ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

ライアンガスリンで始まり、終わる? ラ、ラ、ランド

2011年、ブログ最初に書いたのは期待の男優、ライアンガスリンのブルーヴァレンタインでしたが、ブログ最後の締めもガスリンのララランドで
a0190056_6334416.jpg

a0190056_646234.jpg
LaLaLandのホームページより↑http://www.lalaland.movie
ミュージカルは映画より舞台が好きな自分ですが、この映画、舞台ミュージカルのリメイクではなく、オリジナル作品。加えて、歌と踊りばかりが続くわけではなく、きっちり演技も入るあたりが映画に見合ったミュージカルで、斬新です。この映画を作成に漕ぎつけるまで、色々大変だったようですが、この若い監督は前回Whiplashで注目を集めた結果、LaLaLandを作成できるに至ったようです。

以前ちょっと触れたWhiplashもジャズが起点映画でしたが、筋的に無理を感じ、個人的にはもう少々editingして欲しかったと思ったのですが、今回、ミュージカル映画を好まない自分ですが、良い作品で楽しめてほろっとして………。

エマストーンはバードマン、ウッディアレンの映画でその演技力確証済みでしたが、更に今回で演技のみならず、歌って踊れる役者でもある事明確。新しいブログで映画感想等記載できれば記録の為、監督の苦労話等もと思っていますが。

題名のLaLaLandはロサンジェルスのニックネームでもありますしthe mental state of someone who is not aware of what is really happeningという意味もあるようですし、
to think that things that are completely impossible might happen, rather than understanding how things really areという意味等など、映画内容を示唆していますね。

家人がすっかり気に入ったこの映画。2011年同様、英語になりますが、この映画の感想を記載。

Since I last reviewed Ryan Gosling six years ago, his career careened between tentative attempts at molding a new career, particularly as a director, and mostly half-hearted attempts at continuing his acting.  While still possessing extraordinary talents, Gosling exhibited a restlessness, perhaps reflective of his dissatisfaction at being a thespian.  But the new film La-La Land apparently puts those problems at rest, at least for now.  Teamed with his most consistent film partner, Emma Stone, Gosling demonstrates not his strong acting skills, but also skills at dancing and singing that are considerable, if not totally dazzling.  He well complements all the other excellent qualities of this film, from Stone's dazzling acting and singing to the welcome mixture of sweetness and bitter realism.  Gosling, Stone, and the filmmakers deserve all the accolades, including the Academy Award. 
[PR]
# by Upstate11 | 2017-01-31 23:30 | 映画 | Comments(0)