ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年春に出会ったうさぎさん

a0190056_22183024.jpg
空がまだ春を思わせる美しい5月の午後。今年最初のウサギさんは赤ちゃんウサギではなく、耳がちぎれていたうさぎさん。草むらで春の日差しを楽しんでいました。耳の状態から森の生活の厳しさを垣間見たような。
a0190056_22205239.jpg
その後出会った赤ちゃんうさぎ
a0190056_22225617.jpg
つぶらな瞳が可愛らしくて、無事成長して欲しいと願った春の日。
a0190056_22233757.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2015-05-22 23:10 | 動物

季節と衣の備忘録 2015年春

a0190056_1113769.jpg
長くて厳しい冬の終わりがなかなかこなかった今年の春。通常、冬はかなり寒いのですが、例年に比較して太陽をみる日が少なく、北欧さながらに暗くアラスカより寒い日々もある冬で、やわらかい春の日差しが戻った日々は幸福感が倍増しました。
a0190056_115349.jpg
が、アップステートの春はきまぐれ。突然気温が30度をこえ、春を飛び越え夏に突入したかのような週がすぎると、今週は札幌と同様、リラ冷え厳しく今朝は3度で日中も最高11度と32度だった日が嘘のよう。しばらくはおちつかない気温の変化に翻弄され、気づくと連日30度というのが常。
a0190056_1171595.jpg
街路樹や公園の木々もその急激なうつろいに驚いて、レンギョウ、桜、リンゴの花、リラが一斉に咲いてしまう5月初めでした。
a0190056_1182728.jpg
a0190056_1185379.jpg

         


ゆかたを思わせる柄が清楚で手にした友人のお嬢さんのサマードレス。活発なぼうやにはオレンジが似合いそう。最近可愛い女の子を出産した友人には、小さな産着などを。ゼロ歳や3ヶ月のお洋服を手にするとその小さに驚いてしまうのですが、小さな体に可能性が一杯の子供達の成長は早く、これからが楽しみです。
a0190056_1195322.jpg

a0190056_11125017.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2015-05-21 17:30 | Bo Peepの忘備録

さようならArielle Rhinebeckのレストラン

a0190056_1053280.jpg
ハイキングやHarney and sons紅茶の本店があるMillertonに立ち寄った際、贔屓にしていた内装が素敵でお値段が手ごろだったArielleが今年の春閉店しました。

昨年のクリスマス時期に訪問したのが最後で、なんとはなしに閉店するような気がしたのですが、予感的中。お買い得なレストランだったので、とても残念です。さようならArielle。
[PR]
by Upstate11 | 2015-05-20 22:20 | Bo Peepの忘備録

お土産 NY産ではないけれどMade in U.S.A rosebud perfume co

a0190056_236888.jpg
アメリカで日本の友人にお土産を選択するのは、イギリスや日本でお土産を選択するよりずっと難しいと常々感じます。第一にアメリカ製が少なく、アメリカブランドであっても中国製、ヴェトナム製などの品物が多い事。地元での商売よりも規模拡大を目指す資本主義権化のアメリカ型ビジネスはチェーン化しやすく、世界中どこでも購入可能。日本で購入できるアメリカ製品が多すぎる現実。
(買い物天国の日本は世界中の品が入手しやすい国に思えるのは私だけ?)

かさばらず、使用頻度があるものをお土産として選択したい為、物への品定めを日々の生活で気をつけるようにしていますが、喜んでもらえるお土産選択は難しいーと思うアメリカ生活。そんな中で、缶のデザインが好み、かつアメリカ製のRosebud Perfume Coのリップバームは重宝です。
↓の写真はホームページより。自分の好みはメンソール水色缶。でもミントローズの美しいピンク色とほのかな花の香りも捨てがたい
a0190056_1149695.jpg

a0190056_11484459.jpg
6、7ドルからと手頃金額。北米の乾燥した空気には欠かせません!

マンハッタンやアップステートNYのショッピングモールでよく見かける化粧品店Sephoraで入手でき、写真にある小さな黒袋に入れてもらえるのも便利。取り扱い店舗はこちら

写真下はもっと手頃なリップバーム。スーパーなどでよく見かけますが、アメリカ国内では長年ベストセラーでご存知の方も多い思います。缶のデザインがアメリカ的。スーパーで1ドルちょっとです。
a0190056_2363754.jpg

Rosebud Perfume Co
ホームページの商品紹介はこちら
[PR]
by Upstate11 | 2015-05-18 23:30 | Bo Peepのおきにいり

小鳥記録ハウスフィンチ、カウバード 2015年初夏

a0190056_727736.jpg
爽やかな小鳥のさえずりを部屋の中にいても耳にするこの季節は気持ちのよいものです。先々週の真夏日にうってかわって、強すぎない日差しと心地よい春日が続いた先週。
a0190056_7274643.jpg
今年は例年と違う野鳥を食卓の窓辺でみかけます。例年、寝室の窓からみていたハウスフィンチは寝室側の松が切り倒された事も起因してか、食卓側で見かけるようになりました。メスは家スズメに似た衣をまとっていますが、オスは頭部が赤羽で覆われ大変美しい声音をもっています。歌声の美しさはカーディナル同様。日本Wikipediaによると日本名はメキシコマシコというようで、英語名とイメージが違って不思議。
a0190056_7292433.jpg
昨年あたりから、森や野原でその数が増大している印象をうけたBrown headed cowbirdブラウンへッドカウバードはパラサイトの野鳥で、ウォーブラーや他の小型中型アメリカ産野鳥の巣に卵を生みつけ、他の親鳥に子育てを強いる野鳥です。
a0190056_730821.jpg
オスは黒色で頭部のみが茶色、メスはすずめを大きくしたような羽模様を纏っていますが、この野鳥が増加すると、他の小型中型アメリカ産野鳥の雛孵化率が激減する問題要因となっています。特にィエローウォーブラーの被害は大きいとの事。ロビンの母鳥はカウバードの卵を巣にみつけると巣から蹴落とす習性があると聞きました。

声はすれども姿はみえずの、南鳥ボルティモアオレオの歌声を聞ききながら、初夏の始まりを感じた週末夕暮れ時。
[PR]
by Upstate11 | 2015-05-17 18:40 |

朝食Blue Bottle Coffeeと Maison Kayserをブライアントパークで

a0190056_12225352.jpg
マンハッタンブライアントパーク近辺は日本の紀伊国屋書店、Lady M(日本のケーキ屋さん)、 ロイズ(札幌チョコレート店)、日本の食料品店、そして最近は無印良品とお寿司屋さん開店の看板も目にしました。立地的に便利な場所に日本店舗が集約される事は大変嬉しい事です。

コーヒー店舗が拡大する昨今のアメリカで、マンハッタンもコーヒー店競争が激化しいる印象。気候もよろしくなっている為、朝食にメゾンカイザーのバゲットサンドとエクレアを購入して、混雑時間をさけたブルーボトルコーヒーお初に、メゾンカイザーのコーヒーと飲み比べてみました。

ブルーボトルコーヒーへの期待が高すぎたせいか、評判の割に??というのが正直な感想。多分、特別なコーヒーを期待しすぎた事と、その日のあたりが悪かったのかもしれません。加えてお店の方が不機嫌だったのも減点要素。すっきりとしたきれのあるコーヒーでしたが、ギミーコーヒーのバランス感あるコーヒーが自分好みです。一方メゾンカイザーは、よい接客とお店の方の笑顔+美味しいサンドとともに、コーヒーも自分の基準を満たしている為、ブライアントパークでコーヒー片手にひと休みの際は感じがよいメゾンカイザーにしようと思った次第。

ブルーボトルコーヒーはDrip Coffee regularをいただきました。料金3ドルでなぜかSales Taxは9%。マンハッタンは消費税が他のNY州カウンティ(郡)より若干高いのですが、更に消費税がアップしたと思って、調べてみると変化なく(現在8.875%)、四捨五入?していると推測(四捨五入した部分はどこにいくのだろうか?) 。そして、札幌の友人に送ろうと思ったかわいいエコバックは売り切れていました。そろそろ入荷した頃かしら。アメリカ製で土産としても軽く、日本と袋の模様が違うはずなので、在庫があれば旅行者にもアメリカ土産になりえるかしら。
[PR]
by Upstate11 | 2015-05-16 23:35 | メゾンカイザー NY

お買い得だったホテルMarriott Residence inn Arlington Capital View ワシントン観光その3

a0190056_22202274.jpg
日本はゴールデンウィークも終了し、楽しかった想いとともに連休明けの疲れも押し寄せる頃でしょうか。住処のアップステートNYも突然の暑さに春を飛び越す季節感。例年の事とはいえ、もう少々春らしさが続いて欲しいと思ったりする今日この頃。

以前も触れましたが、週末ホテル料金が割高なマンハッタンに反して、ワシントンDC及び周辺ホテルは週末料金が比較的手ごろな価格になるようです。車かアムトラック(列車)訪問かで、ホテルの選択肢が異なる我が家で、車訪問の際こちらのホテルを使用して、大変お買い得なホテルの印象でした。
a0190056_22214177.jpg
ホテル到着が22時頃で長距離運転とワシントン市内観光の疲れとともにチェックイン。ホテルの部屋でゆっくりする予定なしで選択したホテルでしたが、部屋、プール等の施設も新しく、値段から朝食なしだと思いこみ翌朝レストランを予約していたのですが、結構きちんとした(アメリカ基準)朝食までついていました。参考までに宿泊金額は79ドルで税金10.27ドルを含めて89.27ドル(通常アメリカでは宿泊客が一人でも二人でも料金に差はありません)

アメリカ旅行をされている方は周知でしょうが、州やホテルによって料金に幅があるアメリカ合衆国で、ニューヨーク州、特にマンハッタンはホテル料金が日本の大都市に比較して高め傾向で、同様のワシントンDC周辺で税込90ドル以下で宿泊できたのは幸運でした。(2014年宿泊)
a0190056_22221390.jpg
ホテルのホームページより↓
a0190056_1181044.jpg
部屋の感じは特別お洒落ではありませんが、清潔で広さも十分。レジデンスインの名称に相応しく台所の充実度もばっちり。家族旅行等で長期訪問する際、外食費の高いワシントンDCな為、料理して部屋でいただくことも可能ですし、アメリカの食事が苦手な方は部屋で料理して食事ができる便利なホテル。唯、週末以外は宿泊金額はそれなりの金額になるようです。
調理器具も揃って↓
a0190056_2225222.jpg

a0190056_22252746.jpg
駐車場はホテル屋外、空き地横に駐車すると無料ですが、(窓からの写真下にあり)チェックインが22時頃と遅くすでに縦列駐車がずらり。盗難やぶつけられたりする確率が高くなる路上駐車を避けるべく、通常ヴァレットかホテル内駐車場利用な為、この日も一晩26ドル屋内駐車場使用(ホテル地下に駐車場があり駐車カードをチェックインデスクでもらって後入場)ホテル従業員の方も親切で、プロフェッショナルな対応。ロビーや他の施設も清潔で好印象。
a0190056_22235362.jpg

a0190056_222420100.jpg
ホテルのホームページより↓
a0190056_11465933.jpg
周知の事かと思いますがアメリカでは消火栓前は駐車禁止です。縦列駐車のないところは消火栓のスペースでした。
a0190056_22303051.jpg
a0190056_22322571.jpg
何事も流動的なアメリカで、今後もサービスのよさ等が続くかはわからないですが、2014年訪問の際は、満足度の高いホテルでした。近隣に空き地有りで将来ビルやホテルの建設があれば日中騒音は起こりえるとも思ったのですが、訪問時は建築予定看板などはありませんでした。
↓ホテルのホームページより
a0190056_8401465.jpg

Marriott Residence Inn Arlington Capital View

2850 S Potomac Ave
Arlington, VA 22202
Crystal City
[PR]
by Upstate11 | 2015-05-12 21:30 | ワシントンDC