカは夏時間に変更したこともあってか、天気の良い日は夕方6時くらいまで明るかったりと、本日も寒いながら柔らかい日差しが降りそそいだった事もあって、きつつきPileated Woodpeckers(ピレェイテッドウッドペッカー)はドラミングに励んでおりました。

きつつきも春をまちわびているようです。
Pileated Woodpeckersピレェイテッドウッドペッカー
(北米に生息するきつつき)
体長が40~49cm
体重250g~350g
                                     
[PR]
by Upstate11 | 2013-03-21 22:30 |

アイリッシュの日その2(ラプリコーンとギネスマカロン)

a0190056_7473092.jpg
アイリッシュの日セントパトリックデーは3月17日。マンハッタン等アイリッシュが多い東海岸都市ではパレードがあります。東に比較して西海岸はアイリッシュ人口が低く、ドイツ移民が多いようです。アメリカ生活で苗字をみると、おおよそどの国からの移民か推測できる事は、興味深い点。

不思議にアメリカで一度もマーフィーさんにお会いした事がないのですが、アイリッシュで、一番多い苗字は”マーフィー”といわれています。アイリッシュといえば、ギネスやウィスキー。セントパトリックデーはお酒好きなアイリッシュの伝統に基づいてか”朝から一杯”の日になってしまったようですが、原点は宗教的意味合いを含んだ行事でした。近所のチョコレートギネスマカロン。私はチョコレートのマカロンは得意ではない為、主人がよろこんで食べていました^^。
a0190056_7475875.jpg
今やマンハッタンのセントパトリックデーのパレードは本国アイルランドを凌ぐ華やかさですが、それだけ多くのアイリッシュがアメリカに移民したという証なのでしょう。そして、両親又は、祖父母がアイルランドからの移民であれば(両親がドイツとアイルランドやイタリアとアイルランド等の場合は基準の変更有のようですが)アメリカ国籍とアイルランド国籍双方を所有できる事もアメリカ人でありながら、”アイリッシュ”を強調する点かしらと個人的に思っています。国籍をとるという事は、アイルランドのパスポートをアメリカ国籍でありながら所持できる為、EU加盟国アイルランドパスポートがあるとヨーロッパ諸国の旅行、滞在が便利

そして、アイリッシュ民話からマスコットになっている"Leprechaun"(色々発音表示されていますが、ラプリコーンが近い発音表示だと思いますこちらで発音を聞く事可能です)黄金の隠し場所をしっている小人さんのマスコット。我が家の3月の食卓に毎年登場します。
a0190056_938899.jpg
一昨日の晩は気温が-10度まで下がり、雪も降り冬に逆戻り。北国の春にはもう少々辛抱が必要なようですが、食卓の窓から見た今朝の空は青空が白い雪に映えて大変美しい始まりでした。

昨年アメリカで一番親しい親戚ががんで亡くなり、本人の希望でアイルランドの土に戻りました。形見のアイリッシュネックレスをとりだし故人を偲んだセントパトリックスデー。春を待ち焦がれる日々しばらく続きそうです。
[PR]
by Upstate11 | 2013-03-20 21:25 | Bo Peepのひとりごと

La Madison du Macarronと3月20日マカロンデー

a0190056_10591877.jpg
2010年からマンハッタンでもパリ同様にマカロンデーが開始されたようですが、例年3月20日がマンハッタンのマカロンデーです。明日のマカロンデーにちなんで、マカロンデーには参加していないお店ですが、美味しさに定評のある”La Madison du Macarron”をこちらに
a0190056_1121144.jpg
気がつくとマカロン店舗がマンハッタン内にかなり増えたような気がします。フランス菓子もかなり激戦かと思いますが、先日ブライアントパーク裏に北海道(札幌)のお店ROYCE'チョコレートの看板があり驚きました!特にチョコレートファンではありませんが応援しなければと思ったり^^;

脱線しましたが、La Madison du Macarronのお店の方が大変感じがよかったです。不便だと思ったのは、ホームページにマカロンの種類の記載がなく店頭に沢山の種類がある為、選択に手間取ってしまいます。初めての訪問の際、どの味が好みかわからず少々手間取ったような。
a0190056_1133492.jpg
お店の方のアドバイスをうけながら、数種類の味を購入しましたがローズやキャラメルがその日なかった為、他店との比較はできない部分もあるのですが、総体的に評判通り美味しいマカロンだったと思います。(日がたってしまい種類の選択を忘れ気味。ポートワインとストロベリーは好みだったような・・・)
a0190056_12162091.jpg
店内でお茶をいただけるようでした。洗練された雰囲気ではありませんでしたが、可愛らしい感じでお客さんがくつろいでいる印象。クロワッサン等もあるようで、表示にはチョコレートクロワッサン$3アーモンドクロワッサン$4となっていました。マカロンは一個2ドル50セント(2013年現在
a0190056_12194710.jpg
La Madison du Macarronホームページは音がでます
132 W 23rd St
(between 7th Ave & Avenue Of The Americas)
New York, NY 10011
今年のマカロンデーについてのホームページはこちらにありました。

↓よい評判を得られる事、祈っています。
a0190056_1334216.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2013-03-19 23:57 | 時々よそへ(NY CITY)

アイリッシュの日その1(ワシントンDC ダブリナー)

a0190056_110202.jpg
3月17日はアイリッシュのお祭りセントパトリックデーでした。
我が家は一足お先にギネスとシェファードパイをワシントンDC ダブリナーで
a0190056_1183411.jpg
主人がこちらで生活していた頃、このシェファードパイがお気に入りで、よく訪問したとの事。店内は相変わらずの混雑。ワシントンDCはアイリッシュが多い土地柄ではないのですが、ダブりナーに来るとワシントンDCのアイリッシュと思われる人たちが沢山。お店の方も、アイリッシュが多いです。
a0190056_11151741.jpg
平日の夜でしたがバーはアイリッシュ音楽と常連客と思われる方々で大いに盛り上がっていました。パブについては賛否両論があるようですが、自分としてはシェファードパイは変わらずよいお味で、パブ雰囲気満喫できました。ただ夕食時から閉店までは込み合う為、早めの時間帯(たぶん5時位等早めに)訪問する方が落ち着いて食事できるかもしれません。

以前こちらで紹介しました。
a0190056_11413891.jpg
The Dubliner
520 N Capitol St NW(between N E St & N F St)
Washington, DC 20001
[PR]
by Upstate11 | 2013-03-18 22:56 | ワシントンDC

希少数ミクロネシアのカワセミさん(Micronesian kingfisher)

a0190056_1031029.jpg
Extinct in the Wild, 略してEWは、野生(自然界)で絶滅して人間の保護の元生存している生き物をさしますが、マイクロネェィージィア キングフィッシャー↑(日本ではミクロネシアのカワセミ)もEWに属します。

ワシントン国立動物園(研究所を含んでいるようです)は、現在の総体140羽のマイクロネェィージィアキングフィッシャーの5%(1羽死亡で現在6羽)を飼育していますが、残念な事に今年の2月14日に4歳になる一羽が壁に突き当たった時のトラウマと思われる原因で死亡しました。
数週間後に更に詳しい死因確認をするようですが、現在の理由はこのようになっています
原文はスミソニアンのホームページのこちら

 ↓こちらはスミソニアン動物園flickr.comより
Extremely Rare Micronesian Kingfishers Hatch at the Smithsonian Conservation Biology Institute動物園には二羽いるはずのミクロネシアのカワセミさん。見る事ができた一羽は少々寂しそうに見えましたが、係の方から写真撮影許可があったので、鳥に近づきすぎないよう(一番上写真^^)撮影させてもらいました。
2011年には三羽孵化成功で、一羽は死亡。二羽は成長中との事。

2011年8月11日に誕生したオスの雛スミソニアン動物園flickr.comより↓
Extremely Rare Micronesian Kingfishers Hatch at the Smithsonian Conservation Biology Institute

******************************

≪豆知識≫
a0190056_3582933.jpg

生まれたばかりの雛は precocial とAltricialに分類されます。
(↑左が precocial 右が Altricial)

precocial(プレコーシャルに近い発音かと思います
水鳥等、生まれたときに既に目があき自由に動きまわる事が可能な雛をさします。ダック、ギース等などの水鳥の多くはprecocialに属します。ひよこも生まれてすぐ歩き回れるので、precocial系ですね。

Altricial(アルトリ(Rのり)シャルに近い発音かと思います
アメリカンロビン等、親鳥に頼って巣の中で成長していく雛をさします。
Micronesian kingfisherも親鳥の保育が必要なAltricial系の鳥です。
[PR]
by Upstate11 | 2013-03-17 20:35 |

春を垣間見て

a0190056_9523276.jpg
ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ   紀友則
花の色はうつりけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに     小野小町
  

日差しは少し春に近づいた感のあるアップステートニューヨークですが、まだまだ寒い毎日。ワシントンDCでは春の花が咲き始めていました。今月20日からワシントンDCは恒例の桜祭りですが、既に所々桜が咲き、花弁が散っている木さえある事に驚きました。

記憶とは不思議なもので、英語の詩を読んでも何かの拍子に浮かんでくる詩は皆無に等しいのですが、百人一首で覚えた歌は記憶の奥底に眠っているのか、美しい桜をみた際、かるたとりの名人で百首すべてを覚えていた祖母の手さばきとともに浮かんでくるのです。

いにしえびとが歌った無常観等。時に不合理な人生に対する繊細な感覚は豊かな四季のうつろいと、天災が多い日本の長い歴史の神髄かしら?日々健康で生活できる事への感謝と大切さを思った、穏やかな春の日。
[PR]
by Upstate11 | 2013-03-13 22:40 | Bo Peepのひとりごと

桃の節句をニューヨークの田舎で楽しむ

a0190056_9135510.jpg
新年を迎えたのがつい先日のように思えますが、時は弥生三月。二月後半、日中気温が5度まで上昇。春近しと思った事が嘘のような寒い日々に逆戻り。でもフロリダ産グレープフルーツは所狭しとスーパに陳列。

”♪~今日は楽しい雛祭り”でささやかながら”お雛様の食卓を主人と囲みました。
がんばったお雛様らしさ演出一品”カラークリスプのえび揚げ”↓ 
女の子がいない寂しき我が家ですが、さめても美味しく、彩りもよい為、お弁当(特に可愛い娘さんがいるお宅は)にも最適です。

a0190056_9261759.jpg
カラーシリアルを食べた事がなく子供用のカラークリスプを初めて購入。想像以上に色が激しく華やかで少々引き気味困惑しましたが、アメリカの食品類には比較的に色味が派手な物も多く大人にも子供にも健康的かしらと、大きなお世話で思ってしまう事もあります。

”がんばった一品”と表現したのは、スカイブルーの粒↓が色味的にお雛様の雰囲気にあわず、揚げるといよいよ汚らしい色になりそうで、この色を取り除くのに時間がかかり
このお米のシリオル(ライスクリスプ)は11種類のビタミン入りと記載されていて、びっくり。そうゆう雰囲気(十一種類のビタミン)を醸し出していないのですが(年を重ねると疑い深くなり少々疑心暗鬼栄養的に問題ないとの事・・・
a0190056_9475811.jpg
≪クリスプ揚げ≫
えびやお魚等揚げる素材に小麦粉をつけた後、卵白の撹拌液(かき混ぜてほわほわ)に浸した後、米のカラーシリオル(ライスクリスプ)をつけてから、高温すぎない温度で揚げる方が色味がきれいにでると思います。
今回は普通の卵液(卵黄+卵白)につけた後、揚げています。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

*春のお雛様膳* ライスクリスプ春色海老揚げ
              スモークサーモンのてまり寿司
              ちらし寿司(ツナごはん+ブロッコリー+コーン+生ハム
              蛤がないので、Little Neckの貝のお吸い物
              たら揚げ春野菜寄せ
              春色野菜サラダ
              自家製イチゴのレモネード
              春色だんご(緑は抹茶で色付け)
              アールグレーとヴァニラマカロン(購入) 
a0190056_105622100.jpg

a0190056_1059560.jpg
普通のアメリカスーパーでも醤油や酢を購入できる、日本人の私にとって幸運な時代ですが、田舎暮らしでは和食素材の入手がやはり困難です。和食もどきになりがちですが、和食らしさを作り出す事も楽しみの一つと思いこむようにして和食を作る機会を逃さぬようにしていますが、オーブン料理に比較して細やかさをより要求される気がするのは私だけかしら。今年は朝食にも和食もどきを増やして、昨年までは2ヶ月でお米を900グラム弱の使用量だった我が家としては革命的変化(少々大げさですが)!

錦糸卵は時間がかかる為、ちらし寿司もどきにコーンを使用し、生ハムは桜型でくり抜いてみました。今の時期ノルウェーイ産の美味しいたらがくる為、春色を意識して、片栗粉でたらを揚げ、カラーペッパー(赤、黄色、オレンジ)とブロッコリー、ねぎ、コーンを炒めお醤油、お砂糖、酢、酒で味付け。たらの上に野菜ソースとしていただきました。
a0190056_11595448.jpg
桜の葉がない為、桜餅は断念。抹茶で色づけたおだんごに自家製の餡を添えて、評判の近所マカロン店で白、薄桃色マカロンを用意。友人のお母様が送付してくれた美味しい玉露と一緒にいただきました。和食の後はやはりお茶が一番しっくりきます。

まだまだ寒く雪がある(北海道より雪は少ないのですが)日々ですが、春めいて来る日もまじか。春が待ち遠しいですね。
マンハッタン源 吉兆庵のお雛様は古典顔で素敵です↓
a0190056_13463654.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2013-03-04 23:50 | 季節のまかない