ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

タグ:マカロン ( 38 ) タグの人気記事

フィラデルフィアのアフタヌーンティー

フィラデルフィアは自分にとって訪問した印象の良い街ですが、以前、日本から旅行でいらした方のブログで、フィラデルフィアを訪問してがっかりしたという感想を目にして寂しく思ったものです。

そして改めて、人によって感じ方は色々なのだと実感した時でもありました。
a0190056_59953.jpg
そうゆう点を含めて、この記録は私の感想である事あしからず。

こちら
[PR]
by Upstate11 | 2016-10-31 22:00 | フィラデルフィア

初雪と近所とラデュレの秋色マカロン

a0190056_13335320.jpg
週末いつものキャフェで秋色と秋の味マカロンを持ち帰り。昨年から秋のマカロンとして発売されているジンジャーチョコレートは生姜の味がたっぷり。美味しゅうございました。

既に28日になってしまいましたが、昨日が初雪。今、窓の外を見てみるとどうにか雪は止んだようで少々安心。雪がひどくなり始め、近所の高速は渋滞で大変だったようです。一昨日、雪の匂いを感じとって、もしやとは思ったのですが、朝は雪なしで昼からどんどん降り積もり…………。

ラデュレからのメールも秋色マカロンが
a0190056_13405878.jpg
そろそろハロウィンですね。
[PR]
by Upstate11 | 2016-10-28 00:45 | Bo Peepの忘備録

2016年 九月週末の散歩

週末キャフェの窓から↓ピックアップトラックに乗車しているつぶらな目のワンちゃん
車内乗車より車酔い等しないからでしょうか?田舎道でも60マイルで走る車が多いアップステートな為、乗り心地や安全性が少々心配。でも信号待ちしている間も、余裕でこちらを見てくれたので、車外ドライブも大丈夫なのでしょう。真っ白でホワホワな毛はこの季節にぴったりで、温かそう。
a0190056_771898.jpg
はや十月ですね。九月に入ると、日差しや空気が急直下に秋入りするアップステート。マンハッタン周辺は、まだ干ばつ続きですが、アップステートは徐々に水不足が解除されている事は、よい知らせです。いつもの場所で週末のお茶時間。秋のマカロンをいただく
a0190056_784876.jpg
味のみならず、色味もアメリカの秋色、紫とオレンジ。
a0190056_795899.jpg
昨年は鶏のインフルエンザで、通常購入する1ダース鶏卵が日本円換算約400円まで上昇。今年に入って約250から300円を行ったり来たりと落ち着いてくれてありがたい。この週末はいつもの卵が特別セールで200円だった為、1ダースだけ購入。

買い物場所が混雑すると、落ち着いて的確な選択ができない為、洋服のバーゲン等は行った事はないのですが、食料品や洗剤等でブランド名や購入するものが的確な場合は、なるべく混雑しない時間選択して足を運ぶ主婦な私。食料品の買い物嫌いでスーパーに行かない旦那にも、週末なので行ってもらう。お昼時の混雑を予想し、お茶時間終了後に。混雑度0、卵も山積みでした。
お店の前には大好きなゴールデンリトリバーが↓ゼイゼイと息づかいが荒く、旦那"How are you doing, Sir?"
a0190056_7103299.jpg
↓"散歩後で疲れていますが大丈夫ですよ、心遣いありがとうございます?"というゴールデンリトリバー 。お利口で美しいワンちゃんの代名詞
a0190056_7112690.jpg
駐車場にすぐ戻らず秋の街を散歩
a0190056_7121054.jpg
a0190056_7141844.jpg
古い建築(1800年代)を上手く使用している家屋が多く、目を楽しませる。↓プレートから1820年築のお家。旧新が上手く適応。庭の手入れも行き届いて、感心。
a0190056_7151324.jpg
マカロンのみならず、街の花は紫とオレンジ系が多く、秋を身近に
a0190056_716278.jpg
a0190056_716239.jpg
最近、ミニクーパーが増えたアップステートニューヨーク。元ミニクーパーオーナーでこのデザインが大好きな自分としては、例え、BMWドイツの車になった今でも、英国デザインを継承する(デザイナーはGreek 、ギリシャだったけれど)この車の存在は嬉しい。

只、ローバー時代新車で購入したミニは、噂通り、手のかかる車で費用対効果が悪く、調子がよくない事が多かった。デザイン的には退屈でも、日本車の方が効率よく、ドイツ車として生まれ変わった今は、効率的になったのだろうか。加えて、マンハッタン等、大都市周辺以外の生活は、約時速100キロを長時間長距離運転する事が普通なアメリカ生活で、ミニクーパーの耐久性や乗り心地は如何に?街用車として、特別?使用しているのかしらと思ったり。知人、友人は誰も興味のない、ミニクーパーが増加するこの頃
a0190056_7264146.jpg
↑↓美しいスタイルにスマイルな私。

勿論、中年の私はハイメンテナンスな車にかける情熱、体力を持ち合わせず、信頼のおける日本車で環境にお財布に優しい車を使用します。しかし、大好きなデザインの車が増えてくれるのは嬉しい限りで、最近は茶系↑、茶系グレー↓の渋めバージョンもよく見かけ、美しい街並みにぴったり。30分間に、走行中を含め、5台のミニクーパー見かける。
a0190056_7272370.jpg
美しいお庭を持っているオーナーと数度挨拶を交わした事はあるのですが、その庭にいた美しい猫。眼の色が美しい水色でした。
a0190056_7283871.jpg
空を見上げる青い空と黄金色の木々。秋ですね。
a0190056_7294273.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-10-04 22:30 | Bo Peepの忘備録

秋を身近に 3,おうちで、キャフェで

a0190056_6342586.jpg
朝は涼しいというよりも肌寒い感じがする日々が続いています。今朝も室内温度は既に19度。朝は空気の入れ替えで全部の窓をあけるのですが、風通しが良すぎて16度位まで下がってしまいました。昨日は外気温既に8度まで下降。

室内の気温が下がってくると朝一番のお茶の曇りが、暑かった夏と異なっています。体が冷えないようにコーヒーを控え、我が家定番のハーニアンドサンズのラベンダーティー等ハーブティーを。
a0190056_6344976.jpg
↑部屋の中の陽だまりも季節が変わると異なった陰影

週末特別用事がない場合、いつものキャフェでブランチ後、美味しいマカロンで締めくくり。秋の味、オレンジキャラメルが九月から登場。今年の夏はより季節を意識したフレーバーに変更する等、常に改良している事、訪問側としては嬉しい点。
a0190056_6351634.jpg
夏の味は少々苦味が効いたコーヒー味?
数カ月前にいただいて記憶がおぼろげ。何故かレースペーパーが省略されている
a0190056_6354648.jpg
↓今年の夏初登場、ココナッツライムは夏を意識してか清涼感のある美味しいさ。暑い時期に甘すぎると、食指が動かないけれど、こうゆうちょっとした違いに、この店を又訪問したいと思わせる。
a0190056_6362111.jpg
マサチューセッツの有名観光地のティーシャツ。鯨が可愛いい。マンハッタンにもこちらのブランド店が進出したと聞いたような?
a0190056_6364771.jpg
いつもくるキャフェなのに、かなり昔に一度来た事があるという友人に絶対お勧めと言われるまで食べた事がなかったクイニーアマンがとても美味しい。いつも同じメニューしか頼まないので、時には違う物を頼んでみようと思った今年の夏
a0190056_6371320.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-09-17 16:10 | Bo Peepの忘備録

アップステートスーパーWegmans(ウエッグマンズ)のマカロン

a0190056_2461098.jpg
ニューヨークアップステート在住者にとって、"スーパーマーケット"といえば100年の歴史を持つ"ウエッグマンズ"Wegmansはテキサス出身のホールフーズマーケットや、西海岸キャリフォルニア出身のトレーダージョーズよりも知名度は高いと思います。

が、きっとホールフーズやトレーダージョーズの方が日本での知名度はずっと高いのでしょうか?もちろんそれぞれのスーパーマーケットの良さはありますが、値段と品質、加えて日本製品の品揃えを考慮すると三者の中ではWegmansが一番だと信じています。

ホールフーズの良さは比較的鮮魚類が新鮮で種類があること、トレーダージョーズは値段設定が手頃でありがたい反面、国内生産品、地域商品が少ない点が残念。ウエッグマンズはリコールも早く食品等は地元地域密着でありますが、海外の商品取り扱いもあり10年前はフランスのボンママンのクッキーを地元で唯一購入できるスーパーマーケットでしたが、現在取り扱いなしで本当に残念。
潰れて良い写真がないのですがマカロンも販売しています↓ ↑
a0190056_2463418.jpg
アレキサンドリアのホールフーズやトレーダージョーズにもマカロンは販売されていますが、スーパーマーケットのマカロンではウエッグマンズが好き。食料品とともに持ち運んでつぶれてしまったのですが、6個入り6ドル12個入りは確か?10ドルという価格設定。マカロン専門店にはかないませんが、スーパーマーケットのマカロンとして、お手頃値段と美味しさはなかなかのものです。

出始めの頃より、少しずつ味が改良されているところもスーパーマーケットとしてはあなどれず。
[PR]
by Upstate11 | 2016-09-02 23:45 | Upstate NY

ボストン公立(共)図書館でアフタヌーンティーを

a0190056_662271.jpg
以前も触れていますが不便の方が多い気もするアメリカ生活で大変便利だと感じる図書館。場所柄マンハッタンのニューヨークパブリックライブラリーが脚光を浴びる事が多いのですが、蔵書数を抜かして、建築物的にはボストン公立図書館が自分としては一押し。

中庭があり、一休みできるキャフェがある事で好感度は更に増加します。以前はアフタヌーンティーをいただける日が少なかったのですが、気づくと月曜から土曜日までアフタヌーンティーをいただけるようになりました。
a0190056_5323567.jpg
↑図書館内のダイニングですが、気張り過ぎない室内装飾。床の模様、椅子、水用のグラス色味を紫がっかった茶系に統一して、洗練した空間を作り上げている事に関心します。
a0190056_6115378.jpg
室内の雰囲気作りのみならず、メニューが本仕様になっていたり、茶こしの下に敷く紙が(英字新聞?)用意され、ティースタンドのお皿の上に花をあしらうなど、随所の気配り。お皿も高級ホテル等でなければ、白いお皿が多い中、銀の縁取りのあるお皿を使用していた為、食べ物の色味やバランスがより締まった印象を受けました。

華美ではありませんが、図書館という場所柄に相応しいセンスの良さが心地良く、寛げます。
a0190056_651714.jpg
右頁に茶葉の種類が記載。私はブルーフラワーのアールグレイ
a0190056_683861.jpg
同じ茶葉を注文しても各自のティーポットでお茶を用意。時間経過とともに各自のお茶を確認して入れ替えてくれたサービスも◎。
a0190056_610544.jpg
"Savory Tea Sandwiches"
WILD MUSHROOM BUTTER
Wild Mushroom Butter on Pain de Mie
LEMONY SHRIMP SALAD
Lemony Shrimp Salad in Pâte à Choux
SMOKED SALMON
Smoked Salmon & Cured Onion on Pumpernickel
ROASTED HAM
Roasted Ham & Sharp Cheddar
DEVILED CHICKEN
Deviled Chicken & Espelette Pepper
CUCUMBER
Cucumber with Lemon Cream cheese fours
a0190056_6153060.jpg
FRESH FRUIT TARTLET WITH VANILLA CRÈME PATISSERIE
ASSORTED FRENCH MACARONS
GLAZED LEMON POPPY SEED CAKE
RASPBERRY THUMBPRINTS
CHOCOLATE SINCLAIRS
a0190056_6155383.jpg
Tea Scones PLAIN & CURRANT
FRUIT PRESERVES
DEVONSHIRE DOUBLE CREAM
LEMON CURD
a0190056_6331313.jpg
a0190056_6335572.jpg
窓から中庭を眺めて
a0190056_640582.jpg
丁寧なサービスも好感度高く観光客が美しい図書館や中庭を見学後、足休めとして使用できる素敵な場所だと思います。ボストン地下鉄Tすぐ側で、お買い物通り"Newbury"や有名な公園"The Common"にも近い素晴らしい立地条件な事も魅力的。

The Courtyard Restaurant
The Catered Affair
230 Darmouth St
Boston, MA 02116 地下鉄の一種T グリーンラインCopley station近く
a0190056_725032.png


個人備忘録
[PR]
by Upstate11 | 2016-08-17 22:55 | マサチューセッツ

ボストンのマカロンと朝食 Thinking Cup

a0190056_1354943.jpg
ボストンはニューヨークシティー以外で一番長く滞在した事がある北米都市なのですが、友人訪問が中心で、自分で観光するというより後をついて見て回る事ばかり。大変美しい街で歴史的な建築物も多い反面、街中やレストランの活気が自分の波長にあわなかったり、ボストン美術館は興味のある年代と画作が少ない為、足も遠ざかりがちでした。が、合衆国で古い歴史を持つこの街を今回自分なりに探索する機会を持つ事ができ、幸運でした。
a0190056_1544594.jpg
友人宅で朝食を済ませる事が多いボストン滞在で、朝食を外食。ボストンではよく知られているThinking Cupはボストン市内に数店舗あるキャフェで、コーヒーはオリジナルではなくStumptown Coffee使用ですが、お買い物、散歩、素敵なボストン図書館にも近いNewbury地域の店舗訪問。

↓パティオ席もあり、店内↑は縦長で時間帯によってはレジの前に列ができがちな反面、窓側席もあり見た感じよりも、列があっても席保有確率はある印象でした。訪問時は朝7時から11時(曜日によって十時まで)営業と利用できる時間帯が長い事も嬉しい。
a0190056_220177.jpg
朝食メニューのブリトーを↓ラインベックのブレッドベーカリー朝食ブリトー(現在は8ドル)の方が美味しいと思いましたが、Thinking Cupは値段が6ドルと少々低め設定の割には美味しいと思います。西海岸は訪問した事がないので、物価設定はわからないのですが、東海岸の都市では日本の都市に比較して外食は高め設定。

朝食はチップなしでもサンドイッチ等、最低でも4ドル程度から始まり、コーヒーは日本より低めで一杯2ドルから3ドル程度が平均だと思いますが、コーヒーとサンドイッチプラス税金を加えると最低7、8ドルにはなると思うので、日本からの長期旅行者は妥当な金額で美味しい物がいただける場所を確認する事、お薦めです。
a0190056_2522793.jpg
暑くなってくると甘いものが少々鬱陶しくなるのですが、マカロンが目を惹きラベンダー味を試してみました。

サイズは小ぶりで特別マカロン店舗ではないのですが、強気の価格設定2ドル60セント。マンハッタンマカロン平均価格設定よりも少々高い?印象ですが、予想外の美味しさでした。始めての食感で外側は柔らかいのですが、Chewy(日本語ですとねちっこい)ではなく、軽い食感かつ程よい湿度感とラベンダーの強い香りのクリームバランスが絶妙。もうちょっと食べたいと思わせる思わせぶりなサイズ設定にビジネスセンス?
a0190056_258789.jpg
ショーウィンドウにはローズやキャラメル味などもあったのですが朝で持ち歩けない為、夕方買ってニューヨークにと思っていたのに、忘れていて他の味を試す機会喪失。(各テーブルガラス越しに古い新聞Boston PostやHerald newspapersを差し込んでいて、興味深く拝見)↑
a0190056_3192350.jpg
訪問した際のラベンダーマカロンは今まで食べてきたマカロンと異なっていて、新鮮でした。ボストンを訪問する機会があれば是非ローズや他の味も食べてみたいと思わせるマカロンでした。

ThinkingCup
85 Newbury St
Boston, MA
a0190056_339474.png

[PR]
by Upstate11 | 2016-08-14 14:45 | マサチューセッツ

フィラデルフィアのマカロン ICI Macarons & CafeとMiel Patisserie

a0190056_835258.jpg
アメリカで生活を始めた頃は、ある程度大きな街を訪問しても、ケーキ、菓子パン、ペーストリー等が、日本やヨーロッパ諸国に比較して、野暮ったさと甘すぎで失望する事が多かったのですが、気づいてみるとマカロン等も市民権を獲得し、美味しいケーキ等を購入できる店舗も増えたように感じます。

マンハッタンやボストンに比較して、日本の旅行者に知名度が低いような印象を持つフィラデルフィア(個人的な見解です、あしからず)。フィラデルフィアを訪問すると、"一定期間ここで生活した事がある"というよりも、"ここで生まれ育った"という住人の地元愛着心を感じ、居住地とアメリカとしては長い歴史から作られた部分、そして観光客として楽しめる地域のバランスが自分にとって心地よいと感じる、魅力的な街です。が、

先日ラジオで、フィラデルフィアの固定資産税の上昇が激しく、庶民に住みにくい都市になっているという話を複雑な気持ちで聞きました。

Gentrification(街のアップグレード化)が進み、安全かつ楽しめる場所が増える事は旅行者にとって嬉しい事実ですが、住人にとって家賃や家屋の購入が困難な街では、長期的に街自体の魅力的が減少してしまうのではと杞憂。アメリカ社会構造の難しさを垣間見る想いで聴いていました。
a0190056_832053.jpg
オールドシティーに登場したマカロンキャフェは、合衆国国旗誕生の地とされているBetsy Ross House向かい側。old city地域として歴史を感じさせる佇まいの家屋がある地域です。美しく並べられたマカロンは各種の味があり、壮観です。
a0190056_853312.jpg
店舗外観もセンスよく、店内に一休みできるスペースあり。マカロンの他にもクロワッサン等のペーストリーもあるそうです。マカロンはクリームの香りも程よく強く、それぞれの香りの特徴を生かした美味しいマカロンでした。
a0190056_86925.jpg
a0190056_1374825.jpg
可愛らしいスペースあり↑ 暑い日でアイスティーと一緒にいただいてみました。美味しいマカロンのサイズも大きすぎ小さすぎ、好みのサイズ。
a0190056_872566.jpg
加えて訪問時は一個2ドルとゆう嬉しい価格設定でした。抹茶味は抹茶が濃厚で好みで、機会があれば色々な味を試してみたい、再訪問したいお店です

ICI Macarons and Cafe
230 Arch street philadelphia PA 19106
215-608-8938

以前、こちらで紹介したMiel↓
a0190056_881470.jpg

a0190056_883294.jpg
a0190056_885814.jpg
a0190056_892391.jpg
今回は接客が丁寧になっていてマカロンも美味しくなっている印象でした。8個購入しなければ箱に入れてもらえない事。箱のサイズとマカロンの大きさが一致せず、外側が柔らかいいマカロンな為、移動時に崩れがちな点が残念。青いマカロンは、始めてのミントチョコマカロンでした。
a0190056_895293.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-08-13 09:29 | フィラデルフィア

週末のお茶時間 をローズティーとマカロンで

a0190056_444213.jpg
部屋の窓を開けて数時間外出して戻ると、テーブルの上に粉っぽさを見つけ埃?今朝乾拭きしたばかりなのに、こんなに埃っぽいのかしらと指でなぞると、黄色っぽい粉が……………。木々の多いアップステートで沢山の花粉が舞っているのを目にする季節である事をすっかり忘れていました。

週末のお茶はハーニ&サンズのローズティー。特大の袋で茶葉を購入して半分を大きな缶で保管使用しています。蓋を開いた時のバラの香りが濃厚で、今咲き乱れている近所の野ばらの香りを想い出しました。朝はイングリッシュブレックファーストを頂く事が常ですが夕方のお茶の時間はローズティーが気持ち的にしっくりします。
a0190056_541931.jpg
紅茶茶碗をどれにするかまだ決まらず。エスプレッソカップ代用の我が家ですが、エスプレッソカップは口につけると少々厚めの感触で、やはり紅茶茶碗はボーンチャイナ等の硬質で薄めの陶器が美味しく紅茶を頂ける気がします。
a0190056_510349.jpg
微妙な酸味と甘みが絶妙なカシスチョコレートとオレンジキャラメルのマカロンが昨年からのお気に入り。スーパーのお菓子が魅力的な日本にいるとついつい間食しすぎてしまいますが、アメリカのスーパーのお菓子は…………な為、間食習慣が減少しましたが、週末ブランチをいつものキャフェで頂いた後、美しいマカロンを見てしまうと、どうしても持ちかえってしまう週末です。
[PR]
by Upstate11 | 2016-06-05 16:30 | Bo Peepの忘備録

洒落たジョージタウンの洒落たcafe: patisserie poupon, macaron bee ワシントンDC

a0190056_79459.jpg
ワシントンDCのジョージタウンは地下鉄駅が側にない為、サーキュレーターバスがなかった頃は、観光客にとって少々不便な感じだったと憶測しますが、地域柄買い物客や食事訪問、観光客で(特に週末は)アメリカの街としては混雑度、人口密度が高い地域の印象です。車の渋滞度も高く、車で旅行している場合、宿泊先の駐車場に車を止めてサーキュレーターバスで訪問するのが一番効率的かと。

ボルティモアにもあるこちらのキャフェ↑。観光客で年に1、2回と数少ない訪問ですが、今回もアメリカとしては珍しく甘すぎない美味しさは健在でした。以前いただいたタルトも美味しかったのですが、アメリカで初めてもう少々甘くても良いかも?と思った程。災害後の後遺症で体調が万全ではなく、大好きなエクレアも主人がぺろっと平らげる傍ら、味見をした程度でしたが、メゾンカイザーのエクレアよりも美味しかった記憶有
a0190056_7102458.jpg
↑完成度の高いケーキ等が美しくケースの中に並べられています。

店内は縦長です。店内でいただく場合、ショーケースでケーキ等を選択して、飲み物等と一緒にお会計を済ませます。通常お会計の際にケーキの皿を渡してくれる為、そのままテーブルに。飲み物はケーキとは別に奥のカウンターから出てきます↓(混雑していた際、ケーキを後でテーブルまで持ってきてくれた事もありましたが)
a0190056_7113340.jpg
奥のカウンターから飲み物が出てきます↑
気候が良くなると中庭っぽく外にも可愛らしく席が登場
a0190056_7111521.jpg
ジョージタウンの店舗↑以外、ボルティモアにも(お薦めの美術館walters art museumから近く)可愛らしい店舗有りです。

DCのジョージタウン店舗にワシントンDC側からサーキュレーターバスを使用する場合、デュポンサークルからロスリン行きのサーキュレーターバスではない、アムトラック近辺発、地下鉄フォギーボトム駅経由のサーキュレーターバス使用で、坂道を登る労力が減少。ジョージタウンの店舗外側↓
a0190056_7121973.jpg
下2枚↓ホームページよりおかりしています
美味しいだけではなく美しいケーキ等が目を楽しませてくれます。訪問時マカロンなしで未だ食した事なく残念
a0190056_3263778.jpg
a0190056_327579.jpg
Patisserie Poupon
1645 Wisconsin Ave Nw
Washington, DC 20007

ジョージタウンのマカロンといえばOlivia Macaronとmacaron bee。久しぶりにmacaron beeのマカロンを。季節柄桜マカロンなどもありました。個人的にはNYのマカロンが近所を含めて好みのようです。でもこの可愛らしい袋とケースにお客への心配りを感じ、店内の可愛らしさも相変わらず。
a0190056_7132735.jpg
この時点で三週間程先まで週末アフタヌーンティーの予約はびっしりで、突然の訪問客に御断りせざるを得ない状況。アフタヌーンティーは人気のようです。
a0190056_714222.jpg
店内の写真許可を頂いていますが、美しいお嬢さん達のお茶会のようで、アジア系の男性が一人窮屈そうな面持ちでアフタヌーンティーをいただいていました。男性には少々甘すぎのインテリアでしょうが、この日のお嬢さん達にはぴったり感。久しぶりに若い方がlovelyなスカートを着用しているのを目にしたようなニューヨーク、特にアップステートでは若い方の服装は極めてカジュアル。凄く短いパンツ、フリップフラップス(ビーチサンダル)タンクトップ姿が多い為、フェミニンな装いは久しぶりです。
a0190056_7142188.jpg
とても美味しいジェラート屋さんも大混雑でした
a0190056_7144050.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-05-28 15:25 | ワシントンDC