ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

タグ:ラデュレLaduree ( 8 ) タグの人気記事

ありがとうございました。そしてさようなら

2011 年に始めたこのブログ
a0190056_6141781.jpg
本や映画の備忘よりも食べ物や日々の徒然記録になってしまった感がありますが、災害で多くの記録を失ってしまった自分には、一部の記録を残せた事もあり、あってよかったブログとなりました。

2016年12月きっちりで終了予定が、最後の挨拶を記載できず年明け改めてのご挨拶。
a0190056_6153786.jpg
沢山の野うさぎ写真を昨年撮影したのですが、時間なくこちらに記載できなかった為、赤ちゃんうさぎをここに

ブログは誰でも回覧できる事もあり、書く事柄、個人的な意見の記載限度等悩む事もあり、個人の備忘録としては難しいなと思う事も度々でした。その為、読書、映画、訪問先や美術館記録として新たなブログを続けていければと思っています。

最後のブログとして年明けの備忘録と2016年追加まとめ備忘録。
a0190056_613475.jpg
新年は青空で始まり、夜は三日月。そして新年恒例になっているBBC シャーロックのテレビを。ダイアローグのキレの良さ相変わらずですが、やはり長くなってくると視聴者期待に応え続けるのも大変な為か、このシーズンで終わる噂ありで寂しい気もします。が、脚本の質が下がるならば潔く終わって欲しい。
a0190056_23475257.jpg
正月記念にTV画面撮影
a0190056_2350263.jpg
BBCシャーロックのホーム頁よリ
a0190056_516286.jpg
記念日などもあり。
a0190056_2353514.jpg
昨年にできた近隣新キャフェがお気に入り。室内空間が広々で寛げます。
a0190056_23564640.jpg

a0190056_23571790.jpg

a0190056_23574258.jpg
御節料理の器全滅で、我が家初made in china cb2の四角い器にビールつまみ用、御節もどきで乾杯!日本の友人が日本から持ってきてくれた、美味しい出汁と北海道のきな粉でお雑煮ときな粉、胡麻餅も頂きました。新年早々、日本から友人が送付してくれたかりんとうも美味しく頂きました。友よ!ありがとう。
a0190056_012555.jpg
a0190056_02621.jpg
近隣の山々は薄っすら雪化粧。昨年は雪が異常な程なく年々、積雪量が減少している印象です。マンハッタンも暖かいながらも年明け、ようやく雪が!
a0190056_0203115.jpg
アップステートに比較してマンハッタンの冬は暖かいのですが、この日は北極探検隊のような完全防備の人が多くびっくりした雪の日。セントラルパークも雪景色↓
a0190056_0211176.jpg
可愛いブルちゃんがポーズをとってくれました。オレンジブーティがお洒落です。猛暑時、アスファルトでお散歩は熱いだろうと心配するのですが、犬の足が冷えるとは気づきませんでしたが、もしかするとマンハッタンの歩道は結構汚いのでバイ菌防止?
a0190056_0214592.jpg
待ち合わせ、ラデュレのアフタヌーンティーは紅茶はマリーアントワネット、ケーキはルリジューズ。
a0190056_5253232.jpg
マンハッタンよりも雪が少ない印象の冬のボストン
a0190056_536924.jpg
2016年は大好きな画家bosch の生誕500年記念。新たにボッシュ絵画が北米の美術館で認定され、今迄ボッシュの絵画と思われてきた作品が否定されるなど、科学進歩とともに、この画家についての研究がより進められた年で、Boschファンとして記憶に残る年となりました。

政治的には現地英国友人からの話で杞憂していた、英国のヨーロッパ離脱が杞憂ではなく現実となり、合衆国大統領選挙の杞憂も心配した結果に終わる等、肩を落とす事が多い年となりました。ブログでもしばし登場する元英国首相、ノーベル文学賞、昨年?一昨年?絵画も購買されるなど話題となった、ルネッサンスな才能を持ち合わせたチャーチルはこの結果に悔し涙を流すと思われますが、このような演説を残しています

"This noble continent, comprising on the whole fairest and the most cultivate regions of the earth, enjoying a temperate and equable climate, is the home of all great parent races of the western world. It is the origin of most of the culture, the arts, philosophy and science both of ancient and mordant time.If Europe were once united in the sharing of its common inheritance, there would be no limit to the happiness, to the prosperity and the glory which its three or four hundred people would enjoy.
It is to re-create the European Family, or as much of it as we can, and to provide it with a structure under which it can dwell in peace, in safety and in freedom. We must built a kind of United State of Europe.(…)If we are form the United State of Europe, or whatever name it may take, we must begin now."
How we found the Higgs boson Michael Krauseより引用

↑賛否両論あると思いますが、2017年はどのような年になるのでしょうか。
2011年からの拙いブログのお付き合いありがとうございました。
[PR]
by Upstate11 | 2017-01-31 23:31 | ごあいさつ

Ladureeの美味しいフレンチトースト Le Pain Perdu à la Rose

マンハッタンNYからサラベス、チョコレート店等、日本に進出している食の店舗が増えた印象を持っていますが、マンハッタンではフランスの食の店舗が増えた気がします。
a0190056_949232.jpg
一昔前に比較して、見目よくブッシュドノエル等も普通になっているニューヨークですが、日本のように手頃な価格で美味しい洋、和菓子ともにある国で生まれ育った事は本当に幸運だったと思います。最近はワシントンDC、ジョージタウンに出店の噂あるラデュレですが、出店あり得るのでしょうか。

ラデュレのフレンチトーストは美味しく美しい↓
a0190056_940824.jpg
ラズベリーの酸味とほのかなバラの香りが相まって、絶妙な美味しさでした。焼き具合も完璧!
Le Pain Perdu à la Rose
served with raspberry coulis, rose whipped cream and fresh raspberries
a0190056_9423072.jpg
写真で捉えることができなかったのですが、ウィップクリームはほのかにピンク色で、バラの香りがします。コーヒー注文が多く、久しぶりにバラの紅茶を選択。美味しかったのですが、予想外ハーニアンドサンズのローズティーが香り味にインパクトがある印象でした。感心したのは、この日のサービスがきめ細やかで完璧。こうゆう良いサービスあってくれると又訪問したいと思ってしまいます。
a0190056_9585343.jpg
ストロベリーケーキが季節限定との事で、こちらのコーヒーパフェ(フランス発音が無理な為、いつもコーヒーパルフェと言ってメニューを指差CoupeLiegeois$9.5)↑
a0190056_104196.jpg
↑こちらバラの香りで美味しいのですが大きすぎて一人では難しい。
a0190056_1095880.jpg
気づいてみると、ラデュレの隣はどちらもフランス店舗
a0190056_10111427.jpg

a0190056_10114323.jpg

a0190056_1012776.jpg
記憶が定かではないのですが、以前はレペットではなかったような??でも何があったか思い出せないのですが、フランス店舗が揃っていて美しいショーウィンドウはビジネス戦略もありでしょうがソーホーというお洒落な土地柄に華を添えている印象です。
a0190056_10172595.jpg
ラデュレのメールより↓いつも色々なマカロン発売されているようですが、機会なく特別企画のマカロンをいただいた事はありません。どのような風味だったのかしら?
a0190056_10292431.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-12-23 19:59 | Bo Peepの忘備録

初雪と近所とラデュレの秋色マカロン

a0190056_13335320.jpg
週末いつものキャフェで秋色と秋の味マカロンを持ち帰り。昨年から秋のマカロンとして発売されているジンジャーチョコレートは生姜の味がたっぷり。美味しゅうございました。

既に28日になってしまいましたが、昨日が初雪。今、窓の外を見てみるとどうにか雪は止んだようで少々安心。雪がひどくなり始め、近所の高速は渋滞で大変だったようです。一昨日、雪の匂いを感じとって、もしやとは思ったのですが、朝は雪なしで昼からどんどん降り積もり…………。

ラデュレからのメールも秋色マカロンが
a0190056_13405878.jpg
そろそろハロウィンですね。
[PR]
by Upstate11 | 2016-10-28 00:45 | Bo Peepの忘備録

Laduree (ラデュレ)SOHO NY秋と冬

a0190056_11463232.jpg
開店の頃、ラデュレの建物ニ階が残念な状態で驚きましたがその後すぐ、ファサード同様の色に塗装されたようです。マンハッタンの秋はアップステートに比較して大変暖かく、日によっては夏の日差しを思わせますが、秋も深まったある週末、中庭もある為か混雑しているにもかかわらず、待つことなくすんなりと着席できました。
a0190056_11484712.jpg
栗が美味しい秋な為、栗のパフェ(メニューによるとCoupe Laduree$11)と主人はコーヒーのパフェ(Coupe Liegeois$9.5)とエスプレッソ($3.5)を。

食事なしでしたが、着席するとすぐ水はTapでよいか確認後早々に水を持ってきてくれる事、"サービス"を感じてLadureeを再利用する理由の1つです。NY州の生活で店によっては水よりもソーダーや何か飲め的な態度をとる店舗もあった為、たとえ飲まないお水にせよ、サービスがある事にチップを払うアメリカですからその割にサービス下手の印象、味の他にも心遣いある接客をする店を使用する事心がけています
a0190056_11484792.jpg
Coupe Ladureeは予想に反して栗が少なく甘味が強く、量が多い為、最後の方は難儀しましたが、半分手伝ってくれた為、食べきる事ができました。それに反してCoupe Liegeoisの方は甘さのバランスがよく、量もちょうどよく、自分向き。

クリスマス近くから、年明けまでは中庭にクリスマスツリーが飾られ。週末昼時でしたが、待つことなく着席。
a0190056_11513653.jpg
前回同様自分はフレンチトーストとエッグベネディクトとサイドにヨーグルトを注文した旦那さん。
a0190056_11503588.jpg
前回のエッグベネディクトは写真なしですが、今回エッグベネディクトが違う様式になって、ベーコンなしでした。(最初ゆでたまご?が運ばれてきたかと心配に。上品なLaduree風エッグベネディクトはこのような形です。前回は違う形式でした)
a0190056_120456.jpg
その後、コーヒーとデザートはイスパハンのパフェ(メニューにCoupe Ispahan$11)とコーヒーのパフェ(Coupe Liegeois$9.5 )をいただきました。ホリデーシーズンという事で少々華やいだ色味のイスパハンを選択。酸味がきいて甘すぎず大変美味しかったです。量は見た目よりある為、途中コーヒーパフェと取り換えを。栗パフェよりも個人的にイスパハンパフェが好きですが、食後ならばやはりコーヒーパフェが量、味的におちつくのかしらと次回も選択迷いそうです。
a0190056_1235555.jpg
何事も流動的なアメリカで今後変更もあり得るかもしれませんが、今の所は、接客のよさ立地の便利さを考えると、LadureeのCaféが開店してくれた事、大変嬉しい自分です。
[PR]
by Upstate11 | 2015-01-31 22:30 | Bo Peepの忘備録

ラデュレLadureeな雰囲気 SOHOマンハッタン

a0190056_76268.jpg
既にパティオ席も使用されているようですが、ラデュレ色を十分楽しめる店内の雰囲気。
a0190056_711398.jpg
カーペットの柄、興味深く拝見
a0190056_771686.jpg

アメリカのフランス店 その1(ラデュレSOHOマンハッタン)
[PR]
by Upstate11 | 2014-06-02 23:15 | 時々よそへ(NY CITY)

アメリカのフランス店 その1(ラデュレSOHOマンハッタン)

a0190056_1228174.jpg
”アメリカのフランス店”の響きでなぜか“パリのアメリカ人”の映画を想い出す私ですが、ここ数年フランス店舗がマンハッタンに増えてきたように思えます。日本の食文化同様、目で愛で舌で愛でる食文化を継承している店舗がニューヨークで培われていく事は個人的に大歓迎。

Laduree喫茶室がマンハッタンに開店する事を聞いたのはいつだったか想い出す事ができないほど、その事実を忘れきっていた頃LadureeがSOHOに開店していました。近くに用事があった週末ブランチ時、一番混雑する時間帯でしたが前日に予約がとれた為待つ事覚悟で初訪問。予約時間きっかりは席なしでしたが5分弱で着席可能でした。受付の方の対応も大変よく、予約時間に席がなかった事を丁寧に詫びた上、コート等もきちんと預かってくれます。
a0190056_1228313.jpg
私はフレンチトースト、相方はエッグベネディクト注文。パリのLadureeでフレンチトーストを最初にいただいた時、評判通りの美味しさに感動しましたが、今回は最初に口にした部分の焼き具合が微妙で中が少々柔らかすぎの食感に驚きました。焼きなおしてもらおうとも思いましたが、大混雑の店内で食べられない程べちゃべちゃというわけでもなく、苦情をださずに次のトーストをいただいてみるとこちらは完璧な焼き具合ですごく美味しい。やはり新規開店の為、料理の方も試行錯誤なのかと思った次第です。一方、相方はベネディクトのベーコンがかりかりに焼けていなかったと。それはもしかするとフランス式?という理由もあるかもしれないと説き伏せましたが一般的にアメリカはベーコンかりかり"食感が普通の為か、がっかりしているようでした。コーヒーは大変美味しいと思ったのですが、“ぬるい”との意見も(汗)
a0190056_12284960.jpg
マンハッタンのCaféやレストランが総体的に日本よりも割高な為(札幌にもどると妥当な金額で美味しいものが沢山あって嬉しくなります)マンハッタンブランチ有名店のフレンチトースト$20やエッグベネディクト$25よりは味と雰囲気、サービスを考慮してとびぬけての価格設定という印象はありませんでした。(あくまでも私独自の意見です、あしからず)

参考までに金額を記載するとフレンチトースト$10エッグベネディクト$13(税抜き価格)。ポットのコーヒーはおひとり様$5ですが、お代りの新しいポットをサービスで持ってきてくれました。お代り有料だと思っていた為サービスのよさを嬉しく思います。店内が大混雑で配膳がスムーズにいかない面等も目につきましたが、接客は大変よかったです。

自分にはなかなか機会がないと思われますが、朝から開店する為週末の混雑時ではなく、平日の朝食や午前中に訪問するのは、予約可能な事と平日午前中はそれほど混雑しない場所柄な為、旅行者の方にもマンハッタンでは良き寛ぎの場になるのではという印象を持った今回の訪問。
a0190056_1230664.jpg
一階素敵なLaduree色に似つかわしくないニ階の壁色に少々驚きました。テナントの関係かLaduree自体がどうこうできる問題ではないのかもしれませんが、今後改善されるのでしょうか
Laduree SOHO
398 W Broadway New York,
店内の雰囲気はこちら
[PR]
by Upstate11 | 2014-04-13 09:37

NoMad hotelとLadureeの関係

前回のNoMad hotelについてはこちら
a0190056_973143.jpg
Nomad hotelを訪れる機会がありました。ライブラリーで時間をすごせず残念でしたが、噂通り洒落た、新旧を混合させたマンハッタンらしい雰囲気のホテルという印象をもちました。

****************************************

アトリウム(The Atrium)の席では国際色豊か?に隣はドイツ語を、後ろからはスペイン語、カメラを手にした可愛らしいアジアのお嬢さんがきた際は(カメラをみて)日本の方かしら?と思ったら、(多分)中国語を耳にしたりと。服装もお洒落を意識しているファショナブルな方達から、旅行者風のカジュアルな服装までと千差万別でした。
(余談:主人がローリングストーンズのGoats head soupのジャケットが飾られているのを目ざとく見つけていました。1973年との大ヒットアルバムという事も知らない私ですが、全体的にホテルの雰囲気がJazzyな印象で、ローリングストーンズは少々唐突に感じたのですが)

レストラン内で写真を撮る雰囲気でもなかった為、席を立つ際マネージャーの方に入り口で写真撮影をしていいか尋ねると”記念にレストラン前にお写真お撮りします”とおっしゃってくれるサービス精神でした。 
a0190056_974689.jpg
照明やインテリアがヨーロッパ的な印象なのも当然で、ご存じの方も多いと思いますが、フランスで有名なJacques Garcia 氏がインテリア担当。

Jacques Garcia Wikipediaより
フランスの建築家、インテリアデザイナー、ガーデンデザイナー
幼少より芸術的才能を発揮し、8歳で祖父母宅の建設(?)内装を行った、天才児だったようで、こちらの本にそのような事が書かれているようです。Wikipediaに拡大解釈や間違いがないか、フランス語の本を読めない為、確認できませんが、すばらしい建築、インテリア才能を持つ方である事は間違いありません。Laduree Champs-Elysées(仏) のインテリア担当した事で、初めて氏の名前を聞いたのですが、知人によるとNoMad Hotelがアメリカで初のJacques Garcia氏の仕事。
Jacquesはフランス名で英語でいうJames又はJacobですが、カタカナで発音表記は難しくジ(ジュ)ャックスに近い感じのようなGarciaはスペイン或いはポルトガル語でガルシアに近い感じかと思います

写真はLaduree Champs-Elysées (Ladureeのホームページよりおかりしました)
a0190056_1145334.jpg

 

こちでホテル内の感じを拝見できるようです


The NoMad Hotel
1170 Broadway 28th St
New York, NY 10001
[PR]
by Upstate11 | 2012-10-26 23:19 | 時々よそへ(NY CITY)

秋のマンハッタンを愛でる(食事編)Laduree, Petrossian, mille-fueille and Bosie Tea Parlor in Manhattan

a0190056_108235.jpg
久しぶりのマンハッタンは美しい秋晴れ。散歩や食事、友人の誕生プレゼントの買い物と駆け足の一日でした。

混雑が続いていると聞いていたラデュレも、長い列に並ぶことなく、入店から買い物終了まで10分以内。

長蛇の列なら、あきらめようと思っていたので、運がよかったです。

店内撮影禁止と聞いていた為、店内紹介写真はなしですが、喫茶部門は併設されていず、噂では喫茶部門はSOHOに開店予定との事です。噂なので、信憑性のほどは定かではない”あしからず情報”。ご了承下さい。
a0190056_101281.jpg
黄色マカロンがない為、いろどりのあざやかさにかけていると帰宅して気づいたり・・・・・・・・・・
気をつけて持ち歩いたつもりでも少々くずれていたり・・・・・・・・・・しても
繊細で愛らしいマカロン

                  Ladurée
             864 Madison Avenue
          between 70th and 71st Streets
                New York, NY 10021       
a0190056_2233506.png
     そして、八年程前に訪れて以来ご無沙汰の
     こちらのお店”ぺトロシアン”でブランチをいただきました。
a0190056_9513769.jpg
建物自体もクラシックな感じですが
a0190056_9534350.jpg
内装もクラシックです。前回の訪問の際、もう少し年をかさねてから再度訪れたいと思ったレストラン。
a0190056_9551122.jpg
レストラン内は十人ほどの昼食会と五組ほどのお客様がいた為、それなりに多忙だったと思いますが、店内撮影の許可を伺うと、私達の写真まで撮影して下さった心遣いに感謝です。

仕立てのよいスーツに身をつつんだ支配人が、アメリカとしてはめずらしくプロフェッショナルかつ、さりげない心配りという、おもてなしの達人だったおかげで、楽しく、おいしく、ゆったりとした時間を過ごす事ができました。

気になるお料理の方は、週末のブランチメニューで前菜、メイン、デザート+コーヒーまたは紅茶のPri fix $32(税抜き)をいただきました。

写真はBig bo peepが選んだお皿
a0190056_956351.jpg
前菜からパンケーキSouthern Buttermilk Pancakes
メインからエッグベネディクトとスモークサーモンにほうれん草のソテーEggs Benedict with Smoked Salmon
デザートはオペラとコーヒーアイスクリーム Chocolate Opera Cake

一方写真なしのLittle bo peepは
前菜 オーガニックグリーンサラダOrganic Green Salad Cherry Tomatoes, Walnuts, Applesとメニューにはなっているのですが、グリーンサラダとトマト、ウォールナッツ、ブルーチーズでした。(ブルーチーズが好きなので、嬉しかったです)
メインからステーキGrilled Skirt Steak Fried Egg & Crushed Herbed Potatoes, Veal Jus
(盛り付けがきれいで、焼き具合もこのみ。大当たりでした)デザートはBig bo peep同様、オペラ。甘すぎず美味しくいただきました。

レストラン内の感じはこちらの写真からどうぞ。

コーヒーは最初のお皿からいただいていたので(デザート時のコーヒーだけが無料と思ったので)、プレフィックスに含まれないと思ったのですが、(Big bo peepのコーヒーが空になるとすかさず新しいコーヒーを何杯も給仕して下さって)、請求なしでした。

給仕の方のお皿の引くタイミングや飲み物が十分か等の確認も完璧だった事や、美味しいコーヒーのおかわり分も考慮して、通常20パーセントチップですが、少々心付けをしました。

チップといえば、15%が普通だと思っていたら、数年前からニューヨーク州は20%が普通とききました。日本に比較すると、サービスのレベルがあまり高くないのに20%が普通だなんて、びっくり仰天。

petrossian restaurant
182 W 58th St
(between Avenue Of The Americas & 7th Ave)
New York, NY 10019
a0190056_855765.png
アメリカの労働市場は流動的で、支配人、給仕や調理の方々の変更が頻繁な為、今のレベルをどの位維持できるかはわからないのですが、2011年秋現在は、又行ってみたいブランチレストランです。
a0190056_108461.jpg
(写真はホームページよりおかりしております)
上の写真Petrossianキャフェもとてもおいしいのですがこちらブランチメニューです)広くない為、週末のお昼時は運がよければ、席を確保。運がないと×という結果になるので要注意です。
                 Petrossian cafe
             911 7th Ave
            (between 57th St & 58th St)
              New York, NY 10019
a0190056_10405564.png

NYUの近く(ワシントンスクエアー近くに)ミルフィーユの美味しい専門店ができたという事で、そちらにもよってみました。
a0190056_13444818.jpg
店内は本当に小さく座って食べるスペースは一応ありますが、ゆっくりお茶をする感じではありません。
a0190056_11104940.jpg
(写真はホームページよりお借りしました)
パリ出身のオーナーでPierre Hermé にもいらしたようでマカロンも有名との事。今回はミルフィーユ2つをお買い上げ
Mille-feuille
552 Laguardia Pl
(between Bleecker St & 3rd St)
New York, NY 10012
a0190056_1118816.png

最後に評判のよいBosie Tea parlorでアフタヌーンティーをいただきました。4時くらいでしたが、週末という事もあってかびっしり。

あまり広くない店内で、どうにか席を確保していただいてマカロン4種類、サンドイッチ3種類、パウンドケーキ四種類、スコーンをいただきました。

お店の方の親切なサービスは好感度高かったです。
a0190056_10154992.jpg
正直、マカロンとスコーンは好みではなくBig bo peepに食べてもらいました(クロテッドクリームがイギリスで食べた味とかなり違うような)・・・・・パウンドケーキとサンドウィッチがとても美味しかったです。
こちらに店内雰囲気の写真があります。
Bosie Tea Parlor
10 Morton St., New York, NY 10014
a0190056_12134873.png
翌日、Ladureeのマカロンをいただいてみるて、やはり評判通りのおいしさです。が、相対的にマカロンは甘さが強いので、チョコレート、ラズベリー、ピスタチオはBig bo peepのおなかに。

ローズとキャラメルが大変おいしく、その2つをいただた後、満腹感というか、エネルギーがすごく補充された感じ?個人的に、シャンペンチョコレートがいつも食べたい甘さですが、”百聞は一見にしかず”やはりLadureeおいしいですね。

そして、友人の誕生プレゼントも、Ladureeで購入できて一安心。
Jちゃん待っていてね♡

ミルフィーユの方も甘さ控えめで(ここがつぼでした)一日経ってもサクサク感あり。マンハッタンにもようやく、美味しいケーキ店が沢山到来したかと思うとこれからが楽しみです。

感謝祭前で色々たてこみ+記事が長すぎで更新滞り、訪問して下さった方申し訳ありません。

きっと今週は更新きついかな~と思い、先週がんばってみたのですが、マンハッタンで北欧のお店記事等も徐々にアップしていきたいと思っています。お時間のある時にみていただけると嬉しいです。
[PR]
by Upstate11 | 2011-11-16 22:52 | マンハッタンレストラン