ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

タグ:お節(もどき) ( 8 ) タグの人気記事

ありがとうございました。そしてさようなら

2011 年に始めたこのブログ
a0190056_6141781.jpg
本や映画の備忘よりも食べ物や日々の徒然記録になってしまった感がありますが、災害で多くの記録を失ってしまった自分には、一部の記録を残せた事もあり、あってよかったブログとなりました。

2016年12月きっちりで終了予定が、最後の挨拶を記載できず年明け改めてのご挨拶。
a0190056_6153786.jpg
沢山の野うさぎ写真を昨年撮影したのですが、時間なくこちらに記載できなかった為、赤ちゃんうさぎをここに

ブログは誰でも回覧できる事もあり、書く事柄、個人的な意見の記載限度等悩む事もあり、個人の備忘録としては難しいなと思う事も度々でした。その為、読書、映画、訪問先や美術館記録として新たなブログを続けていければと思っています。

最後のブログとして年明けの備忘録と2016年追加まとめ備忘録。
a0190056_613475.jpg
新年は青空で始まり、夜は三日月。そして新年恒例になっているBBC シャーロックのテレビを。ダイアローグのキレの良さ相変わらずですが、やはり長くなってくると視聴者期待に応え続けるのも大変な為か、このシーズンで終わる噂ありで寂しい気もします。が、脚本の質が下がるならば潔く終わって欲しい。
a0190056_23475257.jpg
正月記念にTV画面撮影
a0190056_2350263.jpg
BBCシャーロックのホーム頁よリ
a0190056_516286.jpg
記念日などもあり。
a0190056_2353514.jpg
昨年にできた近隣新キャフェがお気に入り。室内空間が広々で寛げます。
a0190056_23564640.jpg

a0190056_23571790.jpg

a0190056_23574258.jpg
御節料理の器全滅で、我が家初made in china cb2の四角い器にビールつまみ用、御節もどきで乾杯!日本の友人が日本から持ってきてくれた、美味しい出汁と北海道のきな粉でお雑煮ときな粉、胡麻餅も頂きました。新年早々、日本から友人が送付してくれたかりんとうも美味しく頂きました。友よ!ありがとう。
a0190056_012555.jpg
a0190056_02621.jpg
近隣の山々は薄っすら雪化粧。昨年は雪が異常な程なく年々、積雪量が減少している印象です。マンハッタンも暖かいながらも年明け、ようやく雪が!
a0190056_0203115.jpg
アップステートに比較してマンハッタンの冬は暖かいのですが、この日は北極探検隊のような完全防備の人が多くびっくりした雪の日。セントラルパークも雪景色↓
a0190056_0211176.jpg
可愛いブルちゃんがポーズをとってくれました。オレンジブーティがお洒落です。猛暑時、アスファルトでお散歩は熱いだろうと心配するのですが、犬の足が冷えるとは気づきませんでしたが、もしかするとマンハッタンの歩道は結構汚いのでバイ菌防止?
a0190056_0214592.jpg
待ち合わせ、ラデュレのアフタヌーンティーは紅茶はマリーアントワネット、ケーキはルリジューズ。
a0190056_5253232.jpg
マンハッタンよりも雪が少ない印象の冬のボストン
a0190056_536924.jpg
2016年は大好きな画家bosch の生誕500年記念。新たにボッシュ絵画が北米の美術館で認定され、今迄ボッシュの絵画と思われてきた作品が否定されるなど、科学進歩とともに、この画家についての研究がより進められた年で、Boschファンとして記憶に残る年となりました。

政治的には現地英国友人からの話で杞憂していた、英国のヨーロッパ離脱が杞憂ではなく現実となり、合衆国大統領選挙の杞憂も心配した結果に終わる等、肩を落とす事が多い年となりました。ブログでもしばし登場する元英国首相、ノーベル文学賞、昨年?一昨年?絵画も購買されるなど話題となった、ルネッサンスな才能を持ち合わせたチャーチルはこの結果に悔し涙を流すと思われますが、このような演説を残しています

"This noble continent, comprising on the whole fairest and the most cultivate regions of the earth, enjoying a temperate and equable climate, is the home of all great parent races of the western world. It is the origin of most of the culture, the arts, philosophy and science both of ancient and mordant time.If Europe were once united in the sharing of its common inheritance, there would be no limit to the happiness, to the prosperity and the glory which its three or four hundred people would enjoy.
It is to re-create the European Family, or as much of it as we can, and to provide it with a structure under which it can dwell in peace, in safety and in freedom. We must built a kind of United State of Europe.(…)If we are form the United State of Europe, or whatever name it may take, we must begin now."
How we found the Higgs boson Michael Krauseより引用

↑賛否両論あると思いますが、2017年はどのような年になるのでしょうか。
2011年からの拙いブログのお付き合いありがとうございました。
[PR]
by Upstate11 | 2017-01-31 23:31 | ごあいさつ

年始めに頂くおせち料理を考える

師走も半ば。年を重ねるにつれ日々の経過が加速している気がします。例年のことですが、特に十二月という月はせわしなく、気づくとクリスマス、年の瀬を迎え、あっという間に新年がやってくるという感じです。

そして一年の最後の月に思うのは新年のおせちもどきをどうしょうかな〜と。先ず、ニューヨークシティーで生活をしていないと色々材料を揃えることが面倒です。以前はニュージャージーのミツワという日本食材を購入できる大型店舗に出向いた事もありましたが、ここ十年位ご無沙汰です。

そして、今年は特に持っていた重箱やら和食器が全部無くなっているので…………無理かと思いつつ、お雑煮は新年でなくとも食する我が家な為、日本の友人が持ってきてくれた特別なダシがある事で、美味しいお雑煮と、いつものブランデー漬け黒豆、きんとんもどき等は用意できるかしらと
毎年年末は年越し用意をしていましたが………↓
a0190056_2026439.jpg
伊達巻は、はんぺんの入手ができない為、お豆腐で柔らかさを出すようにしていましたが、配合を考えないと白っぽい伊達巻に汗
a0190056_20251746.jpg
普通の洋皿におせちもどきを配置するのは難しい
a0190056_20293086.jpg

a0190056_2030475.jpg
随分昔の写真をブログに非表示で載せていた為、画像は悪いのですが過去の記録として残す事が出来ました!
a0190056_20312711.jpg

a0190056_2032674.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-12-19 23:40 | 季節のまかない

2016年お正月 お節もどきプラスお雑煮

a0190056_4284792.jpg
食材が揃わない事もあり、色味だけでもお節に近い初日を迎えるようにしていますが、お雑煮をいただくとお正月気分の2016年初日。

それでも近所で日本のサツマイモ、大根を購入できるようになった事は嬉しい。お餅はマンハッタンで購入しているけれど。(もちろんNYシティー近郊では日本食材は随分以前から普通でしたが)日本の緑茶、お味噌、小豆をスーパーで購入できて昔より日本食材が入手しやすくなりました。
a0190056_4443487.jpg
年越しそばを除夜の鐘なしで。翌朝はもどきとデザート?
a0190056_4445215.jpg
お雑煮好きな我が家はお正月時期は沢山お雑煮とぜんざいをいただきます。寒い日々に美味しいぜんざいとお雑煮。小豆から作るので甘すぎず、クロワッサンでクロワッサンあんぱんにしていただいたりと、緑茶との相性もバッチリ。
[PR]
by Upstate11 | 2016-01-23 14:50 | 季節のまかない

2016年 年明け

a0190056_915078.jpg
後ればせながら、年明けのご挨拶を申し上げます。2016年、初日は例年同様お節もどきとお雑煮で。今年もささやかに備忘録ブログ更新できればと思っております。気温は急下降しマイナス10度以下になりましたが、相変わらず、雪が少ない一月初旬。
[PR]
by Upstate11 | 2016-01-05 19:40 | ごあいさつ

2015年 新春のおせち(もどき)

a0190056_12282859.jpg
通常通り食材が揃わず、三種の”祝い肴”の”田作り”、”数の子”なしで、本物おせちには遠い年明け料理となりましたが、年越しはおそばをいただき、年明けは、もどきおせちとお雑煮で新年を祝いました。暮れ30日22時頃帰宅してみると、緊急状態発生で明日朝8時頃から断水となっていてびっくり。黒豆のシェリー漬のみ、その晩作り置きしました。久しぶりのお雑煮が大変美味しく、ちょっとお正月気分を味わえたような気がします。
[PR]
by Upstate11 | 2015-01-11 00:05 | 季節のまかない

2014 年 年明け

a0190056_0173014.jpg
後ればせながら暦明けのご挨拶を申し上げます。素敵なおせち料理がテーブルを飾る日本に比較すると気持ちばかりの内容ですが、例年通り年越しにおそばをいただき“もどき”で新しい年を祝った我が家です。
a0190056_0174764.jpg
アメリカはクリスマスツリーをしまうことなく新年を迎える慣習で、新年会会場もツリーがありましたが(我が家もですが)、ホリデーシーズン気分も終了時。年明け三日間ほど最低気温はマイナス20度以下でマイナス25度まで冷え込みました。1月3日はマイナス15度が最高気温と厳しい寒さの年明けでした。

友人(Upstate NY)との電話で近隣はマイナス25度まで下降したと聞いて、ここもマイナス25度だったと返答後、友人は華氏マイナス25度で自分は摂氏マイナス25度で話している事に気づきました。(F)華氏マイナス25度は(℃)摂氏変換するとマイナス31,2度な為友人近隣が更に寒い事実。

今年も日々の徒然を記録したく、マイペースな更新になりがちですがよろしくお願いいたします。
[PR]
by Upstate11 | 2014-01-07 22:30 | ごあいさつ

2013年 年始め

2013年、暦あけのご挨拶を後ればせながら申し上げます。
a0190056_14583669.jpg
お正月は昨年同様、年越しそば、おせちもどきでゆく年と来る年をささやかに祝いました。元旦には、寒空の中ハイキングコースに↑
a0190056_10271896.jpg
昨年はハドソン川の上を歩きましたが、今年は山に向かって歩きました。
年末はおせちもどき用意をしつつ、年越し蕎麦とオードブルで乾杯。元旦は、クロワッサン?とお雑煮をいただいてからハイキングに。帰宅しておせちをいただきました(自然光で”もどき”写真を撮りたかったです)↓
a0190056_14592565.jpg
ブログを始めて2年が経過し、今更ながら日々の早さに驚きます。横サイズ写真がきれいにおさまらない雛形(スキン)を選択した事や他色々思うところもあり、ブログ内容を整理しています。今年もささやかな見聞を綴っていければと思う年始めです。
[PR]
by Upstate11 | 2013-01-07 09:58

2012年 年明け

a0190056_855262.jpg
後れ馳せながら、”あけましておめでとうございます”

昨年、日々のつれづれブログ”Bo peep”へいらして下さった皆様、今年もゆるりとした更新になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

年があけ、ようやくひどかった時差から回復。1ヶ月ほどとまらず、肺炎とインフルエンザ検査までした咳からも解放された今日この頃。

アメリカの新年は日本ほどの華やかさもなく、カウントダウンや花火を見に行った年もありましたが、今年の年末は、年越し蕎麦をいただき、お雑煮をいただき、あるもので”おせち”もどきをつくり新年をお祝いしました。
a0190056_8561360.jpg
日本にもどった際、絶対に購入しようと思っていたお雑煮椀。実家のお椀は少々大きめだったので、小ぶりであきのこないお椀を購入。

金箔模様とふたの裏に、おしゃれなアクセント模様のお椀も素敵でしたが、大きすぎた事と、お雑煮椀だけではなく、お雛様や他の機会にも使用したい為、応用がきき、飽きのこない飾りなしのお椀を選びました。
a0190056_11133491.jpg
(写真をクリックしていただくと画像が少々はっきりします)
漆器は色々な場面でお料理を美しくいろどり、和、洋料理どちらにもあうので、これからもお気に入りを増やしていきたいと思っています。

お重や、ミニチュアおとその器は友人がプレゼントしてくれた大のお気に入り。お雛様や色々な場面で重宝しています。細やかな心づかいをしてくれる日本の友人に感謝です。

新春二日は書き初めならぬ、弾きはじめでモーツアルトとベートベンソナタを選択しました。今年は随分ご無沙汰しているバッハも弾いてみようかしらと、ふと思ったり。

きっと新年早々、バッハを一番に聞いたからかもしれません。寒い冬の朝、ピアノの音が通常より”凛”とした響きのように感じました。

最初の写真は年明け、NY州を流れる川”ハドソンリバー”を歩道橋?渡り通路?(Walkway)から写したものです。地上マイナス7度で川の上にある橋は凍りつくような寒さでしたが、同時に心が洗われるような美しい景色でした。

2012年が皆さまにとって良い年となりますようお祈り申し上げます。
[PR]
by Upstate11 | 2012-01-07 09:56