ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お月様 ストロベリームーン

a0190056_3271120.jpg
この日は34度と大変暑い日でした。ハーベストムーンというのを知っていたのですがストロベリームーンというのを知らず、20時半頃の夕暮れ時が物凄く豪華絢爛な日↓で、今日はお月様が綺麗だろうなと思って夜空を見上げると特別赤くはなかったのですが、少々恥ずかしげなお月様がそこに。
a0190056_327324.jpg
a0190056_3281998.jpg
しばらくするとお月様の赤みが強くなっていて、ハーベストムーンにはちょと早いけれど何か特別様式の月かとグーグルを開くとグーグル自体がストロベリームーン仕様になっていて、初めてそうゆう風な月夜がある事知りました。
a0190056_3284652.jpg
この日に限らず田舎で生活すると夜空の美しいさに気づく事は多いのです。只この日は49年ぶりに夏至と重なるストロベリームーンとの事。特別なお月様に気づいて良かったです

深夜からブリザードのような激しい雨で、翌日から気温が下がってくれましたが、夜中は雷と雨が凄かったです。
a0190056_3293140.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-06-26 15:40 | 自然

頑張れmade in USA その1 食器 Corelle

a0190056_9302381.jpg
手前味噌になりますが、母は料理、盛り付け上手。友人、知人を自宅でもてなすと"お店で食事しているみたい"とお褒めの言葉をいただいて、嬉しくなったものです。が、盛り付けの秘訣を伝授する事なしに母は他界。"お母さんがいてくれれば色々アドバイスをしてもらえるのに"と(この年齢になって少々大人気ないのですが)寂しく思う事が未だにあります。

盛り付けの秘訣を伝授する機会を逃してしまった自分ですが、生前母が言っていた反面教師という言葉は日々の生活で出来るだけ忘れないようにしています。十代始めの反抗期、母から叱言を言われて癪にさわり"お母さんだって××じゃないの"とあげ足を取ると、"そう思うなら自分はそうゆう風にならないように、反面教師で学んで下さい"と即されたものです。

料理、盛り付け上手な事が要因にもなると贔屓目で解釈して、そんな母は食器を増やしすぎる傾向にあり、遺伝子のせいか?自分も幼少から妙に食器好き。反面教師を肝に命じ、自分なりの規則を作って食器管理する努力を。1,持っている食器はしまいこまないで、使用する。2,新しい食器を値段や流行で購入せず、手持ち食器との相性、必要性(最低10年程度使用できる覚悟とその期間、楽しみながら使用し続ける事ができる)を確認する。︎3,季節毎に食器棚の整理使わない食器があれば処分する。

と前談が長くなりましたが、大切にしていた食器が全部無くなって一から揃えるとなると、どの食器が自分の生活様式と規則にあっているかと、この数ヶ月カタログからウインドーショッピングとかなり時間を取られてしまいます。そんな中、料理を鍋から直接食べるわけにもいかず、とりあえず購入したお皿は、次の引越しにも邪魔にならないよう、軽く、国内製という事でCorelleを購入。
a0190056_2591019.jpg
日本ではまだ日本製の食器を探す事、それ程大変とは思わないのですが、アメリカでは、海外製品、特に中国、ポルトガル製の食器が多い事実に驚きます。何かと管理が甘いアメリカ文化を見ている為、例えブランドのタグを付けていてもどれだけ製品の管理を厳密にしているか、特に日々口にする食器や調理器具、食べ物に関しては不安があり、広い国内で製品管理がどれだけなされているか疑わしい感も拭ぐえず。海外からきた製品は尚更不安という個人的な感想ですが、こちらの生活では中国製が普通になってしまってあまり神経質になるのも生活に支障が出る為、できる範囲で健康面に安全、安心と思える製品(思っているだけかもしれないけれど)かつ好きなデザインと、購入までに時間がかかりすぎる自分です。
a0190056_2593257.jpg
Corelleのお皿は昔ハウスメイトが使用していて、料理嫌いの彼女は割れないし、食器洗浄器で傷もつきにくいとお気に入り。自分としてはお皿の光具合が病院の食器という印象ですが、なんといっても軽いので、老後や引っ越しの際は大変便利な食器です。そして国内製品でアップステートにも工場がある為、かなり微小ですが地元企業貢献にもなるかと選択。
a0190056_5281271.jpg
近所のターゲットというスーパーでは真っ白か、赤い花柄、好みから外れた柄ものばかりで、悩んで選択したデザイン。とにかく軽くて、家使用よりもピクニックのお皿としてかなりお勧めです。値段も一枚5ドル弱で沢山購入すると更に単価が安くなるので、子供さんの集まりや家族のキャンプなどにも使用できると思います。滅多な事で割れない上に、お皿の汚れを拭いやすく軽い事は子供や年齢が高くなると便利な食器です。
a0190056_5285024.jpg
今回は近所で購入できるアメリカ製のお皿という事で、デザインに選択の余地はなかった自分ですが、ホームページにはもう少々好みの柄があり今後のピクニック用や老後のお皿としてリスト入りしています。国内製品が少ないアメリカですが、デザインのセンスはある国なだけに、アメリカ製品もう少し頑張って欲しいです。
a0190056_325758.jpg
a0190056_372520.jpg
a0190056_374355.jpg
↑上3枚の写真はホームページより自分の好みを
Corelleのホームページhttp://www.corelle.com
a0190056_9304323.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-06-26 14:45 | Bo Peepの忘備録

最近の朝食&ブランチ

a0190056_4395254.jpg
シリアルやグラノーラを食べると食べるというより、小鳥になってついばむって気分の自分ですが、用意する側としては短時間、簡単で毎日これにしようかという誘惑あり。
a0190056_4404624.jpg
オーガニック製品が幅をきかせる昨今ですが、アメリカのオーガニックは本当にオーガニックなのだろうかと疑う時も。以前ラジオでオーガニック製品は特に寿命が長くなるとか健康になるという統計的結果はないという事実を公表したら、企業が統計を買収したと疑った人からのクレームが届いたとの事。自分はオーガニック製品で長寿になると思った人が沢山いたという事実に驚いた。

只、最近国内製のクラッカーが減少した事や、製品もとの記載がはっきりしない食料品が増加した事に気づく。↓アップステートオーガニック牛乳を試してみる。瓶代150円増加プラス100円程スーパーの牛乳より高いのですが、ガラス瓶がプラスチックより見た目が良く長持ちしそうという以外、近所のアメリカ製の牛乳と味的には変化なしに思えた。
a0190056_4412232.jpg
時々お餅が食べたくなる
a0190056_4432962.jpg
食器がないので食べる物を変更してもなんだか同じような印象に。
a0190056_444671.jpg

a0190056_4442785.jpg
a0190056_4444635.jpg

a0190056_5234962.jpg

a0190056_5241044.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-06-26 14:40 | Bo Peepの忘備録

ようやく逢えたエリマキライチョウ Ruffed Grouse

a0190056_5115973.jpg
野鳥観察が趣味になったのは2009年の春。

ロンドン友人宅に10日程滞在した際、連れて行ってもらった英国田舎街で水鳥のcoot親子に出会ったのがきっかけ。(クートcootの日本名がオオバンという事、今調べて知りました)初めて見る奇妙なクートの雛の色、形に驚き、coot母鳥が優しく雛を見つめる姿に、理由なく感動した事を覚えています。

野鳥や野の花等、世界基準名はラテン語?的な難しい学術用語で、一般名が英語圏と日本語名で異なる為、英語の野鳥名を知っても日本でなんという鳥なのか知らない事が多く、インターネットで検索できる時代で、その恩恵を被っています。ひと昔前ですと、調べる事が大変で日本名知らずに終わった事でしょう。

アップステートで出会った鳥の種類も増加し120種類程の野鳥写真、スケッチ、野鳥日記を記録し、老後の楽しみと大切に保管してきたのですが、今回すべてを失い、そのショックは言葉で言い表せない程。購入できない物なだけに未練がましく想い出したり………。

そんな中、出会える事を諦めていたRuffed Grouse(日本語表記ですとラッフド:dははっきり聞こえない事も:グラウスに近いかと)に前触れなく出会えた事は、バードウォッチング趣味の自分には幸運な偶然。大切にしていた過去の品々を失ってしまったけれど、生きているから新しい発見や出会いもあるという、前向きな考えを理解しても、現実、受け入れ難い時もあったのですが、この小さな出会いを素直に感謝した日でもありました。
a0190056_5563391.jpg
カナダにより在住するこの野鳥。ゲームバードと呼ばれる狩猟に好まれる種の野鳥で、この地域では生存数がかなり減少してしまい、州によっては保護、育成しているようです。

羽毛が草むらの色と近い事、ドラミングと言われる大きな音をたてる以外、音声を発する事が少ない野鳥の為、見つけずらい事も加味して、この野鳥との邂逅は難しいとされています。が、美しい5月、春の黄昏時。トレールをジョギングや散歩している人もまばらで、旦那は数歩前を歩いていたのですが、草むらを静かに動き回っていた物体は完全無視。草むらに気配を感じ、目をこらすとラッフドグラウスがもぞもぞ動いていました。
a0190056_5565752.jpg
こんにちは
a0190056_5574719.jpg
サイズは以下
Length
15.7–19.7 in
40–50 cm
Wingspan
19.7–25.2 in
50–64 cm
Weight
15.9–26.5 oz
450–750 g (コーネル大学のサイト all about birdsより抜粋)
a0190056_5581253.jpg
大好きなオートバーンもチャーミングにエリマキライチョウを描いています。
a0190056_1104352.jpg
とても美しい夕暮れ時でした
a0190056_60189.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-06-09 17:35 |

週末のお茶時間 をローズティーとマカロンで

a0190056_444213.jpg
部屋の窓を開けて数時間外出して戻ると、テーブルの上に粉っぽさを見つけ埃?今朝乾拭きしたばかりなのに、こんなに埃っぽいのかしらと指でなぞると、黄色っぽい粉が……………。木々の多いアップステートで沢山の花粉が舞っているのを目にする季節である事をすっかり忘れていました。

週末のお茶はハーニ&サンズのローズティー。特大の袋で茶葉を購入して半分を大きな缶で保管使用しています。蓋を開いた時のバラの香りが濃厚で、今咲き乱れている近所の野ばらの香りを想い出しました。朝はイングリッシュブレックファーストを頂く事が常ですが夕方のお茶の時間はローズティーが気持ち的にしっくりします。
a0190056_541931.jpg
紅茶茶碗をどれにするかまだ決まらず。エスプレッソカップ代用の我が家ですが、エスプレッソカップは口につけると少々厚めの感触で、やはり紅茶茶碗はボーンチャイナ等の硬質で薄めの陶器が美味しく紅茶を頂ける気がします。
a0190056_510349.jpg
微妙な酸味と甘みが絶妙なカシスチョコレートとオレンジキャラメルのマカロンが昨年からのお気に入り。スーパーのお菓子が魅力的な日本にいるとついつい間食しすぎてしまいますが、アメリカのスーパーのお菓子は…………な為、間食習慣が減少しましたが、週末ブランチをいつものキャフェで頂いた後、美しいマカロンを見てしまうと、どうしても持ちかえってしまう週末です。
[PR]
by Upstate11 | 2016-06-05 16:30 | Bo Peepの忘備録