ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

タグ:歴史的食事処 ( 10 ) タグの人気記事

2016年終了

北米も半日遅れで新年を迎えようとしています。今年を振り返って、大変な年だったと思わずに入られませんが終わりよければ全て良しと思い込む?様にして、とりあえず通常通りに年の瀬を迎えることができた事に感謝

恒例の年末食事会。
a0190056_1461016.jpg
街に住むと住処の窓から見る景色はこの様になるのでしょうが、やはり健康なうちは自然を眺められる場所に魅力を感じて……
a0190056_1452447.jpg
昨日から穏やかな年の瀬となり珍しく青空も垣間見れた2016年の終わり。
a0190056_6471939.jpg
時間なく今年のまとめできないままとなってしまい残念ですが。
できるだけ今月は今年の備忘録を無理やり押し込んだ気もします。
a0190056_1411326.jpg
時代の変遷で車、部屋の鍵はコンピュータ化。気づくと一昔前に比較して鍵のない生活になり、自動運転の車時代も予想以上に早まっている様子。プリンターから食べ物が出てきて等等、まだ違和感を感じる新しい事が次には普通になる時代の様にも思われます。その反面、自然界の異変も見逃せなく……野うさぎの毛の抜け変わりが冬が暖かくなってきて、中途半端な毛の色になり、熊が暖かい冬で冬眠できず食糧不足等。北米の西海岸水不足も年々深刻化という事実もありますが、2017年はどのような年になるのでしょうか

つたないブログのお付き合いありがとうございました。
2017年が幸多き年となる事を願って。
[PR]
by Upstate11 | 2016-12-31 23:55 | ごあいさつ

Vermont マンチェスターは美しい Ye olde tavern

a0190056_9133139.jpg
本屋でも紹介した環境に優しい州vermont、マンチェスターは美しいハイキングコース、ショッピングセンターが集合している事で有名です。ニューヨーク州に住んで長くなりつつありますが、旅行者でも行くショッピングセンターとして有名なウッズベリーコモンは高速道路脇な為、前は何度も通過していますが行った事がありません。

その為、マンチェスターのショッピングセンターが北米で一番最初に訪問したオハイオ州のショッピングセンターに次いでの訪問。

今年は最初から揃えなければいけない物ばかりでしたが、結局アウトレットやブランドに関係なく日本製の小皿を2皿だけ購入。店舗の建築様式や店内のディスプレイを楽し見ました。不思議なのが、安いブランドファクトリー商品がブランドのバーゲン商品よりも高い表示を見たり?安いブランド品はブランドの価値がどの程度まであるのか?と思ったりもしましたが。

旦那が珍しく、このバックは兼用で使用できるからと鞄を一つ購入してました。私の嫌いなブランドな為、使用時はブランドマークが見えない様に、でも値段の割に使いやすい商品で一番の驚きは接客が素晴らしかった事。社員教育が徹底しているのか、スーツをビシッと着こなしていた方のきちんとした対応が北米のショッピングセンターにもある事を知りました。←話脱線……………。

そしてマンチェスターには歴史的なタヴァーンがあり金額が良心的で雰囲気が良いので記念日等にお勧めの場所
a0190056_923972.jpg
金額が1ドル程度値上がりしたようですが19ドルのコース。ただし時間が早め、クリスマス時期は適用外だったと思います。こちらにはデザートとコーヒーも含まれていたのでびっくり。詳細はホームページを確認、予約した方が良いと思います。
EARLY BIRD BILL OF FARE
Served from 5:00-5:59 pm, Sunday through Friday.
(Except during holiday & peak business periods.)
a0190056_9313167.jpg

a0190056_9322375.jpg

a0190056_9324797.jpg

a0190056_933857.jpg
こちらのタヴァーンは歴史的建築物で白いテーブルクロスは糊が効いて気持ち良く食事できます。最初に出てきた小さなフリッターがお代わりしたかった美味しさ。この金額で雰囲気はお買い得。

山々、湖の美しさに目を見張り
a0190056_9373045.jpg
ダウンタウンも美しい
a0190056_9391641.jpg

a0190056_9401817.jpg
歴史あり
a0190056_9437100.jpg

a0190056_9434537.jpg


Ye olde tavern
5183 Main Street · Manchester Center, Vermont
[PR]
by Upstate11 | 2016-12-31 19:10 | Bo Peepの忘備録

Temple court から"The Beekman Hotel "へ

Lower Manhattanは英国植民地以前、オランダ植民地時代から開けた場所柄もあり、マンハッタンの中で歴史的な面影を一番残しているといっても過言ではない地域だと思います。

ニューヨークシティのLandmark、Temple Courtと呼ばれてきた元オーナーでアイリッシュ移民Eugene Kelly (ユージンケリー)の建築物が美しいホテルに生まれ変わると耳にして数年。2016年、長い歴史を担った美しい建築物が美しいホテルとして開店しました。
a0190056_958966.jpg
2010 年だったと思いますが、この建築物についての歴史的な詳細がニューヨークタイムズにあったと思うので興味のある方は検索を
a0190056_9595113.jpg

a0190056_1001345.jpg
ソーホーで有名なバルサザールのオーナーKeith McNallyの店舗との事↓こちらのオーナー店舗は内装がヨーロッパ風。ソーホーのバルサザール、ヴィレッジのミネッタタヴァーンは観光客にも人気があるレストランと憶測します。
a0190056_1005229.jpg
a0190056_1011299.jpg

a0190056_102225.jpg

a0190056_103323.jpg

a0190056_1033058.jpg

a0190056_104273.jpg

a0190056_105487.jpg
歴史を感じる重厚さを兼ね備えた豪華さ。
a0190056_13425551.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2016-12-26 22:20 | 時々よそへ(NY CITY)

チャーミングなレッドライオンインのチャーミングなWidow Bingham’s Tavern

a0190056_5481969.jpg
何度か紹介しているアメリカのチャーミングな街の代表ストックブリッジに、チャーミングなレッドライオンインのメインダイニング他に最初のオーナーの名前をとったタバーンもあります。

タングルウッド音楽祭時期、夏休み期間、紅葉時期はバークシャー地域の観光時期で、クリスマス時も色々催しが開催される為、レッドライオンインのダイニング、タバーンは予約をお勧めする混雑ぶり。紅葉時に予約なしで訪問の際、2時間程待った経験あり。(待つ事を想定していた為、近場ハイキングコースを楽しんでいました)季節毎に内装の雰囲気を変え、チャーミングなインな事、近隣も興味深い場所が点在しているので待つのは苦になりませんが、夏の避暑時は観光バスやら人でごった返す為、少しおちつく紅葉どきの混雑時期か、可愛いクリスマスデコレーション時期がお勧め。
a0190056_5483895.jpg
平均して料理価格は高め設定かと思いますが、雰囲気や食器、特にフォークやナイフも重みのある使いやすいフラットウエア。パブ料理主流ですがハンバーグはアンガスビーフで美味しく気に入っている一皿です。

自家製のパンも暖かく、とても美味しいです。
a0190056_549143.jpg
a0190056_5494133.jpg
インのそれぞれの部屋は季節ごとに楽しめます。大好きなウィローパターンのお皿。種々の模様があり素敵なコレクション。目の保養になります。
a0190056_5501039.jpg
↓有名なエレベーター。本当にアンティーク。
a0190056_5503565.jpg
メニューはこちら
[PR]
by Upstate11 | 2016-01-25 20:05 | マサチューセッツ

アレキサンドリアAlexandriaVAの社交場だったイン ギャッツビーズ タバーンGadsby's Tavern

a0190056_8263195.jpg
宿泊施設や食事処に歴史的要因が加わると食事と歴史的雰囲気、事柄を共に楽しめる事と、微力ながら歴史のある建物を使用しているビジネスに貢献したいという意向もあって、古いインや歴史的建築物使用のキャフェ、レストラン訪問頻度が高くなるBo peep家。

ラインベックNYのbeekman Inn1766年,ストックブリッジMAのレッドライオンイン1773年、フィラデルフィアPAのシティタバーン1773年その後取り壊され1975年再建、そしてこのギャッツビータバーンVA州1796年と長い歴史を経て現在も使用されています。こちらは今迄の歴史的食事処。現代では醸しだせない当時の雰囲気は興味深く、料理も予想以上に美味しかったです。フィラデルフィアのシティータバーンでも頂いた元ワシントン大統領のビール。歴史上の事実でワシントンは酒造りで随分利益を得たようです。
a0190056_8273168.jpg
バスケットの小ぶりなマフィンは暖かく美味しかった
a0190056_8281590.jpg
a0190056_830254.jpg
a0190056_8353338.jpg
衣装もその当時で、雰囲気を盛り上げます
a0190056_8362064.jpg
a0190056_8365638.jpg
a0190056_7404542.jpg
1785年John Wise氏によってシティータバーン開店(元のギャッツビータバーンの前で場所移動)
1792年現在地に移動、この時点でこのタバーンは街で一番高い建物となる
1796年 Wise氏よりGadsby氏へ売却。Gadsby's Tavernが開店。
ホームページでは何故か1770年からのダイニングとなっているのだけれど………
Gadsby's tavern
138 N Royal St
Alexandria, VA 22314
Old Town Alexandria
[PR]
by Upstate11 | 2015-12-29 18:18 | ワシントンDC

アメリカで一番古いインのレストランThe Tavern at the Beekman ArmラインベックNY

a0190056_4561843.jpg
何度か紹介しているアップステートのチャーミングな街、ラインベックに名目上合衆国内で一番古いインがあります。街の名前はヒラリークリントンのお嬢さんチェルシーが結婚式を挙げた事で聞き覚えがある方もいると憶測します。以前紹介したクリスマス時期はこちらマサチューセッツ、ストックブリッジのレッドライオンインもかなり歴史のある素敵なインですが1773年開業と1766年のこのインと7年違い。
a0190056_523317.jpg
a0190056_533529.jpg
NY州は古くからの州ではありますが、フィラデルフィア(PA州)やボストン(MA州)が更に古い印象を持っていた為、ラインベックにThe Oldestな使用されているインがあることに驚きましたが、チャーミングな街に似つかわしいチャーミングなたたずまいのホテルです。
a0190056_5145619.jpg
宿泊経験はないのですが、数度レストランを使用した事があり、通常夏はガラス張りのパティオ席が混雑しているようですが、個人的にはホテル側のダイニング室が古き良き時代を彷彿させ、雰囲気が良く好みです。暗いという意見も有りますが
a0190056_5152658.jpg
メニュー内容も以前よりよくなった印象で、訪問時はすごく美味しいリゾットを頂くことができました。(アメリカは何事も流動的な為、よいレベルがいつまで続くか確証はありません。あしからず)
a0190056_5271220.jpg
クリントン元大統領のお嬢さんはこのホテルで結婚式のリハーサルディナー等をしたわけではないのですが、インを訪問した際のプラークがありました。現時点でホームページにメニュー内容が記載されていないようで、ちょっと不便な印象
a0190056_5282881.jpg

The Tavern at the Beekman Arms
6387 Mill St
Rhinebeck, NY 12572
[PR]
by Upstate11 | 2015-12-27 16:00 | Upstate NY

チャーミングなストックブリッジの秋とレッドライオンイン

a0190056_9331490.jpg
以前もこちらで紹介しましたがストックブリッジは有名なアメリカイラストレーター、ノーマンロックウェルが描いたアメリカ的魅力を持った街としても有名です。Berkshire County バークシャー郡として自然の美しさ、ロックウェル美術館やワシントンDCのリンカーンメモリアルのリンカーン像作成者のフレンチの美術、タングルウッド音楽祭等、観光客で賑う地でもあります。

秋の紅葉の美しさも言わずともがなで、沢山の観光客が訪れる時期。そして、レッドライオンインはこの街のランドマークとして、美しい景観を保つことを担っている大切な場所。それぞれの季節に合わせインの前は美しく飾りつけされます。
a0190056_933399.jpg
秋ということで巨大かぼちゃが登場。約539Kgと627Kgという巨大なかぼちゃの出現です。↓写真をクリックすると拡大
a0190056_934061.jpg
こちらでも紹介しましたがシモン、英語読みだとサイモンですね、の本が出版されるようで、その人気にびっくりです
a0190056_9345651.jpg
10月31日はサイン会?シモンもそろそろ10歳になるようです。
a0190056_9355226.jpg
美しい外観と内部も古き良きアメリカを感じさせる装飾。
a0190056_9363433.jpg
a0190056_9372079.jpg
a0190056_9373963.jpg
a0190056_939965.jpg
a0190056_9393396.jpg
細部のこだわりがこのインをよりチャーミングに。バスルームのファブリックや壁もよい雰囲気。ハイキングコースや美術館もあるこの街の楽しみ方は機会をみて色々紹介できればと思っています。
a0190056_9395371.jpg
a0190056_9401116.jpg

[PR]
by Upstate11 | 2015-10-21 18:15 | マサチューセッツ

City tavern シティタバーンフィラデルフィア

a0190056_10541415.jpg
アメリカ東海岸の都市として歴史を持つフィラデルフィアで、歴史的建築物やレストランを訪問するのも楽しみの1つ。old townにあるこのレストランも観光客が立ち寄る事で有名。

実際1773年に存在していたこのタバーンは1854年には取り壊され1975年に再建されていますが、給仕の方の衣装や食器、食事内容、部屋の装飾等は当時を再現しているレストランです。
a0190056_10551767.jpg
フィラデルフィア訪問では通常接客のよさを感じるのですが、残念ながら観光客が多いこのレストランではじめて接客の悪さを目のあたりにし驚きました。きっとあたりの悪い日だったのだと思いますが、私達の後ろに座った年配の方たちにもぞんざいな態度の接客で、少々驚き。(写真の↑方はすごくよい方だったのですが)
a0190056_10555668.jpg
料理は時代を感じる七面鳥のポットパイとその日のスペシャルだったパスタを注文。私のポットパイは好みではなかったのですが、歴史的料理なので、味というよりも18世紀のアメリカ料理はこうゆう物だったという認識が収穫で、夫の選択したパスタは予想に反して大変美味しかったです。
a0190056_10562525.jpg
ワシントン、ジェファーソン、フランクリ、ハミルトンとアメリカの歴史で欠かすことができない方達のクラフトビールを注文。私達はフルーティなビールのジェファーソンが好みの味でした。ワシントンのビールは少々重めで、二番目に好みでした。

City Tavern
Corner of 2nd & Walnut Streets
138 South 2nd Street
Philadelphia, PA 19106
[PR]
by Upstate11 | 2014-10-13 23:10 | フィラデルフィア

Stockbridge MA(ストックブリッジ)のRed Lion Inn(レッドライオンイン)

a0190056_9504448.jpg
ストックブリッジはマサチューセッツ州の小さな街ですが、ノーマンロックウェル(アメリカで有名なイラストレーター)が描いた典型的アメリカの街として、ボストン交響楽団のタングルウッド音楽祭開催地近郊としてLenox(レノックス)とともに有名な街です。(以前こちらで少々紹介)
a0190056_9524225.jpg
避暑時の観光客や音楽祭への訪問客でにぎわうストックブリッジで、有名なインといえばレッドライオン。以前紹介したラインベックは国内で一番古いインとの事ですが、ライオンインも負けず劣らずの歴史を持っています

現在のメインダイニングルーム↓(現在、昔ともにホームページHistoryの項目より)
a0190056_101522.jpg
↓昔のメインダイニングルーム
a0190056_1021012.jpg
こちらのメインダイニング、古き良きアメリカの雰囲気。特別なメニュー等(2014現在)はありませんが(時期によってリゾット等もありましたが、通常ハンバーガー等アメリカ一般的な料理内容)、観光地という事もあり値段が少々高め設定かもしれません。しかしながら、雰囲気とサービスは大変よいレストランでした。レストランを含めインの方の制服が歴史ある雰囲気に似つかわしく接客態度ともに、好印象。(音楽祭がある夏休み期間や紅葉が美しい週末時は混雑していた事が多い為、予約有の方が何事もスムーズのよう)
a0190056_1024834.jpg
a0190056_1032295.jpg
↓食事はメインダイニングの他にパブ形式になっているタバーンもあります。(下2枚の写真はレッドライオンインホームページーよりおかりしました)
a0190056_105391.jpg
a0190056_1053219.jpg
a0190056_1061020.jpg
a0190056_1081091.jpg
土産店も併設され、室内装飾や品物の配置が大変チャーミング。沢山のティーポットが飾られている雰囲気も愛らしかったです。
a0190056_1084151.jpg
ディケンズ、リンカーンが使用したテーブルも展示。
a0190056_109954.jpg
インキーパーとしてこの方Simon(シモン)も有名。
今回ようやく会う事ができました。きれいで利口な猫でした。戸をあけてくれるまでポーズをくずさず、上品な佇まい。戸をあけて入れてあげるとあっという間に沢山の人に囲まれ、あたふたと専用ドアから立ち去ってしまいました。
a0190056_10333421.jpg

a0190056_101355100.jpg

a0190056_1035325.jpg

a0190056_1014149.jpg
↓写真はインのホームページ、シモンのフェースブックよりおかりしました。フェースブックまで所有しています。土産店にはシモンの肖像画まである人気者。
a0190056_10164116.jpg
a0190056_1017384.jpg

Red Lion Inn
30 Main St Stockbridge, MA 01262
[PR]
by Upstate11 | 2014-08-12 20:00

Lillie’s Victorian bar(アイリッシュパブ)         マンハッタン

a0190056_5175454.jpg
ご無沙汰しておりました。日本も、夏から秋へと季節のうつろいを感じる日々のようですね。
ニューヨーク州はテキサスやカリフォルニア州程は大きくないにしろ、マンハッタンとアップステート北側では地理的に離れている為、季節感の違いがあります。


今朝も4度。最高気温17度と、9月としては肌寒い一日。朝晩の気温差が15度以上になる事も多々あり、その気まぐれに翻弄される日々です。

    ♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦         

アイリッシュのお酒好きは固定観念な印象もありますが、知人、友人、知っている範囲のアイリッシュが(自分のだんな様を含め)”お酒に強い”のは事実。マンハッタンにも沢山のアイリッシュパブがあります。
a0190056_6504638.jpg
特色あるアイリッシュパブが数件ある中、だれでも気軽に使用できるパブとして名前をあげるとすると、Lillie's。アイルランド生まれ、美貌Lillieさん宅(マナーハウス)の遺品をパブ店内で使用。ブロードウェイ店舗の他、ユニオンスクエアー店もあります。↓写真はブロードウェイ店舗
a0190056_721152.jpg
a0190056_7252148.jpg
遅い時間帯(特に週末)になると奥の方は込み合うのですが、早めの時間帯ですと、ゆっくり食事もできますし、年齢、服装を気にせず、ビールやカクテルで喉をうるおしてひと休み場所としても使用できます。
a0190056_7324964.jpg
↑お店の装飾品がビクトリアンで、高い天井を見上げては、この天井や、飾ってある品々はどうやって掃除しているのかしらといぶかしく思うのですがこうゆう雰囲気も面白いとも思ったり・・・・・料理の評判は悪くないようですが、個人的に、アイリッシュ料理というよりはアメリカ料理で大きなお皿に”どさっ”とな為、日本人受けするかは少々疑問な所です。
a0190056_7464441.jpg
ビクトリア朝インテリアで統一している店内で、かなりのこだわりがバスルーム↑↓少々凝り過ぎておどろおどろしい気もするのですが・・・・
a0190056_7501782.jpg
a0190056_8395692.jpg
パブ前の写真↑
ブロードウェイ劇場地区の為、ショーを見る前後にも便利な立地↓
a0190056_8403985.jpg
立地的にタイムズスクエアーからも遠くありません。安全になったマンハッタンですが、夜遅くは人通り少ない通りもあり、常に安全に気を配るに越したことはないと思っています。ユニオンスクエアー店舗も、立地的に便利。
↓タイムズスクエアーに向かうブロードウェイ。お店は49thのブロードウェイと8thAveの間
a0190056_9533732.jpg
Lillie's 
249 W 49th St
(between Broadway & 8th Ave)
New York, NY 10019 
   
[PR]
by Upstate11 | 2012-09-24 21:35 | マンハッタンNYのBar