ブログトップ

Bo peep の NY

bopeepny.exblog.jp

タグ:Woody ( 9 ) タグの人気記事

ウッドチャックWoodyとの想い出 2015年 NO3

a0190056_8561998.jpg
ウッドチャックのウッディは冬は、3ヶ月から6ケ月程冬眠するようですが、秋は、春夏生活していた場所を離れ、冬眠準備の場所に移動するようです。

昨年、ウッディを最後に見かけたのは7月末でした。例年5月末によく見かけるウッディは今年は6月末まで顔を出さずにいたためか、8月末まで出没。
a0190056_991044.jpg
↑最後の日は2015年8/30でした。
a0190056_9115190.jpg
↑2014年のウッディ。生活場所は物置の下。いつも顔をちょこんと出して、時々物置の横でうろうろ。まだあどけない感じでした。
a0190056_916228.jpg
↑2015年春からここで、こんにちは。
a0190056_918950.jpg
10月から新しい入居所がウッディのお家に。
a0190056_9192950.jpg
可愛いシマリスさんが新入居者のようです。ウッドチャックの寿命は3年から5年との事。可愛いウッディに来年も又会えますように。厳しい冬や外敵から身を守って欲しいと切に願ってしまうのです。
[PR]
by Upstate11 | 2015-10-20 20:25 | 動物

Woodyとの想い出 2014年 2015年 NO2

a0190056_8182027.jpg
ちょっと年老いたウッドチャックをこの近辺で見かけなくなってから2年目。2014年の春、小さなウッディーが物置床下から顔を出すようになりました。お天気の良い日などは夕方訪問してみると、小さな顔を興味深く出していて、臆病なウッドチャックとしては珍しく友好的。
a0190056_8244890.jpg
そして同じ床下の穴で育ったと思われる子うさぎと一緒に夕方はお食事会を開いているのを目にしました。調べてみるとウッドチャックと野うさぎが一緒の穴で成長する事が時々あるようです。
a0190056_8271843.jpg
美味しいお食事にご満悦のウッディー↑
a0190056_829736.jpg
カメラ目線が多かった子うさぎさん↑
a0190056_8303074.jpg
↑でもウッディーはとても繊細で車の音や聞いた事のない音を聞いただけで、いつも茂みに飛び込んで行きました。子ウサギの方がいつも堂々として食事を続ける習性。

そして今年2015年の6月・・・・
a0190056_8345538.jpg
昨年より少々おっさんくさく成長したウッディーと子ウサギさんを発見。
a0190056_8362588.jpg
ウッディーのたくましく背中?
a0190056_8364912.jpg
二匹の子うさぎさん。
a0190056_8382862.jpg
二匹の子うさぎさんはカメラに気づいても堂々として、でもウッディーは・・・・・・・
a0190056_8405134.jpg
あ!誰かいる
a0190056_8413996.jpg
凄い速さで小屋に向かってダッシュ
a0190056_8421443.jpg
体が大きくなってもその臆病繊細な習性は変わることなく、その方がウッディーにとって安全かしらと安堵したり。ちなみに子うさぎさんは心配になるくらいカメラ目線で応対。ウッディーも重そうな体に反してその走りが機敏な事にも驚くのでした。
[PR]
by Upstate11 | 2015-09-25 19:50 | 動物

Woody との想い出 2015 NO1

a0190056_8424714.jpg
あ!ウッディー。
昨年に比較して随分大きくなりました。貫禄十分。
a0190056_8442670.jpg
むしゃむしゃ
a0190056_8444557.jpg
むしゃむしゃ
a0190056_845720.jpg
ハ!?あんたそこにいたの?
a0190056_845495.jpg
凄い勢いで小屋のしたに潜ってしまったウッディ〜でした。
[PR]
by Upstate11 | 2015-09-24 19:50 | 動物

ウッディとの想い出2014年

a0190056_903627.jpg
近所の森であうウッドチャック(別名グランドハグ)は愛嬌のある仕草で親しみを込めて勝手にウッディと命名しています。
a0190056_94326.jpg
↑お母さんは貫禄あり。時々歯を見せて強さを強調しますが、通常はとても臆病な動物な為、人影をみるとすぐ隠れてしまいます。
a0190056_961444.jpg
子供の頃は無邪気で食べることにいつも夢中。
[PR]
by Upstate11 | 2015-09-22 20:10 | 動物

あと6週間で春ということですが・・・・・

a0190056_1212497.jpg
写真はAssociated pressより
ウッドチャックは度々ブログにも登場する動物ですが、アメリカ東海岸はウッドチャックの日で春までもう少し、と寝ぼけまなこのウッドチャック(別名グランドハグ)は引っ張り出される日です。

個人的にウッドチャックには迷惑な日で少々同情していますが、今日はかなりの大雪。春という響きは程遠く、高速道路が閉鎖されるか心配です。窓の外は厳しい冬ですが、春に元気なグランドハグとの邂逅を楽しみに。
[PR]
by Upstate11 | 2015-02-02 22:40 | Bo Peepの忘備録

夏の日のウッドチャック(ground hog)と茜色の空

a0190056_12233762.jpg
20時40分頃の空 21時ごろまではなんとなくまだ明るい日々です
6月下旬はかなり気温が上がり、暑さに弱い私は暑い夏の到来に気弱になっていたのですが、ここ数日湿度は例年の夏よりも高いものの、夜間に一気に気温が下がる為このまま涼しい夏であって欲しいと期待してしまう私。昨晩はHarvest moon(秋に見る満月)のような黄色みの強い大きな月が空の下側にあって、早々に秋到来かしらと希望的観測で空を見上げていたら主人が、私の心を見透かして“秋はまだまだ、これから夏がやってくる”と。
a0190056_1224278.jpg
日中30度で夜間12度まで外気が下がると、部屋も朝方涼しくなり夏用の寝具がなんとはなしに肌寒く感じ寒暖の差が激しいこちらの生活にいつまでたっても体が慣れない感じです。只、湿度が異常に低い為、こちらで室温28度と日本の28度は暑苦しさの度合いはかなり違い、その点は感謝しなければならないのでしょうが・・。今日は部屋の湿度が70%と今年一番の湿度の高さでしたが、雨が降ったあと外気は21度、室内25度湿度55%で7月半ばとしては過ごしやすい夜です。
a0190056_12253856.jpg
今年は雨量が多い印象ですが平均して野の花の開花がはやく、森の動物の種類によりますが、赤ちゃん数(特に野ウサギ)が例年より多いような気がしました。ウッドチャックは親から巣立つと単独で生活を始めますが、昨年見つけた巣は大きなウッドチャックが今年の春まで住んでいたのですが最近は小さなウッドチャックがその巣で生活しているようです。世代交代したのかしら???
a0190056_12311192.jpg
a0190056_12312857.jpg
a0190056_12314283.jpg
まだ赤ちゃんチャックな為、人がきても直ぐかくれることなくいつも眠そうです。以前も記載しましたがグランドハグはアメリカ風の発音、イギリスではグランドホグに近い発音と英語であっても英語と米語に違いがあるウッドチャック。そしてアメリカでハグ(イギリスでホグ)といえば、バイク"ハーレ"の別名でもあります。Hogといえば豚の事をさしますが、ウッドチャック(別名グラウンドハグ)は特に似ていると思った事はないのですが、これまた不思議です。
[PR]
by Upstate11 | 2014-07-13 23:37 | 動物

春の親善大使woodchuckウッドチャック巣立ちの時

a0190056_1393366.jpg
北米で春の親善大使?として親しまれているウッドチャック。5月末は子育て終了で、母チャックの元を離れ自分たちの巣をみつける時期に当たります。狐、コヨーテ、鷲、蛇等、草食動物のウッドチャックに天敵多い森の生活ですが、がんばれ!子チャック!
a0190056_1395754.jpg
以前のwoodchuckはこちら
[PR]
by Upstate11 | 2014-06-03 22:45 | 動物

ビーバーの活躍する季節

a0190056_10394023.jpg
秋はビーバーが活動を始める為、時々その姿を見る事ができます”とハイキングコースの看板に表示してありましたが、8月に入り、暑さも緩んだある夕方、とうとうビーバーを発見。

ニューヨーク州の動物はビーバーです。捕虜しすぎた為(ビーバーの毛皮は柔らかく人気だったとの事)、一時はビーバー数が激減。保護の結果、生息数は回復したものの、アメリカで初めてビーバーを見たのは、5年程前と、アップステートの水辺すべてに生息している程ではありません。
5年前初めてみたビーバー↓
a0190056_1121213.jpg
ビーバーは自然環境を整える(池や沼の水質向上等)反面、木を伐採してダムを作る習性があり、増えすぎると乱伐して森に弊害がでます。アルゼンチンは、ビーバーの毛皮の為、アメリカからビーバーを連れ帰り繁殖させた結果、天敵がいないビーバーが激増。森林破壊の問題に発展しました。

**************************************
a0190056_123454.jpg
体長 NY州立公園のAdirondackに生息するビーバーの平均は102センチ、
    最長135センチが確認されている
体重 NY州立公園のAdirondackに生息するビーバーの平均は20.4キロ
     最大52.3キロ
 体長体重はこちらより
特徴 ダムを作る事で、水流を変化させ冬場食物を確保、子育てしやすい環境を整える。
    一夫一婦制。子供が2歳位になるまでは家族単位で行動する。
    親から子へとダムの作り方を伝授^^。夜行性。草食動物


NY州ではビーバーを罠で確保する事を禁じていますが、他州はビーバートラップ(罠)が使用される場合もあるようです。こちらは罠で怪我をした赤ちゃんビーバー等を助け、自然にもどす団体の方の記録。英語の部分もありますが、赤ちゃんビーバーの写真や、飼育を見る事ができます。
*人間の赤ちゃん同様の鳴き声を発するので、このYou tubeを見る場所によっては音声調節をしておく方がよいかもしれません。
*ビーバーの赤ちゃんはスキンシップが大切との事^^
*ビーバーの赤ちゃんも最初は水を怖がるようです。

             
こちらは、グラウンドハグ、ウッドチャックと呼ばれ別名”land-beaver”(陸のビーバー)↓
a0190056_11465986.jpg
冬眠するグラゥンドハグは、冬眠からめざめ活動をはじめる=春の象徴で、NYアップステートでは、ビーバーに比較して、到る所に生息しています。 
[PR]
by Upstate11 | 2012-08-14 00:35 | 動物

春の親善大使 Woodchuck(ウッドチャック)

a0190056_23594591.jpg
まだまだ油断は禁物ですが、なんとなく春めいた日差しを感じる今日この頃。
アメリカでは春の訪れをお祝いするGroundhogDayが2月2日あります。この習慣はペンシルバニア州のドイツ系移民から始まったといわれていますが、ねぼけまなこのGroundhog(グランドハグ=ウッドチャック)を引っ張り出す起こして、春の到来を予測する行事です。

少々おとぼけ顔のグラウンドハグ(日本の読みではホグになっていますが、Bo peepの聞くところではハグに近い音かと思います。)はWoodchuck(ウッドチャック)と呼ばれUpstateではいたるところに出没する野生動物。
a0190056_029077.jpg

Bo peepの住みかは、冬の到来が早く、2008年2009年は初雪が10月に降ったのですが、2010年はなんと11月末まで初雪なしでした037.gif。非常に寒いこの地域で、その寒気が今年はマンハッタンやニューヨークシティにいってしまったのでしょうか????
楽観的な事をいっていると、最後にドカンとすごい寒さと雪がきてしまうのではという不安もありますが、日がながくなって、鳥のさえずりなどを聞くと、もうひと踏ん張りかな~と、春が待ち遠しいBo peepです。


a0190056_0444693.jpg

ウッドチャック(グランドハグ)は、げっ歯類の一種でねずみやビーバーの親戚です。草食系なので、おもに草や野菜、ベリー、農作物等をたべ、タンパク質補給の為か、バッタやカタツムリなども食べるようです。数カ月後にはどこかでその愛嬌のある姿を見る事でしょう。ウッドチャックの説明はここです
[PR]
by Upstate11 | 2011-02-17 11:00 | 動物