ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

タグ:ウィンストンチャーチル ( 5 ) タグの人気記事

ありがとうございました。そしてさようなら

2011 年に始めたこのブログ
a0190056_6141781.jpg
本や映画の備忘よりも食べ物や日々の徒然記録になってしまった感がありますが、災害で多くの記録を失ってしまった自分には、一部の記録を残せた事もあり、あってよかったブログとなりました。

2016年12月きっちりで終了予定が、最後の挨拶を記載できず年明け改めてのご挨拶。
a0190056_6153786.jpg
沢山の野うさぎ写真を昨年撮影したのですが、時間なくこちらに記載できなかった為、赤ちゃんうさぎをここに

ブログは誰でも回覧できる事もあり、書く事柄、個人的な意見の記載限度等悩む事もあり、個人の備忘録としては難しいなと思う事も度々でした。その為、読書、映画、訪問先や美術館記録として新たなブログを続けていければと思っています。

最後のブログとして年明けの備忘録と2016年追加まとめ備忘録。
a0190056_613475.jpg
新年は青空で始まり、夜は三日月。そして新年恒例になっているBBC シャーロックのテレビを。ダイアローグのキレの良さ相変わらずですが、やはり長くなってくると視聴者期待に応え続けるのも大変な為か、このシーズンで終わる噂ありで寂しい気もします。が、脚本の質が下がるならば潔く終わって欲しい。
a0190056_23475257.jpg
正月記念にTV画面撮影
a0190056_2350263.jpg
BBCシャーロックのホーム頁よリ
a0190056_516286.jpg
記念日などもあり。
a0190056_2353514.jpg
昨年にできた近隣新キャフェがお気に入り。室内空間が広々で寛げます。
a0190056_23564640.jpg

a0190056_23571790.jpg

a0190056_23574258.jpg
御節料理の器全滅で、我が家初made in china cb2の四角い器にビールつまみ用、御節もどきで乾杯!日本の友人が日本から持ってきてくれた、美味しい出汁と北海道のきな粉でお雑煮ときな粉、胡麻餅も頂きました。新年早々、日本から友人が送付してくれたかりんとうも美味しく頂きました。友よ!ありがとう。
a0190056_012555.jpg
a0190056_02621.jpg
近隣の山々は薄っすら雪化粧。昨年は雪が異常な程なく年々、積雪量が減少している印象です。マンハッタンも暖かいながらも年明け、ようやく雪が!
a0190056_0203115.jpg
アップステートに比較してマンハッタンの冬は暖かいのですが、この日は北極探検隊のような完全防備の人が多くびっくりした雪の日。セントラルパークも雪景色↓
a0190056_0211176.jpg
可愛いブルちゃんがポーズをとってくれました。オレンジブーティがお洒落です。猛暑時、アスファルトでお散歩は熱いだろうと心配するのですが、犬の足が冷えるとは気づきませんでしたが、もしかするとマンハッタンの歩道は結構汚いのでバイ菌防止?
a0190056_0214592.jpg
待ち合わせ、ラデュレのアフタヌーンティーは紅茶はマリーアントワネット、ケーキはルリジューズ。
a0190056_5253232.jpg
マンハッタンよりも雪が少ない印象の冬のボストン
a0190056_536924.jpg
2016年は大好きな画家bosch の生誕500年記念。新たにボッシュ絵画が北米の美術館で認定され、今迄ボッシュの絵画と思われてきた作品が否定されるなど、科学進歩とともに、この画家についての研究がより進められた年で、Boschファンとして記憶に残る年となりました。

政治的には現地英国友人からの話で杞憂していた、英国のヨーロッパ離脱が杞憂ではなく現実となり、合衆国大統領選挙の杞憂も心配した結果に終わる等、肩を落とす事が多い年となりました。ブログでもしばし登場する元英国首相、ノーベル文学賞、昨年?一昨年?絵画も購買されるなど話題となった、ルネッサンスな才能を持ち合わせたチャーチルはこの結果に悔し涙を流すと思われますが、このような演説を残しています

"This noble continent, comprising on the whole fairest and the most cultivate regions of the earth, enjoying a temperate and equable climate, is the home of all great parent races of the western world. It is the origin of most of the culture, the arts, philosophy and science both of ancient and mordant time.If Europe were once united in the sharing of its common inheritance, there would be no limit to the happiness, to the prosperity and the glory which its three or four hundred people would enjoy.
It is to re-create the European Family, or as much of it as we can, and to provide it with a structure under which it can dwell in peace, in safety and in freedom. We must built a kind of United State of Europe.(…)If we are form the United State of Europe, or whatever name it may take, we must begin now."
How we found the Higgs boson Michael Krauseより引用

↑賛否両論あると思いますが、2017年はどのような年になるのでしょうか。
2011年からの拙いブログのお付き合いありがとうございました。
[PR]
by Upstate11 | 2017-01-31 23:31 | ごあいさつ

マンハッタン本屋さん その5 英国のpolymath チャーチルの専門書店CHARTWELL booksellers

英国の歴史、美術館、街並み、車、アフタヌーンティー、食器、エルガーのチェロ曲、BBCスーシェのエルキュールポワロ、そしてウィンストンチャーチルと英国好き。ご存知の方も多いと思いますが、チャーチルは北米の母親と英国の父親を持つ数少ない合衆国名誉市民でもありました。こちらにも記載。

英国で素敵な本屋さんを覗くのは楽しみでしたが、チャーチル専門店は世界中何故かマンハッタンだけとの事。こちらの本屋さんはチャーチルにまつわる本の販売を中心とした大変美しい本屋さん。
a0190056_2261239.jpg

a0190056_2264192.jpg

a0190056_227361.jpg

a0190056_22836.jpg

a0190056_2283556.jpg
週末が定休日な為、訪問できない事が多いのですが、クリスマス時期は土曜日も営業している訪問しやすい時期で、本屋さん自体の紙袋に入れてくれる為、クリスマスプレゼントとしても使用できる本屋さん。お店の方も親切丁寧、大変感じの良い対応です。
Chartwell Booksellers
55 East 52nd Street
New York City 10055
In the arcade of the Park Avenue Plaza Building
(between Park & Madison Avenues)
地図はホームページより
a0190056_10271512.jpg
そしてこの本屋さんはパブリックスペース(公共の場)の地下にあり、セントラルパークやフィフス、マディソンアヴェニューで買物後に買い物袋の整理と足休め、友人との待ち合わせにも使用できるスペースがあります。最近はスターバックスもあり、マンハッタン探索の際、観光客の方の足休めとしても使用できると思います。
a0190056_229599.jpg

a0190056_2292745.jpg

a0190056_2295213.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-12-29 20:35 | マンハッタンNYの本屋

142ND Birthday!

Happy Birthday!
a0190056_9274647.jpg
↑パブリックドメイン
[PR]
by Upstate11 | 2016-11-30 19:30 | Bo Peepの忘備録

Sir Winston Churchill Squareウィンストンチャーチル広場(ウエストヴィレッジ)

a0190056_1123494.jpg
セントラルパーク等、緑豊かで美しくやすらぎの空間があるマンハッタンですが、やはり大都市。地域によっては大きな公園を確保するのが不可能な現実。そんな環境でセントラルパーク程大きな公園ではありませんが”Square”は人々の憩いの場所。Union square、Madison square, Washington Squareは有名ですが、Villageに点在するひと休み空間もなかなか。

お気に入りの小さなSquareは英国の元首相、軍人、ノーベル文学受賞者作家、画家でもあり歴史家だったウィンストンチャーチル氏に敬意を示したChurchill Square。散歩に疲れた時、買い物袋やバックの中を整理する際に立ち止まる小さな広場。この広場はイギリス首相官邸で有名な住所“10Downing Street in London”と同様。チャーチルが数少ないアメリカ名誉市民であり英国首相だった事。母親がアメリカ出身に由来して彼の名がついた広場です。NYC管轄でこちらに詳細あり。
a0190056_11241742.jpg
チャーチルの愛犬は英ブルドックと思っていたのですが、実際はミニチュアプードルが愛犬だった事を知った時は驚きました。チャーチル氏が頑固で英ブルドックの性格同様だった為、ブルドック=チャーチルの印象が広まったのではないかとの事。(老年本人の風貌もどことなくブルドックを彷彿させるように思うのは私だけ?)
a0190056_13523572.jpg
才能豊かなチャーチル氏。個人的に好きな偉人です。(写真はパブリックドメイン)
10 Downing St
Sixth Ave and Bleecker St
(between Bedford St & Avenue Of The Americas)
New York, NY 10014
[PR]
by Upstate11 | 2014-01-24 23:55 | 歴史の足取り 

Afternoon Tea in Manhattan           (Crosby street hotel)クロスビストリートホテル

a0190056_893982.jpg
アフタヌンティーといえば、イギリスが本場。ケーキ類やスコーン、パンが美味しい日本は、本場の雰囲気を持っていない事を抜かせば(マナーハウスの雰囲気をまねできても本物を現在建築するのは不可能で)美味しいアフタヌーンティーをいただけ、羨ましい限りです。

イギリスのチャーチル氏は、”On the Continent people have good food; in England people have good table manners.”
ヨーロッパの国々は美味しい食事があり、英国にはよいテーブルマナーがある。と宣ったと。アメリカのカジュアル?嗜好からかけ離れているアフタヌーンティですが、マンハッタンでは需要と供給が一致する為か、ホテルやキャフェで、いただけます。
a0190056_0545095.jpg
今回試した場所はイギリス系列ホテル。確か2年程前からSOHOでビジネスを始めた、クロスビ ストリート ホテル。以前少々触れましたが、SOHOはSouth Of Houston(Street)ハウストンより南側の地域で、このホテルはSOHOに立地しています。
↑工事中で良い角度の写真なしですが、買い物に便利な立地。石畳の通りに面したホテルです。
a0190056_2151467.jpg
当日、こちらでお茶をいただく時間を作れる確信がなく、予約を入れなかった上に、おひとり様。アフタヌーンティーの時間帯が特定されていなかった為、受付で直接、アフタヌーンティーの時間としては少々早く、一人分ですが、席を作っていただけるか尋ねた所、用意を至急して下さるとの事。待合席で座ってお待ち下さいと親切でした。案内していただくと、ウエッジウッドの紅茶セットが既に用意されたテーブルで、好感度高く。
a0190056_8311459.jpg
紅茶はアールグレーをお願いしました。
a0190056_8534730.jpg
今回、こちらを訪問した理由の一つはPopなインテリア。このような色使いは、自宅で試す事がない為、どんな感じか楽しみにしていました。
a0190056_901542.jpg
サンドイッチのパンが好みで、乾燥することなく?大変美味しくいただきました。ナプキンにくるまっていたスコーンは、サイズが少々大きすぎる気もしましたが、クロテッドクリームが本場イギリスのおいしいさ。
a0190056_98631.jpg
正直、(イギリスアメリカ双方とも)アフタヌーンティで甘い物を一番期待していませんが、ホームページで小さなカップケーキが、幸運にもマカロンで、嬉しかったです。マカロンをいただいたら、ケーキや他のお菓子は一口分で十分。チョコレートケーキが予想より甘すぎず、アメリカではめずらしい。

    ************************

a0190056_9422793.jpg
↑甘い物重視ならば以前紹介したBosie Tea Parlor がお薦め、金額も良心的です
a0190056_9474888.jpg
バルサザールのパン屋やDean&DeLucaがすぐ側で、Crate and Barrel, CB2等等、お買い物途中で休憩が必要な時は、立地がよいこのホテルは便利かと思います。
a0190056_1064944.jpg
写真ホームページよりおかりしました。ロンドンのSOHOホテルはこのような感じで写真掲載

こちらに系列ホテルアフタヌーンティーの写真掲載があります。優雅なひと時を楽しむアフタヌーンティーは女性のリラックス場所として永遠に人気かと思います。今回、愛らしさが好ましいワイルドストロベリーのウエッジウッド(大好きですが他の食器との相性が合わずケーキスタンドのみ所持)でお茶をいただけた事も、よい記念となりました。

Crosby Street Hotel
79 Crosby Street New York NY 10012
212 226 6400
[PR]
by Upstate11 | 2012-06-03 22:35 | 時々よそへ(NY CITY)